« ブログのトップページに戻る

「中小企業越境ECマーケティング支援事業」第2期

   投稿者 : 2016年8月2日 By

イメージ画像

先月、7月29日に第1期の募集は終わったが、2期の募集が8月31日より「中小企業越境ECマーケティング支援事業」が始まる。
この募集内容は中小機構から支援される、中小企業の越境ECサイト制作に係る補助金の支援に関する募集である。具体的には、環太平洋パートナーシップ協定(以下、「TPP」)交渉参加国を主な対象として、越境ECサイトを構築したいと考える事業者に向けての補助金である。
越境ECサイト構築ではコンテンツ制作は当然だが、翻訳やプロモーションなどの経費も必要だ。 今回のこの補助金は、それら全てを対象にしたものなので、海外に販路拡大したい、ECサイトで海外展開を行いたいという事業者にはオススメの補助金である。

 

「中小企業越境ECマーケティング支援事業」の主な募集内容

2期募集の詳しい内容はまだ公開されていないが、1期の内容をもとに2期の内容を下記にまとめてみた。

補助金の具体的な内容

中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金 第1期募集概要

 

補助金について

助成金は申請した企業が受けるための資格を満たせば、ほぼ受けることは可能である。しかし、補助金の場合は助成金と違い、書類審査がある。
書類には補助金を使う事業の必要性をアピールする必要がある。書類内容で補助金が受けられるかどうかが決まるので、支援される事業に対して、補助金をどんな目的に使い、この事業が社会にどのように役立つのかを事業計画書としてまとめ、 アピールし、補助金を獲得しなければならない。
事業計画書を提出し、審査、交付され、支援を受けられるのが補助金であるため、越境EC構築で支援をお考えの事業主は今回の「中小企業越境ECマーケティング支援事業」の2期募集の公募が始まる前に、事業計画書などの書類の準備をする必要があるだろう。

 

予定されている海外展開に関わる補助金・助成金をピックアップ

 

JB(ふるさと名物応援事業補助金)【中小企業庁】

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:全国
  • 募集時期:平成29年3月末まで
  • 目的:複数の中小企業等が連携して、優れた素材や技術等を活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助することにより、地域中小企業の海外販路の拡大を図るとともに、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興を支援します。

 

海外市場獲得サポート事業費助成金 

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:新潟県
  • 募集時期:平成28年8月1日から8月31日まで
  • 目的:県内企業の輸出拡大に向けた海外での市場調査や販路開拓(見本市出展)にかかる経費を助成します。

 

見本市等出展事業補助金

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:新潟県上越市
  • 募集時期:平成28年4月1日から予算額に達するまで
  • 目的:上越市外・海外で開催される見本市や商談会等への出展経費の一部を補助し、企業マッチングの機会創出や販路拡大を支援します。

 

中小企業外国出願支援事業

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:愛知県
  • 募集時期:8月~ 平成28年4月1日から予算額に達するまで
  • 目的:中小企業者等の国際的な事業展開に向けた知財支援のため、外国出願に要する経費の一部を助成する。

 

帯広市ものづくり総合支援補助金

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:北海道帯広市
  • 募集時期:補助決定日より当該年度の3月31日まで(最大)
  • 目的:中小企業等の製品開発から技術指導、販路拡大まで総合的に支援することで、新たなものづくりの先導的な取り組み及び新しい産業を創造するなど、未来へのチャレンジを推進し、帯広市の産業経済発展に寄与することを目的とします。

 

産地リーダー企業海外展示会出展支援事業補助金

  • 支援内容:補助金・助成金
  • 対象地域:福井県鯖江市
  • 募集時期:交付決定日から平成29年2月28日まで
  • 目的:市内リーダー企業が取り組む成長分野での海外販路開拓を支援することで、鯖江産地の高い技術力と、その存在を世界に強く印象付けるとともに、一気に海外市場に切り込むことで新たな産地化を目指す。

 

海外展開に関する補助金・助成金の参考サイト

 

まとめ

越境ECを構築すれば、実店舗を海外に作らなくても、日本の高品質な製品や独自の文化を’少ないコストで海外展開することができる。それを、後押しをする補助金、助成金制度を活用し、海外にその販路を拡げていっていただきたい。
特に経済産業省はこれまで、越境ECを成功させるための市場調査やWebサイト翻訳の支援・助成金提供などを行ってきている。越境ECはまさに、日本経済を活性化させる切り札と言える。

越境ECサイトの構築や制作以外の集客などについてのご相談:Live Commerce お問合せ・サポート窓口
補助金ついてのご相談:
Live-Commerce 海外戦略コンサルティングチーム

関連する記事

今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?... 2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。 全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合...
来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い... 米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということ...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
中国最大のオンライン決済サービスAlipayとは... 今、中国のオンライン決済サービスで圧倒的なシェアを誇るのが「Alipay(アリペイ:支付宝)」による決済方法である。1日の平均取引件数が1.7億件とその数も膨大だ。ユーザー数も8億人を越え、中国ユーザー数は4.5億人、モバイルユーザー数は3億人以上と言われている。その中、Alipayはオンライン...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
スマフォECサイト3社のユーザビリティを比較してみた... 2015年のMMD研究所の調査では、スマートフォンの所有率が6割を超え、スマートフォンはSNSアプリを利用したコミュニケーションツールとして必須の存在となっている。また、スマートフォンを所有する15歳以上60歳未満の男女を対象にネットショップの際に利用するディバイスについて調べた結果によると、ス...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。