色の背後にあるメッセージを知る

イメージ写真

現代はたくさんの色にあふれその中で生活している。そして普段何気なく見ている色には、その色が持っている効果によって見る人に様々な影響を与えている。色は、見た人に対しメッセージを送ることができ、そして人はその色に対し反応する。その反応は生理的な反応もあるし、感情的なもの、文化的な反応もある。
今回はその色の持つ意味、メッセージを確認しつつ、そのメッセージをどのように活用すればよいかを考える。一つの色が送り出すメッセージは一つではない。色の持つメッセージを解読できれば、意図的に色を使えるようになり、メッセージを色に込めることができる。まず、ベクトラムの色、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫のメッセージを見て、次にニュートラル色である白と黒について見てみよう。


 

red_color

赤はもっとも重要な「暖色」である。文字どおり暖かい感じがする。赤には興奮作用があり、情熱の色というイメージがある。攻撃的、自発的というイメージの強い色である。血液や炎など連想され、生命力・情熱・愛・パワー・刺激・怒りなどを表し、活発な反応を引きおこさせるにはこの赤を使用するとよい。
さらに、強い意思を伝えるため、注目を集めるポイント色として赤を使用することが多い。また、より目立たせるべき部分に使われ、警告や警戒、禁止といった意味をもたせる部分に使われる。


 

orange_color

オレンジ

オレンジは赤と同じ暖色あり、色調の明るいオレンジは人目を引く。赤と黄色の中間の色なので、その両方の性質を持っている。幸福、喜び、エネルギー、陽気、友情、活気、勇気などの意味を持ち、赤よりは弱いが注目される色である。
オレンジや蜜柑など、柑橘系の果物から、健康的、食欲促進など食品関係で良く使用される色である。また、このオレンジ色は少量使うのが効果的だ。少量使うことで、陽気で活気に満ちた、新鮮さや、健康といったイメージを伝えることができる。落ち着いたトーンにすると、逆に、夕日のイメージから癒し、虚無感・寂しさを表現することもできる。


 

yellow_color

黄色

黄色は原色の中で光を最も反射する色で、その明るさゆえに、警戒させ、注意をうながす色として使用させる。世界的には太陽をイメージさせ、陽気で楽天的、明るく前向き、知性や好奇心、幸福、活動的なイメージを与えることができる。
また、黒と組み合わせることで視認性、注目が高まり標識や工事現場、踏み切りなどに使われる。明るく鮮やかな色としての黄色はアクセントカラーとして使うのが良い。広い範囲で使うときは少し白を混ぜてパステル調として使うのが良い。


 

green_color

緑は森林、山、植物など自然を代表する色。ゆえに安心感やリラックスを与え、気持ちを落ち着かせる効果を期待できる色である。興奮を静めたり、集中力を増す効果がある緑色はナチュラルなイメージを出したいときは使うと良い。
また、緑は植物からイメージされる調和、信頼、健康、成長、調和、安全などを意味し、環境にやさしい商品や、Webではエコ関連のサイトカラーに緑をメインにした配色が多く見受けられる。


 

blue_color

青はアメリカでは最も人気のある色である。空や海のイメージから静けさ、冷静、安らぎ、リラックス、誠実、信頼などに使われる色である。赤と同様に強い意思を持つ色で全体的な大きな面積に使われることが多い。
青には多くの色調があり、明るいスカイブルーは爽快感やフレッシュ、元気を与える色であり、暗い青はうつや悲しみ、消極的な意味合いとなる。青には沈静効果があり、涼しさ爽やかさ、知性、冷静を感じさせる色ある、空をイメージさせる航空会社のコーポレートカラーや、水をイメージさせる清涼飲料水などのボトルカラーによく使われている。Webサイトでは安定や信頼、誠実というイメージから、病院や企業のサイトで採用されることが多い。


 

violet_color

紫は赤の持つパワーと青の優雅さを併せ持つ色である。そのため、紫は長い間、王族や王権のイメージと結びついていた。そのため、高貴、威厳、忠誠、優雅などの意味があり、明度が低くなるほどエレガントで高級なイメージになる。
自然界にはあまりない色なので、あまり多く使いすぎるとけばけばしいく人工的な感じになってしまうので、他の色とのバランスが必要な色である。また、紫には芸術的な意味合いもあり、Webサイトでは化粧品のサイトや神秘的な印象や想像力を醸し出す、スピリチュアルや占いサイトなどに使用される。


 

white_color

白は色素のない色、状態であり、清潔、汚れがない、新しい、ピュアであることや平和、純真無垢などを連想させる。白は他の色を引き立てる色であり、ベースカラーとして使われることが非常に多い。
また、汚れていないというイメージから、病院や飲食店の制服に使われる。日本人が好む色の一つあり、黒とは対照的にポジティブなイメージだが、無機質、虚無感といったネガティブなイメージも合わせて持っている。白はシンプルなイメージをもたらし、クラシックで永遠、とらえにくい色でもある。


 

黒は優雅さ、洗練、威厳、高級感、中立を意味し、男性的な色として使用される。デザイン的には機能的な色として、特にオーディオ機器やパソコン、TVなど黒が使われ、ファッションの世界でもお洒落でコーディネイトしやすい、アクセサリーにも合わせやすいなど実用的な色である。
また、黒は夜と死、魔力、違法、拒絶、追放者の色などネガティブな印象を強く持ち、有彩色を引き立て、特に明るい有彩色を引き立たいときに使用する。黒を使えば、強さと力、いく分かの安心感、洗練されたイメージを与えることができる。


まとめ

いかがでしたでたか。色には様々なメッセージがあることが理解できたと思う。色を使いデザインするには、伝えたいメッセージをいかに色でも伝えていくかが大切である。Webサイト構築では、一つの色のみで表すことは少なく、いろいろな色を組み合わせて使うことが多いと思う。
サイト構築で色を使うとき重要なのは、その色、その配色はどう受け止められるか、どういう印象を与えるかということをよく考えて配色することである。
配色、色について悩んだとき、色の背後にあるメッセージをちょっと思い出し、使っていっていただきたい。

最後に国の嗜好色をについて紹介する。下の資料は『国による色の好みの違い(千々岩 英彰 氏)』より引用したものである。これを見ると国の嗜好色としては、赤や青、黄色といった鮮やかな色、とくに暖色系(赤、オレンジ、黄)が好まれているのがよく解る。
また、白や淡い色や黒、グレーといったニュートラルな色も好まれるようだ。海外ECサイト構築の参考になればと思う。

国別の嗜好色

関連する記事

補助金・助成金の申請はどうすればいいの?... 補助金・助成金とは「新しい設備を導入したい」「新規に事業を進めたい」「人材育成に投資したい」など、会社が国や地方公共団体、民間団体などからお金をもらうことができる制度である。 大きな特徴は融資ではなく「返済不要」という点である。 お金は公的な資金から出されるものなので、誰でももらえるわけ...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
実例に学ぶ!Twitterをカスタマーサービスに使う方法... 手軽に顧客とやり取りできる手段として、ソーシャルメディアをカスタマーサービスに利用する企業が増えています。今回はそのなかでも、Twitterを上手に活用している企業の例から、そのメリットについてご紹介します。 1. とにもかくにも早いレスポンス 飛行機利用者にとって、遅延があるかどうかといっ...
不況に強く最も利益率の高いビジネスとは?(海外版)... 例えば、数字に強い貴方ならきっと利益率の高いビジネスがスタートできるはず。年間売り上げ1千万円以下の会社16000社を対象に行われた調査では、特に税務会計に関するサービスは小規模ビジネスの中で最も利益率が高く純利益率は18.4%で1位、さらに、不動産会社は15.2%、法律事務所14.5%、開業医...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
購入単価を上げるためのカートエンジン... 前回、「ECサイトに有効なレコメンド機能まとめ」で紹介した、ECサイトのレコメンド機能とは、ある商品の購入を検討しているお客様に、「こんなお薦め商品もありますよ」と関連する商品などを提案し、購入してもらうための販売戦略である。 基本的には購入率を上げるための施策であるが、購入率は上がるが、平...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 人は色に対して様々なイメージがあり、どの色にもポジティブイメージとネガティブイメージがある。たとえば赤は情熱的で活気などポジティブなイメージもあるが、危険、警告などネガティブなイメージもある。それらの色の持つさまざまなイメージを理解し、ターゲットユーザーに受け入れやすい配色にすることが第一義である。 また、配色からくる全体のイメージは使う色の面積や色数によっても大きく変わるので、イメージとしての色は慎重に選ぶ必要がある。 下の表は色のもつポジティブなイメージ、ネガティブなイメージを表したもの。色には色が持つイメージやメッセージがある。以前に色の持つメッセージについてまとめたブログ「色の背後にあるメッセージを知る」も色を選ぶ際の参考にしていただきたい。 […]

コメントをどうぞ