« ブログのトップページに戻る

こんなに違う! 世界と日本のブラウザシェア

   投稿者 : 2015年7月21日 By

イメージ画像

現在、2015年の時点で、Webブラウザのシェアはいったいどうなっているいるのだろうか?
ブラウザは日本国内、世界では多数混在しているが、Webブラウザは大きく分けるとインターネットエクスプローラー(IE)とグーグルクロム(Chrome)、ファイアフォックス(firefox)、サファリ(safari)、オペラ(opera)の5つである。
細かくは各ブラウザのバージョンによりシェアはわかれるが、
今回は2015年5月、6月の調査結果のStartCounterなどの資料により世界と日本のWebブラウザシェアとスマホのOSシェアについての現況をまとめてみた。

 

1.世界のシェアはChromeがトップ、バージョンではChrome 43.0がトップ

(図-1)は世界のデスクトップパソコンにおけるブラウザシェアの推移である。
2012年にIEとChromeはほぼ同率シェアであったが、その後Chromeは一貫して右肩上がり、IEは減少の一途である。2015年5月時点でのシェアはChromeが52.32%、IEが19.9%、Firefoxは17.87%、Safariは6.31%、Operaは1.73%となっている。

図01

 

 

(図-2)は2015年6月時点のブラウザのバージョンによるシェアだ。
全体を100とした割合で、トップはChrome43.0の40.59%、2位はFirefox38.0で12.41%、3位はIE11.0の12.34%、4位はIE8.0の3.19%等となっており、Chrome43.0の独壇場である。

 

 

 

2.日本のシェアはIEがトップ、バージョンではIE 11がトップ

一方、日本はどうなっているだろうか? 
(図-3)は2015年5月時点のデスクトップのPCブラウザシェアである。
StatCounterなどによると、IEが41.62%でトップであり、続きChromeの34.52%、Firefoxの15.02%となっている。日本でもIEは右肩下がりの状況で、Chromeは右肩上がりである。Windowsを購入することで、IEはインストールされいるので、IEはトップであるのは当たり前の環境の中Chromeが追い上げているこの状況はやはり、Chromeの使い勝手の良さに起因するところが大きいといえる。

図03

 

 

(図-4)はブラウザのバージョンごとのシェアである。
2015年の6月時点では、トップはIE11.0で36.81%、2位はChome43.0で26.14%、3位FireFox38.0の10.94%等となっている。日本はまだ、IEが優勢を保持している。

図04

 

(図-1)(図-3)デスクトップパソコンにおけるブラウザシェアに関しては
http://ascii.jp/elem/000/001/020/1020922
を参考に作成した。

(図-2)(図-4)ブラウザのバージョンシェアに関しては
https://webrage.jp/mobile/data/pc_browser_share.html
を参考に作成した。

 

 

3.スマホOSのシェアは圧倒的にAndroidが優位

それでは、スマートホンOSのシェアについて世界と日本を見てみよう。
(図-5)は2015年5月の世界のスマホOSシェアだがAndroidが78.0%の優勢を誇示ている。
日本のスマホOSシェアは(図-6)であるが、シェアはAndroidが52.3%とiOSが45.1%とほぼ2分した状況である。
日本ではiphone人気が数字を反映してるが、世界的シェアではAndroidが圧倒しているのは事実である。AndroidはスマホOSにおいては世界を席巻しつつある。

図05

 

図06

 

図07

(図-5)(図-6)(図-7)スマートホンのOSシェアに関しては
http://ahiru8usagi.hatenablog.com/entry/share_browser_os_device
を参考に作成した。

 

 

まとめ

Webブラウザのシェア率やスマホのシェア率は、Webデザイナー、ディレクター、エンジニア、IT関係者なら確実に押さえておかなければならない事項である。ブラウザシェアをみると、IEのシェアは今後さらに下降線をたどり、Chromeがシェアを伸ばすのは確実となっている。
世界的にもIEのシェアが高いのは日本と韓国のみで、Operaはアフリカの数カ国でシェアトップとなっている。それ以外はほとんどの国で、Chromeがトップシェアである。
今後はさらにChrome拡大を続けるのか、それとも、今月末より無償ダウンロード解禁のWindows10の新しい標準ブラウザのMicrosft Edgeが、どこまでシェアに食い込むかが注目されるところである。

関連する記事

海外のオンライン決済事情 EC越境サイトの最も重要な課題は各国のオンライン決済への対応である。 各国でオンライン決済は人気度、信用度それぞれ違ってくる。誰もが利用したことのあるクレジットカードやペイパル決済はもちろん人気であるが、例えばドイツでは、どの決済方法が一番人気があるのか?クレジットカードやデビットカードよりも人...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
米Amazon社による物流サービス効率化の取組み... Eコマースにとって配送は非常に重要である。お客様がオンライン上で購入した商品は確実にお客様の手元に届けなければならない。商品到着の確実さ、速さ、安さがショップの価値を左右する。そして、Eコマースの物流では米Amazon社が世界を牽引していると言っても過言ではない。 米Amazon社では配送ト...
日本国内におけるSNSの世代別利用状況は?... 総務省の「平成27年度版 情報通信白書」のSNSの利用率に見ると、国内利用率はLINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)、インスタグラム(6.0%)という下図のような結果となっている。 この統計内容の対象者は国内13歳以上の男女2000人で昨年20...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。