« ブログのトップページに戻る

eBay 国際売買26%上昇

   投稿者 : 2014年7月23日 By

今月、eBay の2014年第2期のフィナンシャル結果が発表されたことを、皆さんは確認されたでしょうか。今回の結果はeBayにとって、善い点もあれば悪い点もあったわけですが、eBayを通してEコマースを行っている方には、この結果から時代に沿った戦略を見出すことが出来るのではないかと思います。

総合販売の成長率は期待されていたものの8%上昇と低い結果ではありましたが、その中でも気になるデータが幾つかありました。
一つは、総合販売の成長率よりも、売買された商品数の成長率が9.5%上昇と高かったことです。これは、低額商品の遣り取りが増えてきている現在の傾向を伺えます。もう一つは、Top Rated Sellersで売買された商品の割合が史上初の50%まで上昇したことでしょう。他にも、国際売買(26%)、Free shipping(無料配送)の商品(56%)、そしてFixed Price(固定価格)(19%)といった結果で上昇しています。
その一方で、オークション式販売が7%に下がったという結果も見られました。

総合販売成長率が下がったといっても、この結果を出した第2期に“390万人の新しい買い手”がeBayを利用し始めたそうです。何よりも、eBayが今後も盛況することを示している数字でしょう。こうした結果を受け、eBayは競争がより激しくなってきたEコマースに応じるため、モバイルコマースやソーシャルコマースを推進していくと発表しています。

eBayユーザーは、この情報から何を学べるでしょうか

こうしたeBayの結果を見ても分かるように、一つのサイトのみで事業運営している場合、利益は不安定になる可能性があります。

したがって、自身のEコマースを様々なサイトに分散して商売した方がいいでしょう。eBayの中であれば、盛んに行われているFixed PriceやFree Shippingのオプションは意識すべきです。
そして、国際売買(海外対応)やモバイルコマースは、今後大きな役を演じることになるのは間違いありません。自身の事業が、これからの展開と流れに応じられるよう、常に流行り廃りを確認し、時代に合わせることで更なる成功を見込むことが出来るでしょう。

まとめ

最初期から現在まで、eBayは大きな変化をとげてきました。常に進化し、時代の変化に合わせる企業努力をしてきたということでしょう。
今後も変容と成長をしていく過程で、eBayにおけるEコマースの在り方を意識し、あなた自身も最善策を取りましょう。

参考:
http://ebaystrategies.blogs.com/ebay_strategies/2014/07/ebays-q2-2014-results-a-seller-oriented-deep-dive.html
http://blog.ebay.com/ebay-inc-earnings-q2-2014-twitter-session-cautionary-language/

関連する記事

アメリカで人気の日本食品はなんだ?... アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。 アメリカではJapanブランド商品の人気...
eBay出品代行に「伝統工芸品」カテゴリーが追加された... Live−CommerceではeBay出品代行ツールで簡単にeBay出品できるシステムを独自に開発した。これまでは、出品可能な商品カテゴリーは腕時計、財布、バック、ジュエリー、カメラのみとなっていたが、今回、さらに「伝統工芸品」が追加され、日本の陶器や工芸品、金工、着物、人形などとい...
ebay.comで人気の日本の商品(2016−Sep)... 前回、6月にも行ったが今回も引き続き、世界的に有名なアメリカのオークションサイトebay.comでは今、どんな日本の商品が売れているか? 9月27日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解...
eBay出品ツールの登場 日本語対応 ヤフオクストアとの在庫連携も... eBay に出品できるようになりました eBay 出品ツールを完全日本語対応版をリリースいたしました。 eBayの複雑な管理画面を使わずに、当社が開発したeBay専用画面でeBayに出品できるツールです。ヤフオクとの在庫連動機能を搭載し、Best Offerによる価格交渉時の利益計算ツール...
7月から変わるオーストラリアの関税 越境ECでは注意が必要... 連日、熱戦が伝えられる2018FIFAワールドカップ ロシア。 グループHで日本は好発進したが、同じアジア・グループの代表として出場している、グループCのオーストラリアは、今のところ第3位と苦戦している。 そしてオーストラリアでは、今年7月1日より、1,000豪ドル以下の商品でも越境EC...
EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始... 平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。 これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。