« ブログのトップページに戻る

今更聞けない!フォント選びの基本

   投稿者 : 2015年6月23日 By

イメージ画像

Webデザインを行うとき、色と同様にビジュアル面で大変重要な要素となってくるのが、どのようなフォント、書体を選ぶかということだ。Webデザインをはじめるときは基本的な書体を選び、全体として統一する方がよい。いろいろな種類のフォントが混ざってくると、統一感のない、まとまりのないデザインになってしまう。
また、Webデザインでは印刷物に比べあまり、フォントに関しては重要ではないとされるが、どのようなフォントを選ぶかで印象は大きく変わる。
今回は押さえておきたい“フォント選びの基本”についてまとめてみた。

 

1.Webデザインではなぜ、フォントにこだわれないのか?

Webデザインの場合はフォントの指定はCSSで設定するが、指定したフォントが特殊だった場合、ユーザーのパソコンに指定したフォントが入っていないと表示されない。CSSで設定するフォントはユーザーのパソコンでデフォルトで入っているフォントの中で設定することが第一となる。

※Webフォントという技術を使えば、ユーザーの環境に依存しないで、テキスト表示はできるが、まだ、日本語に対応したフォントは少ない。

さらに、文字サイズの指定も最小単位は1ピクセルであるので、たとえば、10.5ピクセルと設定しても、ブラウザごとに解釈が違い、レイアウトが崩れる可能性が高い。
また、文字間を印刷物のように細かく一文字一文字を文字ツメすることができないなど、Webにおいてはさまざまな制約があり、印刷物のように細かい設定ができないことを理解したうえでデザインを行わなければならない。

 

2.フォントの基本は「明朝体」と「ゴシック体」である

Web、印刷物に限らず、フォントの種類は大きく分けて二種類である。セリフ体である「明朝体」、セリフのない、サンセリフ体の「ゴシック体」である。
「明朝体」は横線に対して縦線が太く、線の末端に「とめ」「はらい」、「ウロコ」のある書体である。一般的は明朝体は「可読性」が高く、文章が長くなっても目が疲れない書体である。明朝体は新聞や雑誌といった長文を扱う時に用いるのが一般的だ。
「ゴシック体」は横線と縦線の太さがほぼ同じである。ゴシック体は明朝体より「視認性」が高く、はっきり見え、よく目立つ書体といえる。プレゼン用のスライドのテキスト、ポスターやチラシのタイトル、見出しに用いられる。

フォント01

 

3.「明朝体」と「ゴシック体」の印象は?

フォントは文章を伝えるだけではない。フォントには色と同じようにイメージを伝えるという機能も持っている。フォントの持っている視覚的効果を使い分けることがWebデザインでは重要である。

「明朝体」の印象は大人、上品、知的なイメージあり、優雅で繊細な印象がある。縦線の幅が細い明朝体は同じ文字でモダンで中性的、都会的で洗練されたイメージが、縦部が太くなるにつれ、権威的、男性的、歴史的、和風のイメージが強くなる。

 

「ゴシック体」の印象は親しみや存在感、男性的なというイメージがある。線幅が細くなるとシャープで現代的な女性的なイメージになり、太くなると、元気、力強い、大人、男性的といったイメージが強くなる。

ゴシック体

 

下に例として弊社サイトのバナー広告でフォントを変えて比較してみると、伝わるイメージが違うのが良く分かる。
明朝体はアイキャッチとしては弱いが、信頼性や、堅実、格調などのイメージを伝えることができる。
ゴシック体は視認性が高く、親しみ感や、力強さ、男性的といったイメージを伝えることができる。

 

まとめ

フォント選びは、色選びと同様にユーザーに対してどのような印象を与えたいかを基準に選ぶことが重要である。
フォントを選ぶ場合は、それぞれの書体で与える印象、読みやすさを考えてサイトのイメージにあったものにする必要があるということだ。
現在のWebデザインにおける「文字」の在り方は印刷物に比べ、その扱いはまだ、情報伝達の手段でしかないかもしれないが、やがて、フォントによるイメージ伝達においても制約がなくなるときが来るだろう。将来に向けて世の中にたくさんあるフォントのもつ印象イメージ、読みやすさ、視認性など、整理しておくのも良いだろう。

関連する記事

求められる音声SEOとVSEO対策のポイント... 検索エンジン対策(SEO対策)は、今の時代、Webサイトの上位表示ためのSEO対策、最適化だけではなくなってきた。 昨年から次々に日本に上陸しているスマートスピーカーの現況は、これからは音声検索でも上位になるように設定することも同時に行う必要があるだろう。 さらに、YouTube動画から...
「モノ」から「コト」へ変化しているインバウンド観光... 先週11月16日、ドイツ拠点の世界的な市場調査会社GfKは、「Anholt-GfK 国家ブランド指数(NBI)2017」の結果を発表した。これは、世界50カ国のブランド力を測定したものだが、それによると、1位はドイツ、2位はフランス、日本のブランド力は4位という結果が発表されている。 また...
7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します... MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。 しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザイ...
越境ECセミナー開催 『衰退か、成長か?』... 日本に居ながらにして、全世界の人々を相手に商売ができる「越境EC」に大きな注目が集まっている。 今回は、その越境EC事業で2017年後半から毎月150%の売上を記録している"Dicovery Japan Mall"。 その現場でマーケティングに注力し、様々な施策を試みているデジタルスタジ...
イギリスの見逃せないXmasシーズンのTVコマーシャル8編... イギリスのクリスマスシーズンのコマーシャル競争はますます派手になってきているようだ。John Lewiss、Harrodsは有名で、さらに参加する企業が増え続けている。 ヨーロッパの人を引き付けるイギリス流マーケティング戦略、毎年恒例のクリスマスコマーシャルとはどういうものなのだろう。今後ヨ...
2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。