« ブログのトップページに戻る

Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?

   投稿者 : 2014年12月9日 By

ツイッターイメージ写真

Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。
いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? 早速、具体的なテストの内容をご紹介しましょう。

数ステップで完了する、シンプルな購入機能

購入ステップは極めてシンプルです。テストに参加する企業のツイートには、商品やサービスの紹介文に加えて「Buyボタン」が表示されます。Buyボタンをタップすると、商品の詳細情報ページに移動します。
商品を確認して「Buy now」ボタンをタップすると、支払方法と送付先住所を入力する画面に進み、最後に入力した情報を確認すれば、わずか数ステップで購入手続きが完了します。

支払いや送付先に関する情報は暗号化して保存されるため、次の利用時にはよりスムーズに購入手続を進めることができます。クレジットカード情報は売り主に提供されないなど、ユーザーが安心して取引に参加できるよう、セキュリティやプライバシーへの対策も万全に施されています。
決済に関しては、支払いサービスを提供するStripeと提携して開発されるなど、Eコマースに詳しい企業が連携し実現できたサービスだと発表されています。

また、参加企業も服飾ブランドのBurberryやホームセンターのThe Home Depotといった小売企業、人気アーティストのEminemやKeith Urban、さらに非営利団体であるREDやNature Conservancyと、バラエティに富んだ28の個人や団体が並んでいます。

TwitterのEコマース参入、その影響はいかに?

Eコマース機能のキーポイントは、「Buyボタン」をタップすればTwitterのサイト内で購入が完結してしまうという手軽さです。その手軽さを武器に、企業側はツイートするだけで既存のフォロワーに商品やサービスを紹介することができます。
一方ユーザーは、フォローしているお気に入りの企業やブランドから最新の商品情報をキャッチし、ほんの数分で購入するが可能となります。これは、双方にとって大きなメリットです。さらにリツイートなどによる拡散効果も見込め、企業としてはコンバージョン率や売り上げを伸ばす、非常に効果的なアプローチ方法となりえるでしょう。

また、今回のテストがモバイルアプリ限定で実施されていることからもわかるように、短時間で手軽に購入が完結するという、まさにスマートフォンなどのモバイルユーザーに焦点を絞った作りになっています。
モバイルによる売り上げは増加しているとは言え、現時点ではPCからの売り上げに及んでいません。Twitterの参入はその現状に大きな変化をもたらすかもしれません。

ソーシャルメディアの動きに注目!

すでにFacebookもEコマースに関するテストを実施したと発表しています。テストの詳細はTwitterのように明らかにされていませんが、こちらも動向が気になるところです。Facebook、Twitterともに、Eコマース参入への動きには今後も注意を払う必要がありそうです。

参考:

Does Twitter’s “Buy” button signal a new era for ecommerce?
Twitter、「Buy」ボタンを実装していよいよコマース分野に本格参入
Testing a way for you to make purchases on Twitter

関連する記事

世界で最も多くネットショップで販売されている製品とは?... A.T カーニー社が世界10か国ー1万人を対象に実施したネットの使用度に関するアンケート調査によると、半数以上は常にインターネットに接続と回答した。さらに、そのグループは、毎朝、必ずネットに接続しチェックするという。常時ネット接続しているグループは、消費意欲やECサイトへの順応性、各国のインター...
「製造業の海外展開」 アメリカという市場... 皆さん こんにちは。 さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。 海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。 マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識し...
メーカー・卸問屋 ECサイトの価値 – 新たなビジネスモデルの創造... ネットショップで購入する消費者が増える中、メーカーと卸問屋はますますビジネスモデルの転換がせまられている。 ネットショップをやる意味が最も大きいのはメーカーだからである。 利害関係を一切無視すれば、ネットショップなら生産者と消費者を直接結ぶことが可能である。 リアルビジネスと異なり、デ...
フォームを最適化し、コンバージョン率を大幅UP!... 離脱率が多いフォームを改善する。それが「エントリーフォームの最適化」、EFO(Entry Form Optimizationの略)である。 エントリーフォーム最適化(EFO)では、ユーザー視点に立ってエントリーフォームを作ることが重要である。 レジに並んだお客様に途中で帰らないようにスム...
不況に強く最も利益率の高いビジネスとは?(海外版)... 例えば、数字に強い貴方ならきっと利益率の高いビジネスがスタートできるはず。年間売り上げ1千万円以下の会社16000社を対象に行われた調査では、特に税務会計に関するサービスは小規模ビジネスの中で最も利益率が高く純利益率は18.4%で1位、さらに、不動産会社は15.2%、法律事務所14.5%、開業医...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。