« ブログのトップページに戻る

イギリスのトップEコマース500社

   投稿者 : 2017年2月27日 By

イメージ画像

Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, TopshopNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々なチャンネルを持った販売会社がほとんどである。
昨年度は Amazonを筆頭に, Argos, Boots, House of Fraser, John Lewis, Mothercare、Screwfixが2016年のエリート会社と呼ばれ、今年は同じくAmazon, そしてAsda,Boots John Lewis, M&S、そしてTescoが登場している。
今回はイギリスのEコマースランキングについて見ていこう。

 

●エリート会社と言われるカテゴリーに入る会社

Amazon(アマゾン)Asda(スーパー) Boots(薬局、化粧品) John Lewis(高級デパート)M&S(スーパー、小売業) リーティング会社やトップ会社というカテゴリーにランクインした会社は下記の図の通りである。

イギリストップ50のECサイト

 

●翌日配達オプションあり

Internet Retailingは、様々な視点からこれらのオンラインショップのパフォーマンスを比較してみたところ、トップ500は必ず平均5項目のコミュニケーションチャンネルを設け、数種類選べるような配達オプションがある。500社の中で312社が提供している。
さらに、翌日配達がプレミアムオプションとしては、最も人気のあるオプションで、266社が提供、同日配達は29社、時間指定は40社のみ。 500社の中から下記のサービスをしている会社は次の通りである。

配達オプション図表

配達オプション図表

 

●越境ECでも人気のイギリスのEコマース

イギリスの販売業者は, 様々な技術を使って顧客の質問に対応したり、トップの地位を維持するためには様々なチャレンジを要していることがわかる。オンラインとオフライン(店舗)でのショッピングの差をできるだけ近づけようとする努力を惜しまない。
さらに、海外の消費者はイギリスの会社のサイトでのオンラインショッピングを利用する率が高まっており、昨年度の第4四半期では23%も増加している。
BRCのレポートでも、クロスボーダー(海外からの)のオンライン販売率が最も多いのはイギリスで、イギリスのサイトを選ぶ消費者が増えているということが報告されている。
さらに、スマートフォンやタブレットを使用した注文が多く、前年同期比16%の増加である。特にファッション、健康、美容関係の商品が売れているという。特にクロアチアの消費者はイギリスのブランドに憧れている傾向がある様で前年同期比で106%という結果だ。

 

●ポンド高も影響して売れ行き好調

グーグルのイギリス営業本部長のMartijn Bertisenは、現在のポンド高の影響も大きいと述べている。
さらに、今後は携帯でのショッピングが増え続ける傾向にあり、イギリスでは現在で57%のユーザーが携帯でのショピングをしているため、今後は携帯にフォーカスした販売方法に向けての商戦が必須であるという。
簡単にサイトに訪問でき、注文可能なシステムでないと消費者はそのサイトから離れてしまうという。

 

●まとめ

イギリスはヨーロッパの中でも、郵便(Royal Mail)や配送(Hermes, UPS, Fedex, DPD)の選択肢が多くあり、自宅ピックアップサービスなど、ヨーロッパにいながら日本のようなサービスに近づいてきていることを感じる。
さらに言語も英語であることから消費者に安心感が与えられること、まず、今後の海外Eコマースは、言語対応、配達の選択肢、追跡、携帯でのアクセスなど、いつでもどこでも気軽にショッピングができ、翌日発送、国内は翌日配達などが可能なシステムが最も重要なポイントであると思われる。

 

記事参考サイト:https://ecommercenews.eu/top-500-ecommerce-retailers-uk/

関連する記事

加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
7月から変わるオーストラリアの関税 越境ECでは注意が必要... 連日、熱戦が伝えられる2018FIFAワールドカップ ロシア。 グループHで日本は好発進したが、同じアジア・グループの代表として出場している、グループCのオーストラリアは、今のところ第3位と苦戦している。 そしてオーストラリアでは、今年7月1日より、1,000豪ドル以下の商品でも越境EC...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。