« ブログのトップページに戻る

今後の海外ビジネス拠点を選ぶのに役立つグローバルエリート都市とは?

   投稿者 : 2016年8月1日 By

イメージ画像

2016年のグローバル都市調査が先日発表された。グローバル都市ランキングとは、ATカーニー社が毎年行う独自の指標で決定される。
全世界125都市を対象とし、まず、「ビジネス活動」30%「人的資源」30%「情報流通」15%「文化的経験」15%「政治的関与」10%の5つの観点(評価基準)から総合的に評価した[グローバル・シティ・インデックス/Global Cities Index]、この結果、上位5都市は調査開始の2008年当初より過去6回にわたり変動していない。
ロンドン、ニューヨーク、パリ、東京、香港と東京もグローバル都市として揺るぎない地位を保持している。今回はATカーニー社のデータからグローバル都市と世界の動向について見ていこう。

 

グローバル・シティ・アウトルック/Global Cities Outlook

もうひとつの指標、[グローバル・シティ・アウトルック](グローバル都市展望)(下図右表部分)は、ATカーニー社が昨年から始めたもので、同じく125都市を別の視点で分析「個人の幸福度」25%「経済」25%「イノベーション(革新性)」25%「ガバナンス(意志決定と行動)」25%のこの4つの観点から将来的有望性を評価したものである。

このインデックスとアウトルックの2つの調査から見えてくることは、この125都市のうち 現在一番影響力があるのはどの都市かということ、そして、将来的に影響力を持ちそうなのはどの都市かということで、投資家に今後の投資先としてどの都市を選ぶかという判断材料になるということらしい。

下記の図が各地域別の125都市である。

図-02

 

グローバル・シティ(The Global Cities)2016調査結果を分析

 

インデックスの評価

今回初めて2008年以来2位に甘んじていたロンドンが、初めてニューヨークを抜き首位となった。上記5つの評価基準のうち、特に「文化的経験」と「ビジネス活動」においてロンドンがニューヨークを上回り、ロンドンは、「情報流通」においても顕著な改善が見られた。しかし、「人的資源」の観点ではニューヨークが依然トップの評価である。

zu_03

 

アウトルックの評価

昨年と同じくサンフランシスコが、その強いイノベーション(革新性)が評価され、首位となった。サンフランシスコにおける民間投資およびベンチャーキャピタル委任規模は、2位のニューヨークの二倍以上である。サンフランシスコに次ぐニューヨークは「経済」、3位のボストンは「イノベーション」、4位のロンドンは「ガバナンス」が牽引力となり、上位にランクインしている。

zu_04  

 

インデックスとアウトルックの調査は何に役立つのか?

インデックスとアウトルックの調査は、グローバルならびに地域ののビジネス拠点や製造やリサーチのハブをどこに置くか、というビジネス上の投資判断に役立つとのこと。 このグローバル・エリート都市に関してだが、国別だとアメリカが6都市とトップである。アジア地域では2都市、ヨーロッパは4都市。
さらに今後、将来性がある都市としては、 ヒューストン、アトランタ、ストックホルム、アムステルダム、ミュンヘン、チューリッヒが期待される。 これらと都市は今後さらに伸びていく可能性があり、ビジネス拠点として候補にあがるだろう。

 

グローバル都市のの中でのリーダー的存在は?

zu_05

現在のグローバル都市インデックスの各指標のリーダー的都市が上記の表で示されている。例えば、人材でいえば、ニューヨークがトップ、 外国籍人口、トップランクの大学、さらに東京は高学歴でトップ、ロンドンは留学生人口がトップであった。
また、「文化的経験度」においては、ロンドンとニューヨークが殆どで、意外にも美術館はモスクワがトップであった。 「情報流通」ではブロードバンドの利用者が最も多いのはスイス(ジュネーブとチューリッヒ)、「オンライン・プレゼンス」情報利用率が高いのがシンガポールであった。
さらに、インデックスとアウトルックの両方で25位以内にランク入りしている以下の15の都市を「グローバル・エリート」都市としてピックアップ。 その年は、ロンドン、ニューヨーク、ロスアンゼルス、シカゴ、トロント、サンフランシスコ、ボストン、パリ、ブリュッセル、ベルリン、アムステルダム、東京、シンガポール、シドニー、メルボルン。

 

まとめ

今回の調査結果で分かることは、どちらの調査にもランクインしている15都市は、ビジネスの今後の拠点としての候補地として提案、特にどの分野に長けているか、例えば、スイスがブロードバンドの普及率が高いこと、シンガポールが情報のオンライン化が進んでいるのも要チェック、このインデックスとアウトルック分析結果は、毎年一度行われるこの調査、世界の動向が掴める貴重な資料で参考になる。

 

参考サイト ATカーニー:https://www.atkearney.com/research-studies/global-cities-index/current-research-detail

関連する記事

中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。