商品ブランドを定着させる方法 – Part1 Periscope

   投稿者 : 2016年1月31日 By

 ツイッターの動画ストリーミングアプリを使用したブランディング

Periscope」とは? これはツイッターが昨年度新しくリリースした動画ストリーミングアプリである。既に存在する「Meerkat」 と同じようなアプリで、このアプリの機能にない自動24時間セーブ機能などが追加されたものである。
Live Commerceブログでも一度紹介している。

数多くの企業がブランディングのツールとしてこのアプリに注目している。
ここで最初に「ブランド」と「ブランディング」の違いを明らかにしておこう。

ブランド – 会社や製品など「個」に抱く知覚(イメージ)の総称。顧客や市場などの社外の人々が持つイメージだけでなく、社員や株主などの内部の関係者が持つイメージも含む。

ブランディング – 顧客や市場が持つイメージに影響を与える全ての活動を指します。より良いブランドを創るために、顧客や市場などの認知だけでなく、社内や株主などの関係者にも影響をおよぼす必要がある。

ブランドを構築できれば、市場における価格の優位性、顧客ロイヤリティ、さらには関連分野への新規参入や展開がしやすくなり、競争力が増し、企業や製品のブランド価値の増大は、企業全体の価値の増大につながる。そのため、マーケティングの中でブランドは重要事項のひとつとして位置づけられている。

ここでは、PeriscopeとMeerkatを上手く利用してブランディングをするポイントをまとめてみたい。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: 国内向けマーケティング, 海外向けマーケティング | 1件のコメント »
 

メーカー・卸問屋 ECサイトの価値 – 新たなビジネスモデルの創造

   投稿者 : 2016年1月30日 By

ネットショップで購入する消費者が増える中、メーカーと卸問屋はますますビジネスモデルの転換がせまられている。

ネットショップをやる意味が最も大きいのはメーカーだからである。
利害関係を一切無視すれば、ネットショップなら生産者と消費者を直接結ぶことが可能である。
リアルビジネスと異なり、デジタル仮想空間ではデータ量は無限大、流通はメーカーが直接消費者へ商品を販売することが可能だからだ。
Nikeやアディダス、The norce face、アバクロンビなどはメーカーでありながら直販サイトを運営していて、メーカーにしかできない限定品や復刻品の販売でネット通販経由での売り上げを伸ばしている。

ここで問題になるのが、リアルビジネスでいう卸問屋との関係をどのように保つかである。 この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

Facebookで集客するときの気をつけたいポイント8つ

   投稿者 : 2016年1月29日 By

イメージ画像

今年に入ってFacebookの「いいね!」のマークの種類が増えたのをご存じだろうか?
従来の「いいね!」が「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6種類に分けて、実装を開始した。この気持ちの分別、はたしてユーザーはついていけるのだろうか?
今回は、このFacebookの「いいね!」や「シェア」をより多く獲得して、リーチを広げるためのポイントについて紹介する。 この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

懇親会・Live Commerce交流会 開催について

   投稿者 : 2016年1月29日 By

2月19日・東京渋谷で開催されるLive Commerceの次回のセミナーですが、セミナー終了後、同ヒカリエ内にて懇親会を開催します!

参加のメリット
セミナーでは聞きづらかったことや、目的意識を共有できる参加者様同士の交流、またセミナーではお話しできなかった裏話など、参会者の皆さまと交流をしたいと思っております。

普段はオフィシャルのブログなどで情報共有をはかっておりますが、越境ECの最前線情報、ブログでは伝えられなかった生の情報などを越境EC No1 ASPである当社が参会者の皆さまと共有できたら幸いです。

 

日時:2月19日(金曜日) 18時 ~ 21時ごろまで
場所:渋谷ヒカリエ内 セミナーと同じビル内ですので、移動はありません。
地図:こちらをクリック【渋谷駅徒歩1分】
お店:後日ご連絡します。
人数:先着30名(1社3名様まで)
費用:4,000円/名 当日払い
申込期限は2月5日までとなります。

申込はメールにてお願いします。
返信にてお名前、社名、参加者数をご記入ください。

タグ: , ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

色の持つイメージ:グレーは高品質をイメージできる

   投稿者 : 2016年1月26日 By

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。
私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
1月も後半、まだまだ、北風吹く寒い日々が続いている。1月のイメージはモノクロームというワードが似合う。ある調査で、東京の大学生に東京のイメージカラーのアンケートで、第一位に選ばれた色がモノクロームつまり、灰色、グレーだったようだ。東京はコンクリート建築が多いから、街並みや空気が灰色っぽいからという理由からである。今回はこの、モノクローム:灰色、グレーをとりあげその特徴など見てみよう。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »