インフルエンサー・マーケティング 新SNS「Threads」とは?

インフルエンサー・マーケティング 最新のSNSプラットホーム「Threads」とは?

 

先週の水曜日(7/5)にMeta社から新たなアプリ「Threads」(スレッズ)のサービスが開始となりました。

もうすでにアプリをダウンロードをされた方もおられるのではないでしょうか。

しかし、まだまだ謎の多いThreads。インフルエンサー・マーケティングには活用できるのでしょうか?

今回はそんな疑問も踏まえて、Threadsについてご紹介したいと思います。

 

話題の「Threads」は次世代Twitter?

構造としてはTwitterとよく似ており、テキストを投稿するSNSプラットホームです。インスタグラムと紐づいており、現在のところインスタグラムアカウントを持つユーザーに利用が限定されています。

100以上の国や地域で利用可能で、利用開始となった翌日の昼頃には既に3000万人のユーザーが登録したということです。

セレブや企業の間でも話題となり、Netflix, Spotify, Washington Postをはじめ、多くのブランドもすでに利用を開始したようです。

 

商業目的での利用はできる?

日本のメディアでは「できないのでは?」との声もあがりましたが、どうやらそれは利用規約に商業目的での利用を禁止する文言があったからのようですが、後にそれが誤訳であったと判明しました。正しくは「商業目的の悪用」を禁ずる規約でした。

ですので、結果から言いますと「商業目的での利用」はできるようです。

 

メリット・デメリット

まだまだ新しいプラットホームであるため、現段階で明確なメリットやデメリットを判断するのは早すぎるかもしれませんが、「写真や動画よりテキストを投稿したい」「チャット感覚でリアルタイムのコミュニケーションをとりたい」という人には魅力的なプラットホームかもしれません。

ただし、「ハッシュタグ機能が使えない」、「EU加盟国では利用不可」、「インスタグラムユーザーではない人は利用ができない」などの課題もありますので、今後はそれらの課題への取り組みが必要になってくるでしょう。

 

model

 

インフルエンサー・マーケティングには活用できる?

技術的にはできますが、どのような結果を得られるのかはまだしばらく「様子見」というところでしょう。

しかし、筆者が「これはちょっと期待できるかもしれない!」と思った点がいくつかありましたので、ご紹介します。

 

  • 投稿可能な文字数がTwitterよりも多い

Twitterでは280文字(日本語だと 140文字)まで投稿可能ですが、Threadsの場合は500文字まで投稿可能です。

  • 投稿欄にリンクが貼れる

インスタグラムの問題点の一つに「投稿のキャプションにリンクが貼れない」というものがあります。そのため、インフルエンサー・マーケティングの投稿をする際にはストーリーやプロフィールにリンクを貼るなどの工夫が必要でした。

Threadsではそのまま投稿欄にリンクが貼れるという点においては魅力的です。

  • 写真や動画も投稿できる

Threadsでは、テキスト以外に写真や動画も投稿できます。写真は10枚まで投稿可能で、動画に関しては5分までの動画が投稿可能とのことで、インフルエンサー・マーケティングにも十分使えそうな印象を受けました。

 

まとめ

今回は話題のThreadsについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだ試験的な段階の新しいプラットホームですので、すぐに飛びつくのは勇気がいりますが、今後も動向を追っていきたいと思います。

 

What Is Threads? All Your Questions About Meta’s New Twitter Rival, Answered – NowThis (nowthisnews.com)

Threads、ハッシュタグや投稿検索に「取り組んでいる」 フォロー限定表示も…… 順次、機能追加へ – 記事詳細|Infoseekニュース

関連する記事

越境EC事業者必見 海外で自社ブランドを守る商標登録の方法... cotobox株式会社が、2021年2月16日~2021年2月18日間、越境EC事業者101人を対象に「越境EC事業における商標に関する実態調査」を行った。 その結果、越境ECで自社ブランドを海外販売する際に、販売国で商標を事前に申請しなかった人は、64.4%もあることがわかった。 そし...
今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...
越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
アフリエイト・マーケティングとは 第1弾... アフリエイトマーケティングとは 皆様も一度は「アフリエイト」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、「アフリエイトってなに?」「アフリエイトマーケティングはどのように始められる?」という疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。 今日はそんな疑問にお答えしたいと思います。 ...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
新型コロナがアメリカのEコマースに与えた影響... 11月の話題はアメリカの大統領選である。先週13日(金)、最後まで未開票だった南部ジョージア州をバイデン氏が制し、獲得選挙人を306人として当選を決定づけた。 だが、トランプ氏は選挙不正があったとし、敗北を認めず、アメリカ社会は混迷している。 バイデン氏は、「国民の勝利だ。米国社会の分断...

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ