越境EC市場の広告は失敗のしようがない6つの理由

   投稿者 : 2020年2月10日 By

越境ECを始めると、私は法人企業の勘違いを是正する必要があると思っています。それは国内ECで成長してきたプロセスは全く通用しないということです。まず、越境ECやインバウンドでマーケティングを考える前に日本のITの巨人たちが行っていることを確認しておく必要があると思います。

1.国内ECで年商50億円でもゼロからのスタート

例えば楽天・Yahooショッピング・amazonの3モールで年商50億円ほど企業があったとします。年商50億を作ったのはこの企業ではなく、この企業ページに顧客を送客した楽天・Yahooショッピング・amazonのマーケティング戦略ありきで年商50億円なのです。その後、モールで成長を実感した企業は例外なく自社サイトの立ち上げに挑戦しますが、モール売上と比べて売上の1割すら作ることが困難なことに直面するはずです。なぜなら自らの戦略で市場から顧客を創造し、顧客に価値あるメッセージを表現したことがないからです。モールが顧客を送客しているこの壁から抜けられない限り、自社サイトをやっても、実は越境ECサイトをやっても売上を作ることは極めて難しいと言えます。 この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

海外向けネット通販(越境EC)でDHLを使ってはいけない理由

   投稿者 : 2020年2月5日 By

普段、私はネガティブキャンペーンをやることはないのですが、DHLの法人対応にしろ、一般顧客対応にしろ、DHLが顧客に対する対応がこれほどまで悪いと思っていなかったので、私の怒りも込めてぶちまけます。不満がここまで溜まるとは思いもよりませんでした。

DHLさん、これをよく読んでください。そしてそれなりの対処をしてもらえれば、この記事は削除します。

なを、これは私がネガティブキャンペーンをやろうといくつかの顧客に尋ねたところ、同様の感情をお持ちの社長さんも多かったため、私を含め当社顧客の声だと思ってください。

 

 

DHLといえば、日本郵便に代るラストワンマイルまでの確実なお届けを約束してくれる、配送日数がEMSよりも早い、、、という期待をもってスタートしましたが、DHLさん、あなたたちのサービスはBtoCのレベルに至っていないことがよくわかりました。

これから海外向けネット通販(越境EC)でDHLを使うことを検討している方もいると思いますので、DHLを安易に使ってはいけない理由を私が経験したことを元に、詳細に解説したいと思います。

 

1、(一般消費者に対する) 顧客対応が悪い

私たちが運営する Discovery Japan Mall で高額の時計を買っていただいたお客様がいました。そのお客様はDHLを指定配送方法として選択し商品の受け取りを楽しみに待っていました。米国通関の際、お客様は商品の受領をする際に、DHLから商品の素材、素材の価格などの商品スペックに関する詳細資料を提出せよと命じられました。お客様はそんなものはわかるはずもないので、当然私たちに助けを求めてきました。 この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 知識 | コメントはまだありません »
 

ECサイトに必須のEC接客機能とは

   投稿者 : 2020年2月4日 By

タイトルイメージ画像

ECサイトの機能で接客機能で代表的なものは何か、ご存知でしょうか?
「この商品を買った人は、こちらの◯◯も買っています」など、訪問ユーザーへお薦め商品情報を提案するレコメンド機能がそれにあたります。
「レコメンドエンジン」はウェブ上の接客と言われ、訪問者の購買や行動履歴に基づき、ユーザーが望むだろう情報を提供し、ECサイトの売り上げを上げたい、サイト訪問者の滞在時間を増やしたい、PV数を増やしたいなど、効果絶大な機能である。
今回は、このレコメンド機能の種類、メリット、デメリットなど整理した。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , , , ,
カテゴリー: amazon.com, Eコマース | コメントはまだありません »
 

越境ECビジネスモデル塾 テスト済み越境ECの意味について他

   投稿者 : 2020年1月30日 By

今回の配信は 2020年 1月31日配信分の要約になります。

当社のウェブサイトには「テスト済み越境ECでスタートできます」とコピーを掲載しているのですが、これを書いたのは私自身です。というのも、プロはどんな商材であっても蓄積したノウハウと経験により確実に成果をだすことが保証されていなければなりません。必ず再現させることです。越境ECであるならば海外からの注文をオンライン上で作り、利益を生み出す事業として成立させるところまでです。

ですが、先日とある会社の打ち合わせに参加して、いまだにこんな会議をしていたので、ちょっと紹介したいと思います。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: 知識 | コメントはまだありません »
 

ユーザーの高い利用率 「YouTube」の強み

   投稿者 : 2020年1月29日 By

タイトルイメージ画像

昨年12月19日、ニールセン デジタル株式会社はスマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2019年の日本国内のトータルデジタルとスマートフォンのインターネットサービスの利用ランキング、「Tops of 2019: Digital in Japan」を発表した。
この内容を見ると、トータルデジタル(PC、スマートフォンなどのディバイス)で利用するWEBサービスでは、トップが「Google」、次に「Yahoo Japan」、「YouTube」の順となっている。
スマホアプリ利用では、1位は昨年に続き「LINE」、2位には「YouTube」等がランクインしている。さらに、スマートフォンアプリの利用時間では、トップが「LINE」、2位が「YouTube」、3位に「Google Map」となっている。そして、この上位3位内全てにランクインしているが「YouTube」であった。
近年、「YouTube」は利用者が増加しており、YouTube広告もサイト誘導率が高いという調査結果もある。
今回は、このニールセンの「Tops of 2019: Digital in Japan」の内容を紹介しつつ、「YouTube」利用のメリットなど見ていこう。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: SNS | コメントはまだありません »