越境EC オーストラリアのポテンシャルは?

イメージ画像

アメリカ、トランプ新大統領の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱宣言に対し、オーストラリア、マルコム・タンブル首相は「わが国はアメリカ抜きでもTPPを推進する。中国の参加を呼びかける。」などと語っている。
日本は、アメリカ抜きでもTPPを推進するのかが、注目されるところだが、今回はこのオーストラリアについて、越境ECの利用状況など調べてみた。

●オーストラリアのITインフラなど基本情報

日本と同じアジア圏に属するオーストラリアだが、オーストラリアはインターネットの普及率、ECの利用率の高い国であることは意外と知られていない。
オーストラリアのインターネットユーザーは2016年1月時点で約2118万人。オーストラリアの人口が2405万人とあるので、インターネット普及率は88%、スマートフォン利用も77%となっており、インターネット普及率は高いと言える。
また、人口の66.5%がEC経験があり、オンラインショップの購入で人気商品はファッション関連商品、ジュエリー、音楽、DVD、書籍、家電などとなっている。 下記にオーストラリアの基本情報についてまとめた。

図表

 

●オーストラリアの越境ECポテンシャル

オーストラリアの越境ECでの取引数、越境ECを通じて海外から商品を購入する国としては、世界6位となっている。越境ECで商品購入した経験者の割合については約69%と非常に高い水準となっている。
越境ECで商品を購入する年代は、18歳から39歳の年齢層で、この層の割合は54%をしめており、どの国の商品を多く買うのかを調べてみると、アメリカが40%、中国32%、イギリス20%となっており、日本は第4位に入っている。
オーストラリアの人の商品購入の傾向は、まず、商品を購入する時、まず母国のオンラインショップサイトで扱っていないか検索し、自国サイトに商品が無い場合は、アメリカのECショップサイトに誘導されるという仕組みがある。
そのため、越境ECでは米Amazonなどのアメリカのサイトの利用率が高くなっている。越境EC利用で多いサイトは、豪eBay、米eBay、米Amazonとなっている。

また、オーストラリアの関税については、個人輸入の関税が輸入額1,000豪州ドル(約79,000円)までに対しては非課税となっている。そのため、越境EC利用の割合も高い。
越境ECで人気の商品は、家庭用品・電化製品が多く21%を占め、次に食料品・酒類が18.2%、3位が映像・音楽媒体等の16.1%、4位がファッション関係の15.5%となっている。
オーストラリアはクレジットカードによる支払いが進んでおり、現金はほとんど必要がない国として有名だ。
ECサイトの取引での決済では、約85%の人がクレジットカード・デビットカードを利用が主となっている。WEBオンライン決済サービスでは、PayPalの利用率は約13%、 地元企業のPOLipaymentsによる決済が、約2%程度となっている。
越境ECでの購入の特徴としては、当たり前だが、母国で販売されている商品より安いモノを購入する傾向があり、越境ECでの販売においてはオーストラリアでの販売価格を調べておいたほうが良い。

zu02

 

●オーストラリアで人気ECサイトは?

Amazon豪州

https://www.amazon.com.au/

Amazonの豪州サイトAmazon.com.auは書籍中心のサイトとなっているため、書籍以外のAmazon利用者は米国Amazon(Amazon.com)の利用となっている。

 

ebay豪州

ebayオーストラリア

http://www.ebay.com.au/

米国発のインターネットオークションサイトのオーストラリアバージョン、米国と同様に商品が豊富、価格が安いなど人気サイトである。

 

Lazada

lazadaサイトページ

http://www.lazada.com.ph/

Lazadaは「東南アジアのAmazon」と言われる越境ECサイトである。 2012年にシンガポールで設立された、オンライン物販のプラットフォームで、日本の楽天や中国のタオバオなどの東南アジアバージョンである。

 

The Iconic

iconicトッページ

http://www.theiconic.com.au/

シドニーを拠点とした服、靴などファッション用品とスポーツウェアなどの通販サイト。ブランドでは700以上、約20,000点の商品を取り揃え、財布や時計なども扱い、海外ブランドも多く取り揃えている。

 

Oo.com

https://www.oo.com.au/

オーストラリアトップのオンラインデパートメントストア。様々なブランド商品が低価格で手に入る人気のサイト。

 

●まとめ

オーストラリアは越境ECポテンシャルは高いが、日本製品を買うチャンスが少ないというのが実情のようだ。
オーストラリアで越境ECを開設するには、まず、利用頻度が高いAmazon、またはeBayで輸出にトライし、売れる商品を選定する。越境EC構築後は、Google Adwordsでインターネット広告を出稿し、集客を行うことが重要である。
また、訪日旅行中に自社製品を購入し、帰国後も越境ECを介してリピーターになってもらうために、チラシなどには越境ECサイトのアドレスも記入しておくと良い。商品が気に入れば、口コミでの広がりを期待できる。

 

参考: EC・海外販売でオーストラリアに売るために知っておくべきこと
参考: 越境EC、海外進出における主要6か国の比較~各国基礎情報編~

関連する記事

海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
2020年2月13日(木)越境ECセミナー『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』を開催... 越境EC市場は、世界規模で拡大している。 昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。 そして、日本の2018年越境EC市場は、対アメリ...
2019年 国内BtoC-EC市場は7.65%増、越境EC市場も堅調に拡大... 7月22日、経済産業省より2019年(令和元年度)の「内外一体の経済成長戦略構築にかかる 国際経済調査事業」(電子商取引に関する市場調査)報告書が公表された。 この報告書は、毎年1回経済産業省が、前年度の日本のEコマースについてまとめたもので、今年も2019年の日本のBtoC、CtoC、B...
越境ECモールにはどんなものがあるの?... 越境ECを構築すれば、これまでのマーケットを世界に広げることができる。越境ECは、海外に販路を広げるためにはもっともリスクの少ない方法である。海外を視野に入れると、日本では注目されないものや、思いがけないものが高額で売れることもある。 そこで、今回は海外に販路を広げるための一つの方法として、...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
ユーザーは何を基準に選んでいる? アメリカと中国の違い... 越境ECサイトを構築されるお客様で、見落としがちな点は、海外ユーザーの「集客」である。 お客様の中には、越境ECサイト構築を行う際「集客」をどのように行うかを考えずに、サイト構築を進めるケースがある。 つまり、お客様としては、日本で売れた商品であれば海外でも売れる。良い商品と良い越境EC...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ