翌日配送で越境ECのビジネスモデルが根本から変わる!?

   投稿者 : 2018年10月8日 By

Live Commerce はDHL国際配送プラグインをリリースしました。
今回のリリースは、越境ECのビジネスモデルを大きく変革するほどのインパクトがあります。

なぜかというと、海外配送と言えば大方の人は日本郵便のEMSを思い浮かべるのではないかと思います。基本的に日本全国で取扱をしていない郵便局はほとんど無いですし、簡単なラベルに海外先住所を記載するだけで誰でも簡単に利用できますし、海外販売の登竜門であるeBayでもEMSの伝票印刷にも連携していることからEMSを利用することが今まで海外販売では主流でした。

メリットとしては、近くの郵便局で手軽に利用できる一方で、EMSの国際配送は3日から7日ぐらいと、ネットショッピングになれたユーザーからすれば大幅に配達日数がかかることが知られています。

DHLではアジアには翌日、欧米各国でも翌々日営業日着という圧倒的なスピードがあります。

DHLは従来からこうした競争力のある物流インフラを持っていながら、我々のような越境ECセラーとしては遠い存在でした。その理由が複雑な管理画面(非常に使いづらい)と出荷までの手間だと思います。また、DHLはAPIを用意していながら、amazonやeBayを除き主要な大手カートすらあまり連携がされていませんでした。今まではネットショップ向けのソリューションというよりも、一般貿易でのBtoB利用の方が多かったと言われています。(DHL営業担当者より) この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: 海外向けマーケティング, 海外市場 | コメントはまだありません »
 

EUのことだからと放ってはおけない、EUの著作権法改正案とは?

   投稿者 : 2018年10月3日 By

イメージ画像

EU(欧州連合)は2018年5月25日、「GDPR」という”個人情報に関する法律”を施行したばかりだが、9月12日には、著作権指令に関する修正指令案を可決、承認した。
この内容は最終的には2019年1月の投票により、成立される方向だが、「GDPR」につづき、「著作権」に関しても新たな内容が組み込まれ、成立する見込みである。
この「改正著作権法」は成立すれば、「GDPR」と同じようにEU圏外の国にも大きく広がる可能性がある。
今回はこのEUが施行しようとしている「改正著作権法」について見ていこう。

※「GDPR」の詳しい内容についてはこちらの 『越境ECにも影響するEUの「GDPR」対策行ってますか?』ブログで

この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

インバウンド集客には何が重要か

   投稿者 : 2018年9月27日 By

イメージ画像

2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。
その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け入れを示している。
ただ、受け入れには積極的ではあるが、具体的な集客についての取り組みついては、「実施している」と回答した企業は25.8%で、その取り組みについては、まだまだ行われいない実情を示している。
今回は、この調査結果の内容をベースに、インバウンド集客について、どのような取り組みが必要かなど見ていこう。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: インバウンド, 未分類 | コメントはまだありません »
 

越境EC マレーシアのポテンシャルは?

   投稿者 : 2018年9月19日 By

イメージ画像

9月3日、東京都は越境ECで中国向け販売、マレーシア向け販売を支援する事業を開始した。
これは中国とマレーシアの現地モールに特設サイトを開設し、販売するというものだ。中国では、「寺庫(スーク―)」モールサイトで、マレーシアは「11street(イレブンストリート)」での販売となる。 東京都が越境ECで支援する中国向け販売と、マレーシア向け販売だが、東南アジアEC市場は2年前と比べると大きく様変わりしている。
マレーシアの人口は3,100万人、国民1人あたりのGDPは9,945米ドルとASEANの中ではシンガポール、ブルネイに次ぐ第3位。そして、地理的にもASEANの中心に位置し、インドや中国と隣接しているため、今後、最も発展が望める国とされている。
今回は、この東南アジアでも成長著しい、マレーシアのEC事情について調べてみた。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

押さえておきたい! SNS広告の基本と特徴

   投稿者 : 2018年9月13日 By

イメージ画像

WEBサイトへの集客にはSEO、コンテンツマーケティング、ディスプレィ広告、SNSの運用など多義にわたる。
そして、SNSに関してはその国内利用者は、7500万人以上にのぼり、インターネット利用者であれば、なんらかのSNSを利用していると言われている。
このSNS利用者に向けて広告を配信し、運用するのが「SNS広告」である。 なかでもよく比較されるSNSは、「Facebook」「Instagram」「Twitter」である。
「SNS広告」は、どれも同じように発信すれば良いとというものでななく、それぞれの特徴があり、広告機能も異なる。最適な広告運用を行うには、その特徴を把握し、自社の商品、サービスに合致した「SNS広告」を選択し、活用する必要があるだろう。
今回は、「Facebook」「Instagram」「Twitter」の3つの「SNS広告」ついて、その特徴、メリット・デメリットなどを見ていこう。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »