意外に低い、ECサイトのコンバージョン率

コンバージョン率

今回はコンバージョン率についてのお話。あるお店に来店した100人中、1~2人だけが商品を購入するという話を聞いたら、そのお店を信用できますか・・・?できないのだとしたら、低いコンバージョン率に否定的な反応を示しているということ。では、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、コンバージョン率とは、あるサイトの訪問者数に対する商品購入の割合を示したものです。殆どのEコマース企業におけるコンバージョン率は、非常に低いという事実をご存知でしょうか。研究によると、2013年のEコマースモバイルサイトの平均的コンバージョン率は2%以下だったそうで、2014年にも、その計数が上がりそうにもないとの事です。物を売るという文化が発生して以来、買い手の心理を販売に取り込む等、コンバージョン率を上げようと努力がありました。Eコマースの企業者も、更なる意識が必要になってきているかもしれません。

コンバージョン率を上げるため、多くのEコマースサイトには、購入ボタンを更に押してもらうためのランディングページがあると思います。ここで問題点が出てきます。殆どの利用者は、最初から購入に対しての疑問と抵抗感を抱いていることです。人間の心理的な傾向を変えることは非常に困難なので、買い手の態度を変えるのではなく、心理傾向を理解した上で企業対策に取り込んでいきましょう。
普段、我々がお店で決まった価格の商品を購入することは、人間の歴史における比較的最近のことです。人の心理は特定価格での購入よりも、バーターや交渉の取引に向いています。デパートのような定価設定のお店では、実際に商品に触れ、店員に商品のことを問いかけることがありますから、バーターのような事が出来ると言えます。Eコマースの場合には、バーター、交渉、それらは無く、一つの決まった選択肢しかありません。そんな時、殆どの人が選択してしまうのは、購入しないことなのです。
Eコマース企業の低いコンバージョン率は、この結果とされています。これを良くするために、世界中の人間の行動を変えるというのは、あまりにも大変すぎる仕事です。その代わりに、企業を人間の行動に合わせれば、もっと簡単です。そして現在、これを実行しようとしている会社があります。Variablyという米国のソフトウェア会社が、Negotiate(交渉)ボタンを設置し、普通の購入選択率よりも利益が遥かに高いという驚くべき結果が出ました。(最上部の表をご覧下さい。)
オークションとは違い、売り手が一人対一人の非公開交渉によって値段が決まります。今、斬新なやり方かもしれませんが、コンバージョン率を意識した売買は、これからのEコマースに多く影響を及ぼすと見込まれています。財界のように、Eコマースの価格は常に様々な刺激に応じ、常に変化していくものになるでしょう。その未来が近くとも遠くとも、現在の傾向を理解した上に、どうしたら自身の企業に影響を及ぼしているのか考えてみましょう。

参考サイトURL:

  • http://www.gpcworks.com/blog
  • http://www.clickz.com/clickz/column/2361576/how-will-e-commerce-evolve-to-reflect-real-world-purchasing-behavior
  • http://www.mobify.com/insights/2014-mobile-conversion-rate-benchmarks/

関連する記事

経済産業省が発表! 2014年のEC市場調査... 経済産業省は5月29日、 「平成26年度我が国情報経済社会における基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 この調査は2014年の我が国のBtoB 及び BtoC の電子商取引市場動向、利用実態を調査したもので、平成10年度より実施され、今回で17回目の発表となる。 ...
ECサイトのユーザビリティ10の心得 ECサイトのユーザビリティは週単位、月単位で見直してみる必要がある。かっこいいビジュアルデザイン、おしゃれなデザイン、それも大事ではあるが、ECサイトでは一番ベースになくてはならないのはユーザビリティである。 "デザインとは機能である"と言ったのはスティーブ・ジョブスだが...
圧倒的に強い!世界を牽引する中国EC市場 その強さの理由とは?... 7月8日、三菱UFJ銀行 国際業務部は「MUFG BK CHINA WEEKLY」公表した。その中では、2019年の中国の越境EC輸入額についても報告されていた。 中国の越境EC小売額は前年比38.3%の1,862.1億元となっている。伸び率は2018年の49.3%増から鈍化したものの高成...
中国”独身の日” 越境ECでは日本がトップ... 先月11月11日「独身の日」は、中国ネット販売を行っている企業が特売セールを行う商戦日だった。中国最大のECサイトのアリババグループは「独身の日」の1日の取扱い高を発表した。扱い高は過去最高の1,682億元、日本円にして約2兆8,594億円と昨年の記録をまた更新した。 米ブルームバーグ社は...
越境ECで失敗しないための5つのポイント... 日本では、人口減少から国内需要の縮小に伴い、国内ビジネスだけではますます、厳しい状況になるだろう。インバウンドが増加する中、解決策をインバウンドも視野に入れ、販路を海外に求める企業も増加している。 そして、企業は販路の拡大をアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸外国とECサイトを展開するようになっ...
海外ビジネス向け「海外送金サービス」比較... インターネットのおかげで海外とのコミュニケーションだけでなく、貿易、物流、金融など様々なモノの取引が便利な時代になった。その中でも、税金や海外送金については、未だに頭を悩まされているビジネスオーナーは多いらしい。 海外ビジネス取引において海外送金は頻繁に行われるのでコストも削減したいもの。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ