« ブログのトップページに戻る

ECサイト – 何に企業は投資しているのか? 〜最新の米ECサイト情報〜

   投稿者 : 2014年7月9日 By

私が定期購読しているアメリカのEコマース情報誌IRCEの最新号で、「ECサイトの技術関連(システム開発等)にかける予算として優先度が高いものは?」というアンケート結果が掲載されていたので、今日はアメリカの最新Eコマース情報をお届けします。

ダントツの1位はECサイトのプラットフォーム(=ECサイトを何で運用するか)に費やすコストが一番大きいという事ですね。

  • ECサイトのプラットフォームに対するコスト 61.6%
  • モバイルコマース 57.6%
  • コンテンツ管理 40.4%
  • Eメールマーケティング 39.4%
  • ソーシャルメディアマーケティング 39.3%
  • ウェブ解析 34.3%

その中でもモバイルECサイトについては既にアクセス数でいえばPCの倍がモバイル経由という事もあるので、スマートフォン分野へのECサイトの見た目、スマートフォン向けのウェブデザインなんかはコンバージョン率にかなり影響大なので重要と言えるでしょう。

で、注目したいのが上位にランクしている、Eメールマーケティング。

ここではメルマガのことを意味しているのですが、メルマガは最も歴史の長いEコマースマーケティグ手法として確立されている分野でちょっと古くさいかな、、、と思う人も少なからずいると思います。しかし、結果はEメールマーケティングの方がソーシャルメディアよりも0.1ポイント上回っているので、未だにROIの高いマーケティング手法であることを証明していますよね。

実際、当社もEメールマーメティングはまだ現役だし、Eメールマーケティグはブログやソーシャルメディアと違って、ユーザーと1:1の関係性を構築する事が可能なツールではあるので、ブログに書けないような密の高い情報を提示してユーザーとの信頼性を作るには今のところは最高のツールという事ですよね。

逆に、最も関心の低いのが「ウェブ解析」でGoogle Analyticsの解析ということになると思いますが、これははどの企業でも導入しているはずです。しかし当社のLive Commerce ASP同様、導入例を見ても結果は明らかで、ほとんどが導入で終っていて、Google Analyticsで算出された数字を見るだけで、解析結果を改善し効果測定まで踏み込んでいるのはまだ少ないのでしょう。

私もGoogle Analyticsは1週間に1回は最低見ていますが、経営者が見る数字というのは実は3しかありません。Google Analyticsでこの3つの数字だけを月曜日に見ておけば、ビジネスは成長しているのか、悪いのかがわかるんですね。ちなみに、3つの数字の変化でその週にやるべき事を私は判断しています。

さらに、Eコマースに費やす予算については

  • 増加する 86.6%
  • 減少する 4.1%
  • 現状維持 9.3%

これは今と同じが増やす人が全体の96%で圧倒的多数。

Eコマース予算の中で特にどんな(技術的)分野に対して費やすかについては

  • 新規顧客開拓 69%
  • コンバージョン率の改善 67%
  • リピート注文の増加に対して 58%
  • モバイル経由の注文の増加に対して 52.5%
  • アクセス数の増加 51.5%
  • クロスチャンネルショッピングのサポート 43.4%
  • ソーシャルマーケティング 35.4%

新規開拓は当然ですね。

Eコマースは広告に対する費用対効果が完全に計測可能なので、コンバージョン率の改善についてもランディングページの改善や、チェックアウト周りのウェブデザイン、ユーザビリティーなどは改善ポイントとしてのリターンは価値が高いのでしょう。

ざっと以上ではありましたが、こうした結果を参考にECサイトの改善や投資の参考にしてみてください。8月1日の懇親会でもこうした情報共有はさせていただきますので、是非ヤフオク海外販売の説明会もご覧下さい。

関連する記事

甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果... 8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。 そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。 「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。 なぜ、「イン...
「Netflixで服のレンタルビジネス?」イギリスの小売販売スタイルの変化... 今やイギリスのハイストリートでは、洋服を買うというより借りるとスタイルが流行している。イギリス人の5人に一人は今や自分の好みのストアの服をレンタルすることに興味を持っているという結果が出ている。ロンドンでは特に顕著で3人に一人が興味をもつらしい。 先日、2月10日のニュースで伝えられた情報に...
Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...
日本の商品を海外に売るおもしろさ – 海外販売をビジネスにする方法とは... 国内で起業をするにしても、今の時代は国内で起業しながら顧客を海外に持つという今までとは全く違うやり方でビジネスを成長させる事が可能な時代だ。1990年代のインターネットがまだなかった時代に大企業しか海外企業と貿易をやっていたのとは今は全く違う。 それが今日紹介するインターネットを利用して海外に...
ミクシィがスマートフォン向けDSP事業に参入。ミクシィの勝算は?... 昨年より、スマートフォンに対応したDSPサービスが各社からリリースされています。 このような中で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「mixi (ミクシィ)がこのスマートフォン向けDSPサービスに参入しました。 DSPサービスとは、広告主の広告効果の最大化を支援するためのサービス...
PayPal の為替手数料について eBayや海外販売での決済といえば、PayPalを使うことになるわけだが、USドルで決済された金額を日本円の口座に資金移動して最終的に売上として計上することになる。 で、口座に資金移動するときに例えば$1000がPayPalの残高としてあった場合、これを日本円換算すると、本日の通貨レート118円と...
このエントリーをはてなブックマークに追加