ホリデー・シーズン到来!世界のモバイル・コマース事情


お歳暮、クリスマス、お正月…と消費熱が高まるこの季節、海外では感謝祭(サンクスギビング:11月第4木曜)やクリスマスなど、多くの国がホリデー・シーズンに突入する時期でもあります。
そこで、最近急速な伸びを見せている、タブレット端末やスマートフォンからのEコマース、いわゆるモバイル・コマースにスポットを当てて、今回は「世界のモバイル・コマース事情」をご紹介したいと思います。

消費大国、アメリカのホリデー・ショッピング!

アメリカには、サンクスギビング翌日の金曜日、通称ブラックフライデーという、1年間で一番売上を稼げる最大のショッピング・デーがあります。サンクスギビングで一家団欒を終えて、明け方からクリスマス・ショッピングに走る!という日です。サンクスギビングとブラックフライデー2日間で、モバイルから小売サイトを訪れた人は、2011年の14%から2012年の24%と、1年間で10ポイントも伸びました。
また、12月にモバイルユーザーが小売店のモバイルサイトを利用した時間は、2012年には2011年の6倍に増加しました。モバイルによる年間小売売上も、2012年の209億ドルから2013年の342億ドル(推定)と1.6倍に増加するなど、アメリカでもモバイル・コマースは大躍進中です。

アメリカより浸透!?アジアのモバイル・コマース

中国には、インターネット小売業界が仕掛けた「独身デー」なるものがあります。シングルを表す「1」が並ぶことから、11月11日を独身デーとして、大幅な割引セールが実施されます。2012年の独身デーのモバイル・コマースによる売上は、なんと26億ドル(日本円にして約2600億円!)。

サンクスギビング後のオンライン割引セールデーとして設定された、アメリカのサイバーマンデーの同売上が2億5千万ドルなので、いかに中国での売上が多く、急速にモバイル・コマースが浸透しているかがわかります。

それでも、中国のEコマースユーザーは1億9,300万人と総人口の36%です。小売業界が仕掛けた独身デーの成功にも驚きますが、今後のモバイル・コマースの可能性を考えると、恐ろしいほどの売上が見込まれるのです。

インドには、「ディーワーリー」というヒンズー教での新年のお祝いがあります(10月末~11月初旬)。新年前後で6日間のお休みがあり、ディーワーリーの期間に買い物をすると縁起がよいとされているので、オンライン上でも割引セールが活発に行われています。

ディーワーリーの期間中にモバイル・コマースにてショッピングをした人に、その理由をたずねたところ、モバイルだけの割引がある…78%、ガソリン節約のため…60%、便利だから…61%といった結果が出ています。Eコマース利用者がまだ1,000万人、人口の8%という状況のインドですが、「同じ商品ならより安く、便利に買いたい!」と思う消費者心理から、今後の伸びが期待できます。

最後に日本についてです。インターネットショッピングに占める、モバイル・コマースの割合は、日本では89%であるのに対し、アメリカでは48%なのです。日本では、スマートフォン販売以前から、「おサイフケータイ」による決済システムが普及、浸透していたこともあってか、意外にもモバイル・コマースでは消費者意識、インフラともに消費大国アメリカよりも進んでいると言えます。日本の消費者は電子書籍や服、アクセサリーなどをモバイルで購入する傾向があるようです。

今後もモバイル・コマースから目が離せない

各国とも特にホリデー・シーズンにはモバイル・コマースに力を入れている様子がうかがえます。そして消費者も、店頭でスマートフォンを使って価格調査をしたり、自宅で商品を吟味してからお店に向かったりと、モバイルをうまく活用した消費動向が増えています。こうして、需要・供給ともにますます拡大傾向のモバイル・コマース事情から、今後も目が離せません。

参考:Mobile Commerce Has Completely Explodedhttp://www.entrepreneur.com/article/230066
画像:
photo credit: kevin dooley via photopin cc

関連する記事

いま話題のO2Oサービスから、これからのプロモーションを考える... これまで、オンラインでのプロモーションと実店舗でのそれは、大概の場合別々に行われていました。しかし、スマートフォンの普及にともない、ユーザーはオンラインとオフライン(実店舗)の相互を利用するようになり、別々のプロモーションでは立ち行かなくなってきています。 そこで、多くの企業は、オンラインの情報が...
モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...
ミクシィがスマートフォン向けDSP事業に参入。ミクシィの勝算は?... 昨年より、スマートフォンに対応したDSPサービスが各社からリリースされています。 このような中で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「mixi (ミクシィ)がこのスマートフォン向けDSPサービスに参入しました。 DSPサービスとは、広告主の広告効果の最大化を支援するためのサービス...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
スマートフォンが開く新しい「クレジットカード決済」の時代... 平成24年3月のデータですが、クレジットカードの発行枚数は3億枚を超えました。ひとりあたり3枚以上所有している計算になります。(参考:社団法人日本クレジット協会) この枚数は、クレジット決済大国のイメージを持たせますが、実は個人消費に対するクレジットカード利用率は1割程度に過ぎません。(参考:社団...

タグ: , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ