« ブログのトップページに戻る

過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”

   投稿者 : 2018年2月20日 By

イメージ画像

先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。
春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測している。
中国人の海外旅行といえば、観光客の「爆買い」を連想するが、今年は例年と違った傾向にあるようだ。今年は「爆輸入」、つまり観光客は買い物は越境ECで行い、これまでのような「爆買い」は減速傾向となっているとしている。 今回はこの中国人観光客の春節と越境ECの利用など、その傾向を見てみよう。

 

●今年の中国春節は? 中国人はどこへ何しに行く?

中国の春節とは、日本の旧暦の正月にあたる国民的行事である。この中国の正月、春節は旧暦を基にしているので、毎年時期が違っている。今年の中国の春節は2月15日(木)~2月21日(水)となっている。
今年の春節期間は、アメリカの人口を上回る4億人近くが鉄道を利用し移動し、工場、オフィイスはこの時期は休業となり、14億人の国民の多くが帰省する。
そして、この時期、国外へ旅行に出かける中国人も多い。 報告によると、今年の春節期間に海外旅行に出かける人は、650万人と過去最多となると予想している。
春節のこの時期、海外旅行で人気の高い国を見ると、トップがタイ、2位が日本、3位シンガポールの順になっている。この時期にタイへの旅行が多いのは、冬の寒さからの離れ、温暖なところで解放されたいという欲求からで、日本人がお正月にハワイやグアムなどに出かけるのと同じだ。

中国人の海外旅行トップテン

2位の日本への旅行の目的は、日本の雪を見るというのが流行っているようだ。訪日中国人のトレンドは北海道や青森で雪を見たり、温泉に入ったりすることのようだ。
下図、2018年の訪日旅行の予約者の増減分布地図を見てもわかるように、雪の多い地方、温泉地などに人気が集まっている。
中国人旅行者は地方に赴き、旅先では単に買い物をするのではなく、観光と同時に現地の生活、文化や風習体験といった「こと消費」指向が高まっているのではないかと推測される。

中国人の行きたいところ

 

●中国人観光客は「爆買い」から「越境EC」へ変化している

さらに今年の特徴は、越境ECの拡大である。中国旅行研究院によると、2017年上半期の中国人の国外旅行者数は前年同期比5.1%増と増加傾向が続いているが、海外での買い物額は37.2%も減っていると報告している。
また、越境ECを利用して買い物をする、越境EC輸入金額を見ると、2016年で初めて、1兆元(17兆円)を突破し、昨年2017年は1兆8500億元(30兆円)と1.7倍に拡大している。
さらに、経済産業省がまとめた日米中3カ国の越境ECを見ると、中国がアメリカから購入した商品の総額は前年の2倍、日本の場合は9倍と、日本からの購入金額が突出した結果となっている。
中国人消費者のこころを捉えているのが、「メード・イン・ジャパン」の商品である。 天猫国際の「日本館」は人気、売上のトップを維持している。また、昨年の11月11日の「独身の日」のセールでは日本が国別輸入先では第1位だったようだ。
つまり、中国人インバウンドでの消費は減少傾向だが、国内で越境ECを利用して買い物をする中国人が増えた。「爆買い」から「爆輸入・越境EC」へ消費行動は変化しているということなのである。
さらに越境ECを後押ししているのは、昨年12月に中国政府が行った輸入関税の引き下げである。中国にとって輸入額の増加は、中国企業の手数料収入を増加を意味し、国内経済にプラスになるのである。

Tモールグローバルの日本館天猫国際の「日本館」

 

●まとめ

先日のテレビ朝日のニュースでは、春節で訪れる中国人観光客の「爆買い」は影を潜めたと報道していた。ニュース内容は、中国人観光客は日本の商品を現地で商品を見定め、スマートフォンで越境ECサイトから購入するという驚きの光景だった。
中国人はインバウンドで買い物もするが、目的は首都圏での「爆買い」ではなく、地方のグルメ、文化、エンタテイメントといった体験を楽しむ観光に変化しているのである。

 

記事参考: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000029-mai-bus_all

地図出典: https://www.travelvoice.jp/20180205-105261

関連する記事

中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
訪日外国人向け ネットを活用したインバウンド型マーケティング... 訪日外国人向けにビジネスを仕掛ける場合、色々なアイディアが出てきそうだが、実際には店舗へ来てもらわないことには何も始めることはできない。 店舗に来てもらうためには免税店になる必要があるわけだが、店舗の立地に制限があるものの、それ以外は大して難しい要件はない。 いわゆるインバウンド型ビジネ...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。