サイト改善に活かそう!2013年Eコマースサイト分析結果

ウェブサイトの解析ツールを提供する米Click Tale社は、2013年4月から6月までのEコマースサイトを分析し、トップ10,000位までのサイトをビッグ・プレイヤー、10,000位から100,000位までのサイトをスモール・プレイヤーに分けて、それぞれの指標を比較するという調査結果を発表しました。さて、どんな事実が分かったのでしょうか?

調査結果で分かった3つの指標を徹底比較!

調査の結果、ビッグ・プレイヤーとスモール・プレイヤーで大きく違いが出たのが次の3つの指標です。

・バウンス率(Bounce Rate):サイトを訪れた人が、サイトを去ってしまう割合、直帰率
・アクティブ率(Active time):サイトを閲覧している人が、スクロール、テキストの書き込み、クリックなど何らかのアクションを起こしている割合
・滞在時間(Time Spent):サイトの閲覧にかかった時間

それぞれの数字から、ビッグ・プレイヤーに近づくにはどのような対策を採ればよいのか、考えていきましょう。

訪れた人を逃さず、サイトに没頭させる!バウンス率&アクティブ率の改善

ビッグ・プレイヤーの平均バウンス率は9.4%と、その他のサイトの平均34%に比べて3分の1ほどしかありません。つまり、ビッグ・プレイヤーのサイトでは、サイトを離れてしまう人が10人に1人もいないのです。

また、ビッグ・プレイヤーのサイト画面上でスクロール、文字の書き込みなど、何らかのアクションを起こしている人は23%とその他のサイトの2倍近いことから、ビッグ・プレイヤーのサイトは見る者にじっと考え込ませない、わかりやすいサイトであることがわかります。

ビッグ・プレイヤーのサイトへの再訪率は52%と高く(Eコマースサイトの平均は25%)、その高さはバウンス率が低く、アクティブ率の高い要因の一つでもありますが、サイトの問題点を改善することによってバウンス率及びアクティブ率を改善することは可能です。

例えば、下記のような点について、自社サイトを改めて見直してみましょう。

  • CTAボタン(Call to Actionボタン:ユーザーにクリックを促し、アクションを遂行させるためのボタン)は、ランディングページ上のわかりやすい位置にあるか
  • ランディングページでは、会社が提供している商品やサービスの内容をわかりやすく伝えられているか、相反する情報を盛り込んで、顧客を混乱させていないか
  • メニューバーだけでなく、一定の時間が経ったらポップアップでの誘導を表示するなど、初めてのユーザーにわかりやすい誘導方法を用意しているか
  • ウェブサイトの表示速度は遅くないか(3秒以下が望ましい)
  • 初めてのユーザーが迷った時のために、常に検索バーを表示できているか

ちなみに、日本のウェブサイトを調査した結果では、33業界198社の平均バウンス率は36.6%と、アメリカのビッグ・プレイヤーにはるかに及びません。ユーザー目線のウェブサイトに近づけるにはまだまだ改善の余地がありそうです。
(参考サイト:http://www.ginzametrics.jp/blog/referrer-pattern-average

探し物がすぐ見つかるサイトに!滞在時間を改善

ビッグ・プレイヤーのサイトとその他のサイトの滞在時間を比べると、ビッグ・プレイヤーのサイトが平均70秒、その他のサイトは平均200秒と、顧客がサイトに留まる時間は、意外にもビッグ・プレイヤーの方がぐっと短いのです。

つまり、ビッグ・プレイヤーのサイトでは、1分ちょっとで商品検索から商品確定、支払いまでがスムーズに誘導され、遂行できるということを表しています。滞在時間が極端に短ければそれはそれで問題ですが、商品購入手続きを最も効率的に行えた場合の時間が1分超ということです。日本では、滞在時間は長い方がいいという分析も見られますが、「適度な時間に収めた方が優秀」というのもEコマースの先進国、アメリカならではかもしれません。

商品購入手続きをスムーズにするポイントとしては、

  • 悩まなくてもスムーズに手続きを進めることができる、わかりやすいナビになっているか
  • わかりやすい商品説明を心がけているか。専門用語の多用を避け、特徴を簡潔かつ総合的に記載し、商品写真を付けているか
  • 短い時間で目的の商品が探せるような、優れたサイト内サーチが構築できているか

といったことが挙げられます。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考:
2013 Top Ecommerce Website Analytics Benchmarks

画像:
photo credit: bluefountainmedia via photopin cc

関連する記事

コンバージョンUPにもつながる!リターンポリシーの書き方... オンラインで商品を購入する場合、お客さまにとってリターンポリシーの内容はとても重要なものです。そこで今回は、リターンポリシーを設定するにあたって大切な、6つのポイントをご紹介します。また、実際にリターンポリシーに力を入れているサイトもご紹介します。 1 返品期間はできるだけ長く 返品期間が、...
海外向けネットショップ開業にあたって知っておくべきこと... 海外向けネットショップを開業する際に、多くの方から質問をいただきますが、ほとんどの質問は以下に集約されます。 もし、知らないことがあったら、資料請求して解決しておきましょう。初めての海外販売、よくある質問集にすべて記載されている質問になります。 まず何から始めればいいですか? 海外で売...
新型コロナ感染症に関する企業支援情報 + 海外販売に関する最新補助金・助成金情報(3月)... 3月は旧暦では「弥生(やよい)」と呼ばれ、語源は日ごとに暖かくなっていく気候の中で、草木が芽吹くいのちのようすから来ているようだ。 今月は新型コロナウィルス感染症が猛威を奮う現況下において、政府が打ち出した中小企業に対する5,000億円規模の支援内容をまとめた。 次に、今月の最新の補助金...
なぜAmazonと提携しない?「DtoC」というビジネスモデル... アメリカでは、新型コロナウイルス感染症数、21万6000人(4月1日現在)という急激な拡大により、入国制限、移動規制、外出禁止などあらゆる手段で、コロナ封じ込めが実施されている。 アメリカ消費者は外出禁止、自粛を余儀なくされ、アメリカのおいてもネットショッピングによる消費が高騰している。 ...
越境EC 海外配送の各社取り組み 越境ECを始める際に重要なのが、海外配送手段の知識を得ておくことである。 海外配送には、大きくわけて、国際郵便と国際宅急便の2種類がある。 EMSは国際郵便の一種であり、国際郵便の運営は万国郵便連合加盟国の各国の郵政庁など公的配送会社となっている。日本では、日本郵便、アメリカではUSPS...
そのシステム大丈夫!?もしかしてネットショップで大損失をしていませんか?... ネットショップを立ち上げるのに手動でHTMLを書いてサイトを作っている人はまずいないだろう。 なんらかのASPなり、パッケージソフトを使って受注や商品の登録を行っていると思われるが、ネットショップはいわゆるシステムそのものである。 システムというのは、設計したとおりにしか動作しない。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ