越境EC カナダのポテンシャル

イメージ画像

カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。
比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定しているが、問題はその広い国土であり、そのために物流面に課題があることでも知られている。
今回は、このカナダの越境ECのポテンシャルについて見て行こう。

 

カナダの基本データ

 

●カナダのインターネット環境

カナダのインターネット環境は日本より高いと言える。現地の人によると様々な手続きはほとんどがオンライン化しており、Wi-Fiも街中いたるところで利用できるようだ。
全人口3,600万人に対して、3100万人の人がインタンーネットを使用しており、Eコマースを通じて商品購入者は59%を占め、18歳〜34歳の30%以上は週に一度はモバイル経由で買い物を楽しんでいるようだ。

カナダのインターネット環境

 

●カナダでよく利用されているECサイト

資料によると2015年には1,800万人以上がWEB経由で買い物を行っており、2018年には市場規模は400億ドル近くに達すると見込まれている。
カナダは多言語国家で200以上の言語があるが、英語とフランス語による顧客対応が必須条件となっている。人気のECサイトはやはりAmazon、eBay、walmartなどアメリカを拠点としたサイトとなっている、

 

●Amazon.ca

アマゾンカナダ

https://www.amazon.ca/

Amazonのカナダ版である。商品点数が少ないため、ユーザーはアメリカ版Amazonから購入することが多い、カナダ版アマゾンから購入しても、アメリカからの発送となるケースが多く、そのため、商品数の多い本家Amazonから購入しているようだ。

 

●eBay.ca

イーベイカナダ

http://www.ebay.ca/

アメリカのカルフォルニアに本拠とする、ebayのカナダ版である。 月額費用を支払うことでEbay内にショップを持つことができる。

 

●SHOP.ca

ショップシーエイ

http://www.shop.ca/

2011年創業のトロントを拠点とした、SHOP.caは家電、家具、化粧品、ジュエリー、時計などのファッションアイテムなど27のカテゴリー商品を扱っている。

 

●Walmart

ウォールマート

http://www.walmart.ca/

こちらもアメリカのWalmartのカナダ版サイト。家電、家具、ファッション、おもちゃ、食料品、カー用品、ゲーム、各種ソフト関連など品揃え豊富である。

 

●BIGmall.ca

bigmallサイト

https://bigmall.ca/

カナダで200店以上のストアが集まっている、オンラインモールサイトだ。 アパレルから書籍、家電、ゲーム、ファッション、ジュエリー、カー用品、ペット用品など多くの小売店が商品を扱っている。

 

●EBATES Canada

ebatesサイト

https://www.ebates.ca/stores

こちらも750店舗以上のストアが集まったオンラインサイトである。サイトトップページに現在割引されているショップと割引率が表示されているのが面白い。

 

●7月、カナダ消費者が越境ECで買われたもの

当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで海外販売している商品で、カナダで5月にたくさん注文があった商品にはどんなものがあるのか調べてみるとた。
売れ筋商品は、Tシャツなどのファンションアイテムがなどが売れ筋商品であった。その他には、緑茶やフコンダインなどの健康食品、柚蜜など食品もオーダーが多いようだ。

カナダで売れている商品

 

●まとめ

pfsweb.comの調べによると、2015年のカナダのEC市場規模は270億ドルとなり、前年比16%の成長を遂げている。
また、カナダの消費者は国内ECで買うより、越境ECで買い物をする消費者の割合が多く、オンライン購入者の67%が海外(うちアメリカ62%、中国19%)から商品を購入している。
カナダで売れる商品傾向はアメリカと似ており、アメリカで売れれば、そのままカナダでも売れる。
2017年6月にはカナダの越境EC向けサービス「Shopify」が日本に本格的に進出している。 カナダのEコマース市場は今後、物流網が充実し配送時間が短縮されればさらなる発展が予想されるだろう。

 

出典サイト;

関連する記事

イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...
中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
2020年2月13日(木)越境ECセミナー『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』を開催... 越境EC市場は、世界規模で拡大している。 昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。 そして、日本の2018年越境EC市場は、対アメリ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ