新型コロナ感染症に関する給付金、補助金・助成金+ 海外販路拡大に関する最新補助金・助成金情報(5月)

   投稿者 : 2020年5月7日 By

タイトルイメージ画像

5月は別名「皐月(さつき)」と呼ばれている。これは、この時期の田植えを意味する早苗月(さなへつき)から皐月になったと言われている。
5月に入っても、新型コロナ感染症は拡大しており、日本政府は、5月4日(月)新型コロナの緊急事態宣言を5月31日まで延長すると発表した。
今回は現在、日本政府が示している、新型コロナに関連する給付金、補助金・助成金内容と国、地方自治体が支援する、海外販売に関する補助金・助成金についてまとめた。
補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。
補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件が合致しても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
また、補助金・助成金は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではない。 事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
日本政府は今年、2020年は中小企業の輸出総額を2010年比の2倍にするという目標をあげている。そのため、今年は国、地方自治体は、企業の海外販路拡大支援として多くの補助金・助成金をにより、積極的なサポートを行っている。
今月も多くの越境EC構築や海外販路拡大のための補助金・助成金の新規案件公募がなされているのでご確認願いたい。 この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: インバウンド, 助成金 | コメントはまだありません »
 

新型コロナ 「巣ごもり消費」で売上げがアップしてるもの

   投稿者 : 2020年4月28日 By

新型コロナウイルス感染症拡大は、深刻な経済の悪化を招いており、実店舗での消費活動が大幅に減少している。
3月前半と3月後半では、さらに消費者の購買活動は後退している。そのよう中、活動が活発になっている業種もある。それは、オンラインショッピングである。
外出の自粛、リモートワーク、学校の休校などによる「巣ごもり消費」が急速に拡大しつつある。
「巣ごもり消費」とは一日中、家で過ごし、家の中からお金を消費する行動を指し、オンラインやテレビショッピングなどの買い物行動である。
例えば、アパレルのユナイテッドアローズでは、実店舗の売上が2.5%減だったが、自社オンラインショッピングでは8%増となっている。
今回は、今この時期、ECで売上が伸長している分野や店舗、さらにEC関連企業の支援などについて調べてみた。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: ECサイト | コメントはまだありません »
 

今だからこそ、海外販路拡大は補助金を活用する

   投稿者 : 2020年4月21日 By

タイトルイメージ画像

4月10日、IT導入補助金2020公募要領が発表された。IT導入補助金とはITツールを導入した際に、経費の一部を補助する国からの支援金である。
このIT導入補助金を活用すれば、越境ECを構築する際の費用や広告など販売促進にかかる経費を補助することができる。
今年は、新型コロナウィルス感染症により、外出自粛が厳しく制限されているなか、今だからこそ、「越境ECサイト構築により新たな海外販売の確立」、「感染症収束後、すぐに販促活動を行うための準備」として補助金を申請し、海外展開に役立てたい。
今回は「IT導入補助金」の概要と規模は少額となるが、採択率の高い「小規模事業者持続化補助金」について、2020年の公募内容を紹介する。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , , , ,
カテゴリー: 助成金 | コメントはまだありません »
 

【越境EC・インバウンド】海外向けアフィリエイト広告ソリューション サービス開始

   投稿者 : 2020年4月17日 By

アフィリエイト広告とは、成果があったときだけ広告費を支払えばよいという完全成果報酬型広告で、GoogleやFacebookのように成果がなくてもクリックに対して課金される広告と比較するとリスクがない広告です。

広告市場規模は2881億円、2019年は3,133億円、年10%弱ですが、過去15年ずっと成長している市場です。
成果報酬型広告は使う側にしてみればリスクがなく理にかなった広告モデルですね。 この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

新型コロナに負けない 中国のライブコマース的活路

   投稿者 : 2020年4月17日 By

タイトルイメージ画像

デジタルマーケティング会社のmeyco株式会社は4月14日、新型コロナウイルスの市況変化を踏まえた上で、海外施策、越境ECなどを実施していた企業を対象に、今後の海外展開にどのような影響があるかなど、その実態についてアンケート調査を行い、その内容を公表した。
その結果によると、88.5%は今後も海外施策を展開すると回答し、海外進出先をとして、検討したいのは、中国、台湾が選出されていた。
中国は現在、新型コロナウイルス感染症が収束に向かっていると発表してるが、この新型コロナの影響から、非接触リテール、つまりライブコマースによるEコマースによりEC消費を拡大させた。
今回は、この新型コロナウイルス拡大時に売上を大きく好転させた、中国ライブコマース事例などを取り上げる。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: 中国, 中国EC, 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »