« ブログのトップページに戻る

Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?

   投稿者 : 2014年12月9日 By

ツイッターイメージ写真

Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。
いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? 早速、具体的なテストの内容をご紹介しましょう。

数ステップで完了する、シンプルな購入機能

購入ステップは極めてシンプルです。テストに参加する企業のツイートには、商品やサービスの紹介文に加えて「Buyボタン」が表示されます。Buyボタンをタップすると、商品の詳細情報ページに移動します。
商品を確認して「Buy now」ボタンをタップすると、支払方法と送付先住所を入力する画面に進み、最後に入力した情報を確認すれば、わずか数ステップで購入手続きが完了します。

支払いや送付先に関する情報は暗号化して保存されるため、次の利用時にはよりスムーズに購入手続を進めることができます。クレジットカード情報は売り主に提供されないなど、ユーザーが安心して取引に参加できるよう、セキュリティやプライバシーへの対策も万全に施されています。
決済に関しては、支払いサービスを提供するStripeと提携して開発されるなど、Eコマースに詳しい企業が連携し実現できたサービスだと発表されています。

また、参加企業も服飾ブランドのBurberryやホームセンターのThe Home Depotといった小売企業、人気アーティストのEminemやKeith Urban、さらに非営利団体であるREDやNature Conservancyと、バラエティに富んだ28の個人や団体が並んでいます。

TwitterのEコマース参入、その影響はいかに?

Eコマース機能のキーポイントは、「Buyボタン」をタップすればTwitterのサイト内で購入が完結してしまうという手軽さです。その手軽さを武器に、企業側はツイートするだけで既存のフォロワーに商品やサービスを紹介することができます。
一方ユーザーは、フォローしているお気に入りの企業やブランドから最新の商品情報をキャッチし、ほんの数分で購入するが可能となります。これは、双方にとって大きなメリットです。さらにリツイートなどによる拡散効果も見込め、企業としてはコンバージョン率や売り上げを伸ばす、非常に効果的なアプローチ方法となりえるでしょう。

また、今回のテストがモバイルアプリ限定で実施されていることからもわかるように、短時間で手軽に購入が完結するという、まさにスマートフォンなどのモバイルユーザーに焦点を絞った作りになっています。
モバイルによる売り上げは増加しているとは言え、現時点ではPCからの売り上げに及んでいません。Twitterの参入はその現状に大きな変化をもたらすかもしれません。

ソーシャルメディアの動きに注目!

すでにFacebookもEコマースに関するテストを実施したと発表しています。テストの詳細はTwitterのように明らかにされていませんが、こちらも動向が気になるところです。Facebook、Twitterともに、Eコマース参入への動きには今後も注意を払う必要がありそうです。

参考:

Does Twitter’s “Buy” button signal a new era for ecommerce?
Twitter、「Buy」ボタンを実装していよいよコマース分野に本格参入
Testing a way for you to make purchases on Twitter

関連する記事

今さら聞けない! キャッチコピーに使える心理学テクニック... バナー広告をデザインし、高いクリック率をあげるにはビジュアルであったり、色彩であったり、サイズでなどを見直す必要がある。その中でも重要なのがキャッチコピーである。思わずクリックしたくなるような仕掛けとしてのコピーフレーズは一番印象に残り、アクションを起こさせるものでなければならない。 また、...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
コア商品ーパレートの法則とは? パレートの法則をご存じだろうか? ウィキベディアによると、パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。経済において、数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則と...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
今年も驚愕! 中国の「独身の日」の物凄さ ... 11月11日(ダブル11)は、中国ではシングルを意味する「1」が並ぶことから、「独身の日」と呼ばれており、中国EC最大手、アリババが2009年よりこの日にバーゲンセールを開始したことが始まりで、中国全土で、この日は1年でもっとも、大きなバーゲンセールの日として定着している。 この日の「アリ...
7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します... MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。 しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザイ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。