« ブログのトップページに戻る

売上&ロイヤリティアップにつながるオファー事例集

   投稿者 : 2014年12月2日 By

オファーイメージ画像

顧客や見込み客への働きかけは大切ですが、セールのしすぎでブランドイメージを損なうことのないように、適切な頻度で対象を絞ったオファーを実施することも重要です。
そこで今回は、基本のオファーパターンを押さえたうえで、ユニークなオファー事例を6つご紹介します。

基本のオファータイプ

まずはアメリカでの一般的なオファー4種類を確認しておきましょう。

パーセント表示のディスカウント:日本でもよく見かける、定価の〇%オフというタイプのもの。

現金ベースのディスカウント:〇ドル分のクーポンといったように、提供された現金分を購入総額から差し引くタイプのもの。パーセントによるディスカウントよりも、使わないと損をした気分になるため、ユーザーの使用率が高い。

フリーシッピング:送料を無料にするオファー。送料の負担感は、ショッピングカートに入れたものの購入まで至らない理由として大きいので、フリーシッピングの機会に購入するユーザーは多い。

フリーギフト:商品などを無料でユーザーに提供するもの。購入総額が一定の金額を超えた場合など、何らかの見返りにギフトを渡す場合が多い。

以上の4種類を押さえたうえで、ユニークな事例を見ていきます。

ユニークなオファー事例集

1. 開業に合わせたオファー

シェービンググッズを販売するHarry’sは、Eコマースサイトをオープンする際のキャンペーンとして、サイトをシェアしてくれたユーザーに商品を無料で配布すると告知しました。結果、10万人もの登録ユーザーを獲得することができました。

イメージ写真01

2. ショッピングカートの未購入商品をねらったオファー

化粧品サンプルを毎月定期配送するサービスをおこなうBirchboxでは、ショッピングカートに未購入商品を放置すると、次回の購入で利用できる20%オフのクーポンが24時間後に送付されます。「We want you back(戻ってきて!)」というタイトルとともにクーポンコードが送られてくるという、強力なリマインダーです。

イメージ写真02

3. 初めてのお客様への特別オファー

メガネやコンタクトレンズを販売するClearlyContactsは、初めて購入するユーザー全員に10%オフとフリーシッピングを提供しています。コンタクトレンズのように、他店でも購入できる商品を買ってもらうには、ユーザーにも魅力的で効果的なオファーです。

イメージ写真03

4. まとめ買いを促すオファー

アパレルメーカーのGAPでは、商品を6千円以上購入すればフリーシッピングになるオファーを常に表示しています。加えて、期間限定のクーポンコードを提供していることも多く、クーポン利用前の商品総額が6千円以上であればフリーシッピングが適用されるのでお得感があります。このように一定の金額以上に購入すれば特典が受けられるオファーは、ユーザーのまとめ買いを促す効果があり、平均購入単価を押し上げてくれます。

イメージ写真04

5. ニュースの購読を促すオファー

iPadケースを販売するDodocaseでは、サイトを訪れたユーザーに「ニュースを購読してくれたら10%オフのクーポンを差し上げます」というポップアップを表示しています。商品に関心があるユーザーのEメールアドレスを獲得するには効果的なオファーです。

イメージ写真05

6. SNSでのお気に入りを促すオファー

ヘアエクステを販売するBombay Hair Extensionsでは、ユーザーがFacebookでお気に入り登録をしてくれたり、TwitterやInstagramでフォローしてくれた場合に、5%オフのクーポンコードを提供しています。こちらもサイト訪問者にポップアップで表示されます。Eコマースサイトを多くの人に認知してもらうために、SNSでの拡散をねらったオファーです。

目的を明確にしたオファーを目指す

ご紹介した事例はそれぞれ、「新規顧客を獲得したい」「SNSで拡散させブランドの認知度を上げたい」など、オファーの目的がはっきりとしています。オファーの目的を明確に設定すれば、基本の4パターンと組み合わせた、ユニークな提案がしやすいのではないでしょうか。

イメージ写真06

参考:
14 Ways to Use Offers, Coupons, Discounts and Deals to Drive Revenue and Custome

関連する記事

Live Commerce で作る予約販売商品の設定 Live Commerce には正確には予約販売機能というものはありませんが、予約販売は運用でカバーできるため、予約販売を行いたい方はやってみましょう。 予約販売を行うには、クレジットカード決済としてペイジェントとの契約が不可欠になります。(予約販売を代引きで行う場合は必要ありません) ペイジェ...
2014年 製造業の海外展開 – 中小企業白書から... 皆さん、こんにちは。引き続きご覧頂きありがとうございます。さて、私の話は、「中小企業・小規模事業者」の「製造業」に分類される企業に対してお話をさせて頂く事にしました。 之だけでも十分に広いので、今後はより絞り込んでお話を進めて行きますが、まず一般論からの現状で、特に押さえておきたい幾つかの点...
驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選... その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。 今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレット...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始... 平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。 これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外...
2018年も躍進! Amazonの挑戦はどこまで続く... ”ジェフ・ベゾス”とは言わずと知れた、AmazonのCEOであり、今年、純資産が約1051億ドル(約11兆8000億円)に達し、この額はマイクロソフトのビルゲイツを抜き、これまで記録された歴史上の人物の中で最高位のお金持ちとなった。 最近ではAmazonの「Alexa」が突然、魔女のような...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。