« ブログのトップページに戻る

越境EC カナダのポテンシャル

   投稿者 : 2017年8月9日 By

イメージ画像

カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。
比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定しているが、問題はその広い国土であり、そのために物流面に課題があることでも知られている。
今回は、このカナダの越境ECのポテンシャルについて見て行こう。

 

カナダの基本データ

 

●カナダのインターネット環境

カナダのインターネット環境は日本より高いと言える。現地の人によると様々な手続きはほとんどがオンライン化しており、Wi-Fiも街中いたるところで利用できるようだ。
全人口3,600万人に対して、3100万人の人がインタンーネットを使用しており、Eコマースを通じて商品購入者は59%を占め、18歳〜34歳の30%以上は週に一度はモバイル経由で買い物を楽しんでいるようだ。

カナダのインターネット環境

 

●カナダでよく利用されているECサイト

資料によると2015年には1,800万人以上がWEB経由で買い物を行っており、2018年には市場規模は400億ドル近くに達すると見込まれている。
カナダは多言語国家で200以上の言語があるが、英語とフランス語による顧客対応が必須条件となっている。人気のECサイトはやはりAmazon、eBay、walmartなどアメリカを拠点としたサイトとなっている、

 

●Amazon.ca

アマゾンカナダ

https://www.amazon.ca/

Amazonのカナダ版である。商品点数が少ないため、ユーザーはアメリカ版Amazonから購入することが多い、カナダ版アマゾンから購入しても、アメリカからの発送となるケースが多く、そのため、商品数の多い本家Amazonから購入しているようだ。

 

●eBay.ca

イーベイカナダ

http://www.ebay.ca/

アメリカのカルフォルニアに本拠とする、ebayのカナダ版である。 月額費用を支払うことでEbay内にショップを持つことができる。

 

●SHOP.ca

ショップシーエイ

http://www.shop.ca/

2011年創業のトロントを拠点とした、SHOP.caは家電、家具、化粧品、ジュエリー、時計などのファッションアイテムなど27のカテゴリー商品を扱っている。

 

●Walmart

ウォールマート

http://www.walmart.ca/

こちらもアメリカのWalmartのカナダ版サイト。家電、家具、ファッション、おもちゃ、食料品、カー用品、ゲーム、各種ソフト関連など品揃え豊富である。

 

●BIGmall.ca

bigmallサイト

https://bigmall.ca/

カナダで200店以上のストアが集まっている、オンラインモールサイトだ。 アパレルから書籍、家電、ゲーム、ファッション、ジュエリー、カー用品、ペット用品など多くの小売店が商品を扱っている。

 

●EBATES Canada

ebatesサイト

https://www.ebates.ca/stores

こちらも750店舗以上のストアが集まったオンラインサイトである。サイトトップページに現在割引されているショップと割引率が表示されているのが面白い。

 

●7月、カナダ消費者が越境ECで買われたもの

当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで海外販売している商品で、カナダで5月にたくさん注文があった商品にはどんなものがあるのか調べてみるとた。
売れ筋商品は、Tシャツなどのファンションアイテムがなどが売れ筋商品であった。その他には、緑茶やフコンダインなどの健康食品、柚蜜など食品もオーダーが多いようだ。

カナダで売れている商品

 

●まとめ

pfsweb.comの調べによると、2015年のカナダのEC市場規模は270億ドルとなり、前年比16%の成長を遂げている。
また、カナダの消費者は国内ECで買うより、越境ECで買い物をする消費者の割合が多く、オンライン購入者の67%が海外(うちアメリカ62%、中国19%)から商品を購入している。
カナダで売れる商品傾向はアメリカと似ており、アメリカで売れれば、そのままカナダでも売れる。
2017年6月にはカナダの越境EC向けサービス「Shopify」が日本に本格的に進出している。 カナダのEコマース市場は今後、物流網が充実し配送時間が短縮されればさらなる発展が予想されるだろう。

 

出典サイト;

関連する記事

今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
越境EC はじめの一歩 越境ECに関する経済産業省がまとめた平成29年度の資料では、昨年、2016年の日本の中国消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は前年比30.3%増の1兆366 億円、アメリカ消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は、前年比14.4%増の6,156 億円と中国向け越境EC市場が大きな伸びを見せ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。