Google AdWords 動的検索広告のコスパが凄すぎる

   投稿者 : 2017年4月22日 By

花見も終わり、春本番ですね。
気温の上昇と比例して私たちの活動も活発になる中、Live Commerceを使うユーザーには絶対に外せない広告技術がGoogleから発表されました。

動的検索広告、2016年10月頃に発表され2017年4月現在では日本語で全ての機能が利用できるようになっています。

今までの常識だと、マーケティング担当者が自らの経験と勘に頼って最初は候補キーワードを探して、それに基づいて広告を作っていたわけです。そこからが緻密な作業の繰り返しによって改善・改善・・・となり、やっと成約になるキーワードを2−3ぐらいに絞り込んで、費用対効果が最大になるよるうに調整していた、、ここまで成果を出すのに早くて2−3ヶ月程度、場合によってはWEBサイトの改善も必要になるのでもっとかかるわけです。

これが現在当社も行っているGoogle AdWordsの一般的な運用です。ですので、キーワード広告と言うのはGoogle AdWordsを担当する「人」もしくは運用する「業者」の経験値がかなり影響してきます。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: Google AdWords, 国内向けマーケティング, 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

世界第2位、アメリカの越境ECの現況は?

   投稿者 : 2017年4月19日 By

イメージ画像

2016年の世界EC市場規模は2.0兆ドル(約230兆円)に達すると言われ、2015年より25%増となるようだ。
さらに2017年のEC市場はさらに拡大し、2.5兆ドル(約290兆円)と予想されてる。2020年には4兆ドル(約460兆円)になると見込まれている。
変わって越境EC市場をみると、PaypalとグローバルマーケティングエージェンシーIpsosが実施した全世界の32の市場を対象にした越境ECの消費動向によると、越境EC32市場の中で、越境EC利用している国のトップは中国の4,460億元(7.1兆円)で、2位はアメリカの440億ドル(4.8兆円)となっている。
今回は、この世界第2位のアメリカの越境EC市場に関する動向などについて見ていこう。
この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: amazon.com | コメントはまだありません »
 

海外販売のウェブマーケティングについて

   投稿者 : 2017年4月17日 By

以下の図は、社内でも活用していますが、海外販売を行う際に、ABCDのどのポジションからスタートするのかを整理した図です。

縦軸が地域で横軸がモールか自社サイトかを分類したものです。
結論からいうと、次の選択肢しかありません。

初期費用が300万以上

  • 中国向け: Tmall・自社サイト
  • 欧米向け: Amazon・eBay・自社サイト

初期費用が300万以下

  • 中国向け: JD or VIP.com ・ 自社サイト
  • 欧米向け: Amazon・eBay・自社サイト

この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

メーカー側から見た海外販売の全体像 – 越境EC販売マップ

   投稿者 : 2017年4月12日 By

当社への問い合わせで増えているのが、メーカーが海外販売をこれから仕掛ける時に、どうやって海外に販売すればいいのかという、抽象的なお問い合わせが多くなってきています。

2015年、2016年と年々越境ECへ参入する企業が増える中、毎月のように越境EC関連の新サービスなどのニュースが飛び交っていますが、当社は一貫して自社サイトの販売とモールの販売に関する独自戦略で海外からの売上を毎月増やしてきました。

当社はDiscovery Japan Mall 越境ECで自社で海外販売を行うにあたり、モールと自社サイトの両方で試行錯誤しながら売上を作ってきました。自社サイトを宣伝するときのポイントや、欧米系・中国系モールと本店自社サイトの使い分けについて、私の知見を紹介したいと思います。

本稿の対象は製造・販売する日本メーカーです。
複雑化するサービス支援などの業者が乱立していますが、最終的に誰に何を頼めばプロジェクトの失敗確立を減らせるのか、、、越境ECサービスが増える中で、ポイントはどこなのか、今回は私の独断と偏見に基づき、越境EC販売マップを作成しました。 この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

インドの越境ECポテンシャルは?

   投稿者 : 2017年4月12日 By

イメージ画像

今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。
それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。
インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている。今後はインターネットインフラが整備されることで、ますます、EC市場は活況すると予測されている。
先日もソフトバンクは、インドで隆盛を誇るAmazonに対抗するため、インドのECサイトFlipkartとSnapdealの合併交渉を進めているとの報道があった。
今回は今、注目のインドのEC市場ポテンシャルとインドの有名なECサイトなどについて見ていこう。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: 未分類, 海外市場 | コメントはまだありません »