Live Commerce で作る予約販売商品の設定

   投稿者 : 2016年12月20日 By

Live Commerce には正確には予約販売機能というものはありませんが、予約販売は運用でカバーできるため、予約販売を行いたい方はやってみましょう。

予約販売を行うには、クレジットカード決済としてペイジェントとの契約が不可欠になります。(予約販売を代引きで行う場合は必要ありません)

ペイジェントのクレジットカードと契約ができると、お客様のクレジットカード番号の与信期間として最長60日間保持することができます。

以下のような運用ができます。

  1. 予約商品を通常の商品と同じように登録します。
  2. お客様はその商品を本日購入します。
  3. 60日間の与信期間があるので、その間に発送を行います。
  4. ペイジェント側で発送を行った日に売上確定処理を行います。
  5. 顧客は 4の日時が実際にはカード会社として利用した日になります。

以上で予約販売を行うことができます。

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

Discovery Japan 商品リスト広告が開始されました

   投稿者 : 2016年12月19日 By

Google ではおなじみですが、商品名の一部や、商品型番検索などをした時に商品画像と価格が同時に表示されることがあります。
これはGoogleが提供する商品リスト広告と言って、日本以外に世界中に配信することができるGoogleの広告商品です。


検索した時に、商品画像と価格が同時に表示されるのがGoogleの商品リスト広告です。

Discovery Japan Mallに登録されている全商品が本日より以下のサーチエンジンの商品リスト広告として掲載が開始されました。幾つかのショップでは検索エンジン経由での注文が既に入っていますが、今後露出範囲を拡大し、Discovery Japanに出店するだけで全世界に商品を探してるユーザーへリーチ出来ように商品リスト広告の拡大を予定しています。

本日までに掲載が完了している国

  • シンガポール
  • イギリス
  • オーストラリア
  • 南アフリカ
  • カナダ
  • アイルランド
  • ニュージーランド
  • アラブ首長国連邦
  • アメリカ
  • ノルウェー
  • インド
  • スイス
  • デンマーク
  • メキシコ
  • ベルギー

今後配信予定の国

  • フィリピン
  • マレーシア

現在、Discovery Japan Mallへ出店中の方につきまして、Google ショッピングの掲載結果の順位を上げるには、商品登録時に以下の点に注意して登録していただくと上位表示されやすくなります。

  • 商品型番にJANコードを使用する。
  • ブランド名を必ず登録するようにする。
  • 商品画像の背景は白を使う。
  • 商品名に抽象ワード(メンズ、靴など)を含めるようにする。
  • 商品説明文を200文字以上記入するようにする。
カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »
 

海外のECサイトマーケット情報

   投稿者 : 2016年12月19日 By

イメージ画像

海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。
まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われる。 この投稿の続きを読む »

タグ: , , ,
カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

年末年始休業のお知らせ

   投稿者 : 2016年12月16日 By

平素はLive Commerceをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
年末年始の営業に関して、ご案内を申し上げます。

弊社は下記の期間、休業とさせていただきます。
休業期間中はサポートを休止させていただきます。
ご利用中のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

■年末営業:
2016年12月26日(月) まで

■年末年始休業期間:
2016年12月27日(火) ~ 2017年1月4日(水)

■年始営業:
2017年1月5日(木) 9:00より

■休業期間中のお問合わせ:
休業期間中にいただきましたメール・新規申し込みは2017年1月5日より順次ご対応させていただきます。

電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
 

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »
 

問われるキュレーションメディア! 今後はどうなる?

   投稿者 : 2016年12月14日 By

画像01

先日、キュレーションサイト「Welq」の内容に不適切な記事が掲載されていたとして、株式会社DeNAは謝罪し、非公開とした。キュレーションメディアは今年のトレンドとして多いに伸びた分野だ。キュレーションサイトは、PV数も多く稼げるというメリットなどから、アクセス目的でサイトを立ち上げるなどあったことは事実だ。
このような現状から、キュレーションサイトはメディア全体の質の低下や著作権問題など、多くの問題点を指摘されていた。
今回は今、岐路にあるキュレーションメディアについての現状と今後について見ていこう。 この投稿の続きを読む »

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »