英語でブログを書いてくれるサービス

海外向けのECサイト立ち上げ後に課題となるのが、海外からの集客である。
しかし、現在は英語圏向けにブログで情報発信をすることが実はとても簡単にできる様になっている。英語のブログを書いてくれるサービスが存在する為だ。

今日は、英語のブログをあなたに代わって書いてくれる英語ブログ作成サービスを紹介しよう。

1. Crowd Source

コンサルティング付きのブログ記事作成サービスサイト。オンライン形式の発注ではなく、専任担当者がついている。
どういう内容のブログ記事を書けばいいのか分からない場合にオススメだ。

2. BlogMutt オススメ

当社も利用しているブログ作成サービス。
発注者側からはECサイトのURLを送付すると、書き手側がECサイトとマッチング性の高い記事を考えて書いてくれる。発注側は記事内容を考える必要がなく、書き手側にあくまでも記事内容の決定権があるのが特徴である。
$89 で週1記事納品してくれ、オプション費用を払うと、記事と関連性のある画像の挿入や、記事周辺の専門家ブログへの記事をとりあげてもらえる様にする営業的な事もやってくれる。
当社も使っており、発注の手間と記事の品質で言えばコストパフォーマンスは高いと言えるだろう。

 

3. Writer Access

ブログの記事内容、タイトル内容を発注側が細かく指定する事ができる。
ブログの内容を指示したい方にオススメである。文字数やライターのレベル(1スターから5スターまで)を指定でき、レベルと文字数によって価格が決定する。
参考 : 5スター 400文字で $32

 

4. Constant Content

業種別に記事が既に用意されており、書き手と買い手の記事のマーケットプレイス。
自社サービスにあった記事を$20〜買う事ができる。マーケットプレイスに出品されているブログ記事内容自体を理解する為の英語力がないと利用は難しい。
 

 

当社も上記以外に、独自のネットワークによる英語によるブログ記事作成と投稿サービスを提供しているので日本語での申込、サポートが必要な方は相談下さい。

関連する記事

初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 1... 平成24年(2012年)時点の総務省の通信利用動向調査によると、ネットショッピングを利用する人の割合は20代~40代では、男女とも6割を超えています。また、同年度のネットショッピングの売上も、前年度比16%増の約10兆2,000億円規模と、ものすごいペースで伸びています。 このように、どの企業...
コンテンツマーケティングに向けて!ペルソナを把握する方法... 新たな年度に入り、コンテンツマーケティング戦略を改善したい経営者の方も多いのではないでしょうか。そこで、そのための有効な手法のひとつとして、購買層のペルソナ(=商品・サービスにとって、最も重要で象徴的なユーザーモデル)を作成してみる、という方法を試してみましょう。 なぜペルソナ把握は大切なのか...
盗んでみよう!おもしろコンテンツマーケティング... どの企業にとっても、コンテンツマーケティングは今や大変重要な課題であり、「ターゲットになる消費者にとって役に立つ情報は何なのか?」という問いを自ら立て、それに答えられる内容をコンテンツに構成していくことが、優れたコンテンツマーケティングの鍵になります。特に海外販売サイトで成功している企業に共通し...
コンテンツマーケティングにがっちり取り組む6つの企業... コンテンツマーケティングを簡潔に言うと、顧客の求める情報を、適切な形でコンテンツとして提供し、購買などにつながる行動を顧客に促す手法ということになります。とはいえ、「言うは易し、行うは難し」とコンテンツマーケティングに悪戦苦闘している方も多いかもしれません。 そこで、実際にコンテンツマーケティ...
コンテンツマーケティングにがっちり取り組む6つの企業... コンテンツマーケティングを簡潔に言うと、顧客の求める情報を、適切な形でコンテンツとして提供し、購買などにつながる行動を顧客に促す手法ということになります。とはいえ、「言うは易し、行うは難し」とコンテンツマーケティングに悪戦苦闘している方も多いかもしれません。 そこで、実際にコンテンツマーケティ...
社員を本気にさせる!コンテンツマーケティング導入術... 今やコンテンツマーケティングは、企業がマーケティング戦略を進める上で必要不可欠なものになりつつあります。今回は、あるマーケティング会社が、自社用にコンテンツマーケティングを導入した際に得た教訓をお伝えします。単なる技術的なコツだけではなく、さまざまな驚き・発見があったようです。成功したことからも...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ