« ブログのトップページに戻る

サイト改善に活かそう!2013年Eコマースサイト分析結果

   投稿者 : 2013年12月25日 By Comments (0)

ウェブサイトの解析ツールを提供する米Click Tale社は、2013年4月から6月までのEコマースサイトを分析し、トップ10,000位までのサイトをビッグ・プレイヤー、10,000位から100,000位までのサイトをスモール・プレイヤーに分けて、それぞれの指標を比較するという調査結果を発表しました。さて、どんな事実が分かったのでしょうか?

調査結果で分かった3つの指標を徹底比較!

調査の結果、ビッグ・プレイヤーとスモール・プレイヤーで大きく違いが出たのが次の3つの指標です。

・バウンス率(Bounce Rate):サイトを訪れた人が、サイトを去ってしまう割合、直帰率
・アクティブ率(Active time):サイトを閲覧している人が、スクロール、テキストの書き込み、クリックなど何らかのアクションを起こしている割合
・滞在時間(Time Spent):サイトの閲覧にかかった時間

それぞれの数字から、ビッグ・プレイヤーに近づくにはどのような対策を採ればよいのか、考えていきましょう。

訪れた人を逃さず、サイトに没頭させる!バウンス率&アクティブ率の改善

ビッグ・プレイヤーの平均バウンス率は9.4%と、その他のサイトの平均34%に比べて3分の1ほどしかありません。つまり、ビッグ・プレイヤーのサイトでは、サイトを離れてしまう人が10人に1人もいないのです。

また、ビッグ・プレイヤーのサイト画面上でスクロール、文字の書き込みなど、何らかのアクションを起こしている人は23%とその他のサイトの2倍近いことから、ビッグ・プレイヤーのサイトは見る者にじっと考え込ませない、わかりやすいサイトであることがわかります。

ビッグ・プレイヤーのサイトへの再訪率は52%と高く(Eコマースサイトの平均は25%)、その高さはバウンス率が低く、アクティブ率の高い要因の一つでもありますが、サイトの問題点を改善することによってバウンス率及びアクティブ率を改善することは可能です。

例えば、下記のような点について、自社サイトを改めて見直してみましょう。

  • CTAボタン(Call to Actionボタン:ユーザーにクリックを促し、アクションを遂行させるためのボタン)は、ランディングページ上のわかりやすい位置にあるか
  • ランディングページでは、会社が提供している商品やサービスの内容をわかりやすく伝えられているか、相反する情報を盛り込んで、顧客を混乱させていないか
  • メニューバーだけでなく、一定の時間が経ったらポップアップでの誘導を表示するなど、初めてのユーザーにわかりやすい誘導方法を用意しているか
  • ウェブサイトの表示速度は遅くないか(3秒以下が望ましい)
  • 初めてのユーザーが迷った時のために、常に検索バーを表示できているか

ちなみに、日本のウェブサイトを調査した結果では、33業界198社の平均バウンス率は36.6%と、アメリカのビッグ・プレイヤーにはるかに及びません。ユーザー目線のウェブサイトに近づけるにはまだまだ改善の余地がありそうです。
(参考サイト:http://www.ginzametrics.jp/blog/referrer-pattern-average

探し物がすぐ見つかるサイトに!滞在時間を改善

ビッグ・プレイヤーのサイトとその他のサイトの滞在時間を比べると、ビッグ・プレイヤーのサイトが平均70秒、その他のサイトは平均200秒と、顧客がサイトに留まる時間は、意外にもビッグ・プレイヤーの方がぐっと短いのです。

つまり、ビッグ・プレイヤーのサイトでは、1分ちょっとで商品検索から商品確定、支払いまでがスムーズに誘導され、遂行できるということを表しています。滞在時間が極端に短ければそれはそれで問題ですが、商品購入手続きを最も効率的に行えた場合の時間が1分超ということです。日本では、滞在時間は長い方がいいという分析も見られますが、「適度な時間に収めた方が優秀」というのもEコマースの先進国、アメリカならではかもしれません。

商品購入手続きをスムーズにするポイントとしては、

  • 悩まなくてもスムーズに手続きを進めることができる、わかりやすいナビになっているか
  • わかりやすい商品説明を心がけているか。専門用語の多用を避け、特徴を簡潔かつ総合的に記載し、商品写真を付けているか
  • 短い時間で目的の商品が探せるような、優れたサイト内サーチが構築できているか

といったことが挙げられます。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考:
2013 Top Ecommerce Website Analytics Benchmarks

画像:
photo credit: bluefountainmedia via photopin cc

関連する記事

2020 WEBデザイン最新トレンド 7選 2020年の年頭は、今年のWEBデザインのトレンドを予想してみたい。2019年は大きなタイポグラフィによるデザイン、フラットデザイン2.0、ノングリットデザインなど、これまでのWEBデザインの主流だったフラットデザイン、グリットデザインから真逆な方向のデザインが出てきた。今年はどんなWEBサ...
速習 ECサイト構築オンラインセミナー “ECサイトをプロ並みに でも価格は最低限に&#... 先日、オンラインで越境ECサイトの制作が行えるオンラインカスタマイズサービスをリリースしました。従来のECサイト構築の業界標準価格と言われている100万円〜300万円という相場に対して、1/10で提供しながらも、高品質なECサイト構築サービスを提供する目的で作りました。   当社はEC...
Eコマースサイトを成功させる!7つのコツ... ネットショッピングは今や、パソコンを使う世代にとっては、当たり前の行動になっています。さらに、スマホをはじめとするモバイルによるネットショッピングも年々増加し、「Mコマース」という言葉も誕生したほどです。 あらゆる商品がネットで売れる時代、どの企業にとっても事業拡大、売上拡大にEコマースサイト...
なぜトレードカービューは自社で輸出をやっていないのか?... なぜ、トレードカービューは自社で輸出業はやらないのか? なぜ、ヤフーは自社でネットショップ業をやらないのか? なぜ、楽天は自社でネットショップ業をやらないのか? 答えを知っている方には、何でもないことですが、上記の企業はいずれも上場企業で巨大なデータを保持しているインターネット企業...
海外販売 – なぜわずかな人しか成功しないのか... 海外販売は確かにブルーオーシャンであり、未開拓な市場である事は何となく分かっていはいるものの、実際にどのように市場を開拓し事業化していくプロセスはあまりはっきりしていません。 そのプロセス全体概要を把握する為に当社が8月31日よりダウンロード開始した、海外販売を検討している方向けに書いた小冊子です...
ECサイト構築技術者向け – Live Commerce で日本と海外の両方に対応できる... Live Commerceでは多言語ECサイトを構築できるソリューションなのだが、多言語ということは英語と日本語で販売する国ごとにローカライズ機能がどこまで備わっているのか、、これは新規導入を検討している方から多くいただく質問の一つである。 今日は、多言語ECサイトとローカライズの関係性につい...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ