« ブログのトップページに戻る

送料無料 VS 最速納品 消費者が好むのは?

   投稿者 : 2014年5月14日 By

納期が早いのと送料無料、どっちが有利か?

米国フルフィルメントサービスを手がけるefulfillment社が公開したインフォグラフィックでは納期 Vs 送料無料 について面白いデータが公開されています。

Fast vs. Free Shipping

参照元 : http://www.efulfillmentservice.com/fast-free-shipping-infographic/

関連する記事

増え続ける日本の知的財産収入! 今、知っておくべき知的財産権とは... 財務省は1月24日、2017年の貿易収支を発表した。その内容によると2017年は2兆9,910億円の黒字と貿易収支は2年連続の黒字とはなったものの、前年比では25.1%減という結果であった。 貿易収支は、”モノ”を対象した統計結果であるが、”知的財産”を対象にした収支では、なんと、369億...
2014年のEコマーストレンドは?定期購入に注目!... 健康食品、化粧品からソフトウェアまで、Eコマースの世界では様々な業界で定期購入が導入されています。Eコマースの最先端、アメリカでの実例を中心に、定期購入にはどのようなメリットがあるのか、探っていきたいと思います。 こんな業界まで!?定期購入サービスの成功例 1 コスメサンプルを定期購入!「Bi...
ジミー・キメル-エンターテイメント界で指折りのハードワーカー... 本日は、エンターテイメント界、特にアメリカで定番のナイトショー(毎晩、芸能人や有名人などのゲストを招いてトークをする番組)でも現在大人気の、ジミー・キメルのインタビューをお届けします。ジミーの仕事ぶりや、哲学、彼の上司、人をマネジメントする事についてのインタビューです。 数ある番組の中...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
2015年 ヨーロッパの越境サイト消費者調査から考察する... ヨーロッパの越境ECサイト消費者アンケート調査​ ​ ヨーロッパ22か国、4000人ネットショップ消費者を対象としたANEC調査結果によると、EUの消費者の63%は国内のサイトのみネットショップで買い物、ヨーロッパ他国のサイト利用は10%であった。この 調査結果で分かることは、欧...
ヨーロッパ主要各国のオンライン決済方法... 今回は日本とヨーロッパ諸国におけるEコマースの決済方法についてさまざまな比較、分析をしてみました。 データにしてみるとわかりやすいのですが、イギリス、フランス、ドイツの3カ国の総人口は2億人を超え、EC市場規模は27兆円(2013年時)ということで、日本の約2.3倍ほどになっています。 20...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。