スマフォECサイト3社のユーザビリティを比較してみた

イメージ画像

2015年のMMD研究所の調査では、スマートフォンの所有率が6割を超え、スマートフォンはSNSアプリを利用したコミュニケーションツールとして必須の存在となっている。また、スマートフォンを所有する15歳以上60歳未満の男女を対象にネットショップの際に利用するディバイスについて調べた結果によると、スマートフォンが圧倒的に多い結果となった。
そこで今回は、スマホECサイトの画面デザインで、どのような部分でユーザビリティの工夫がなされているかを見ていきたい。とりあげるECサイトはアマゾン、楽天、zozotownの3サイトで、あくまで消費者目線で「使いやすい部分」「使いにくい部分」などのユーザビリティのポイントなどを比較整理してみた。

 

1.ネットショップはPCからスマートフォンにシフト

2015年のMMD研究所の調査によると、ネットショッピングをする際によく利用するディバイスについてのアンケートをとったところ、「スマートフォン」と回答した人が70.5%となり、利用年代で高いのは10代という結果となっている。
また、スマートフォンで買い物をするのは、女性が多く、PCでの買い物は男性が多い傾向にあることがわかった。インターネットの利用時間などの調査でも、スマートフォンが70%と高い利用率で、インターネット・ディバイスとしては、確実にPCからスマートフォンに変化した感が強い。

hyo_01

hyo_02

2.ネットショッピングの大手3社、Amazon、楽天、ZOZOTOWNを比較

今回は3社のスマホECサイトを例に、どのようなところでユーザビリティの工夫がされているか、「どこが使いやすく」、「どこが使いにくいか」など消費者目線で、ポイントを絞り見ていきたい。今回はトップ画面と商品画面、購入ボタン画面を比較してみた。

 

①検索窓は3社、共通した内容になっている。検索ボックスの入力ボックス内にはメッセージがある。これがあることで、検索ボックスであるとい認識が高くりスムーズに入力を促すことができる。
②のナビゲーションアイコンは楽天とZOZOTOWNがピクト+文字で視認性もよく、分りやすい内容になっている。
③の一番にお知らせしたい情報は3社同じで検索窓の下に配置し、ZOZOTOWNのセール内容が目立っている。

hikaku_01

 

 

④商品画像はZOZOTOWNの画像表示が最も大きく、商品の細部を確認できる。
また、Amazonや楽天は別角度からの商品画像を見ることができる。このように多くの画像を閲覧できることで安心して買い物をすることができる。

hikaku_02

 

⑤の商品購入ボタンの大きさはZOZOTOWNが最も大きい。Amazonは他に比べ高さはないが立体的な表現でボタンとしての視認性が高い。
⑥のSNSでのシェアボタンについては、Amazonはマークのみだが、楽天はピクト+文字でこちらもナビゲーション同様に視認性を高めている。

gazou_03

 

 

 

まとめ

今回はスマーフォンでのECサイト3社を比較したが、そのサイトも綿密に考えぬかれた結果のデザイン、つまりユーザビリティであることがわかる。どのサイトもシンプルな構成で色調などもクールなものになっておりビジュアルとテキストの関係も程よいものになっている。
特にAmazonは白をベースとしたクリーンなイメージとシンプルな構成。さらに、テキストや色調を最小限におさえることで、スマートフォンの特徴や制約に考慮されたものになっている。

関連する記事

経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
オランダでEcommerceWikiがスタート EcommerceWikiをご存じでしょうか? オランダでは数社の企業がこのEcommerceWikiをスタート。これは、専門家が世界中で集めたEコマースに関する話題や情報が満載。Eコマースのプラットフォームやソーシャルメディアの使い方、宣伝広告、販売など注目のサイトである。 Ecomme...
35歳までの生き方で決定的に違う未来が確定してしまう?... このブログを読んでいる人はおそらく20代から40代だと思われる。特に多いのが30代だ。 30代と言えば、圧倒的に実力の差がつく年代で、特に35歳を境に決定的に違う未来が確定してしまうとされる年齢である。 ここで、信じるかどうかはあなた次第だが、世界のロックスターがピークに到達する平均年齢も...
顧客とエンゲージメントするコンテンツマーケティング手法とは?... 2015年も12月に入り、一年を振り返る時期となった。今年のキーワードの一つに「コンテンツマーケティング」がある。自社商品や自社ブランドに対してコンテンツマーケティング的アプローチが注目され、広がりをみせた。コンテンツマーケティングのアプローチとして重要なことはエンゲージメント、つまりユーザーと...
越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
押さえておきたい! リスティング広告の基本... 「ECサイトショップの品揃えも充実してきたことだし、もっと集客率をのばし、売上をアップしたい!」または、「なにか商品広告を出したいけど。ECサイトの商品広告はバナー広告が王道かな?」といった方におススメなのがリスティング広告だ。 ECサイトは集客から販売までネット上で完結できるため、数値で管...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ