加速するアメリカのインフルエンサー事情

   投稿者 : 2019年9月4日 By

イメージ画像

情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。
広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティング」が重要視される傾向にある。
インフルエンサーというと、中国のKOLを連想されるが、アメリカでもインフルエンサーによる広告が大きな市場(経済効果は約560億円ほど)となっており、今、最も急成長しているメッセージ発信方法の一つとなっている。
今、スマートフォン、SNSの時代となり、多くのフォロワーと広いリーチを持つインフルエンサーの人気を利用し、商品を宣伝し、アピールするのがインフルエンサーマーケティング戦略である。
今回は、アメリカで急成長するインフルエンサーマーケティングについて、その現状や注目のプラットフォーム、インフルエンサー起用のポイントなどをまとめた。

この投稿の続きを読む »

タグ: , ,
カテゴリー: トレンド, 未分類, 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

Googleショッピング広告は何処へ向かう

   投稿者 : 2019年9月2日 By

イメージ画像

昨年(2018年)7月に「Google AdWords」の名前が「Google広告」に変更になった。これは、「Google AdWords」という名前が浸透していた中での名称変更で、大きな話題となった。
「Google AdWords」という名称は18年も使用され、その機能や使い方などの多くの書籍が出版されて、認知度も高かった。だが、新機能のリリースも多く、書籍が「Google AdWords」の仕様変更に追いつていないという現状がある。
この「Google広告」という名称に変更された時も、テキスト広告のルールが大幅に変更され、テキストで消費者に伝えられるメッセージの量が大幅に増加し、テキスト広告の文面を再考する広告主が増えた。
Google自体、広告ルールのアップデートを定期的に行うため、常に最新の状況をふまえ広告を最適化し、出稿しないと、効果が半減された広告を出稿すことになる。
今回は、この1年間でアップデートされたGoogleショッピング広告機能の主なもの、さらに今後、新しくリリースされるだろう、Googleショッピング広告についてまとめた。

この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: Google AdWords | コメントはまだありません »
 

越境ECのメリット「消費税還付」とは

   投稿者 : 2019年8月27日 By

イメージ画像

越境ECで商品を販売する場合、商品の仕入れにかかった消費税は、条件が揃えば、申請することにより還付される。海外販売は消費税免税となるのである。
越境ECや海外輸出の場合、申請すれば、消費税は還付されるという「消費税還付」というキーワードは身近なキーワードであるが、実際に消費税還付を受けるには条件があり、書類では何を用意しなければならないのかなど、十分把握されていないケースが多く、書類不備で還付を受けられないというケースもある。
つまり、「越境EC(海外販売をしている)」=「消費税の還付を受けることができる」訳ではなく、
一定の条件を満たしたうえで、税務署へ申告しなければならない。
今回はこの「消費税還付」のポイントについて解説する。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: amazon.com, 知識 | コメントはまだありません »
 

甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果

   投稿者 : 2019年8月23日 By

イメージ画像

8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。
そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。
「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。
なぜ、「インバウンド」がトレンドワードとなったかだが、これは、9月20日から始まるラグビーW杯2019に関連する「インバウンド効果」の増長と、8月20日から日本のラグビーW杯開催12都市で、12,000点以上のアイテムが開催都市を彩り始めたからだ。
開催地では順次、街頭バナー、のぼり旗などの装飾アイテムが街を彩りラグビーW杯を盛り上げることになる。
今回は来月9月20日から行われるラグビーW杯2019の予想以上に大きくなるだろうインバウンド効果や対策について調べてみた。

この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: インバウンド, トレンド, 未分類 | コメントはまだありません »
 

新規事業を創れる人、創れない人

   投稿者 : 2019年8月23日 By

答えのあら探しをする人、答えを創造する人

日本の現代社会、人口減社会では、国内の消費人口が2030年以降、急激に減ることが分かっています。2019年現在では、まだそこまで消費減少とまでは影響は出ていませんが、これ以上消費が伸びることはこの先はありません。従って企業も個人事業主も特に45歳前後の社員の方は、会社に在留して定年までの自分のキャリアを躍起になって確保するか、潔く会社を去って、起業して自分の第2のキャリアを構築するか、悩ましいところです。

なぜ、今日私がこんなことを書こうと思ったかと言えば、私は過去10年ぐらい自社のLive Commerce というビジネスソソリューションを販売する中で、多くの企業担当者と新規事業に関する案件で接する機会がありました。Live Commerce は海外向けに日本のものを販売する為の支援ソリュションですから、企業の大小はあれ、どの企業でも新規事業の部類に入ります。新規事業は大企業であれば、経営企画室や経営企画推進室のような部署がアサインされます。中小企業や個人事業主では社長自身が事業を統括することになります。

私は過去10年間、ほぼ毎日のように企業の新規事業を作る担当者と何らかのコミュニケーションをとっていた日々を思い返す中で、うまくいったケースで、最終的に脱サラして起業して成功した人とそうでないケースが過去を振り返ってみると、自分になりに説明することができるまでの経験と知識がその過程で形成されていきました。

40代のサラリーマンには2つ選択肢しかありません。

起業して自分の第2のキャリアを構築するか、それとも会社に残留して定年までの間に、自分が代表できる新規事業を創って、今後新たな社員が入ってきたとしてもその既得権で居座るかです。特に45歳を過ぎた人にとってはなんとなく過ごしていても、会社ではどんどん居場所がなくなっていきます。新規事業を立ち上げて成功すれば、自分自身が最も情熱的になれる場所を得られます。それはまさに成功した歌手と同じです。自分の好きなことをしてお金を稼げるからです。

新規事業を立ち上げて成功することには、それぐらいのインパクトを持っているということなのです。

今日のブログでは、新規事業を創れる人、創れない人を説明したいと思います。この説明にあたって、立教大学経営学部教授が執筆した事業を創る人の大研究は大変参考になりました。一部は確かにそう思うものがありますが、実体験からそうでないものもありました。私が10年間で経験した新規事業を創る時に参考になったことを書いてみたいと思います。 この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: 起業 | コメントはまだありません »