« ブログのトップページに戻る

Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?

   投稿者 : 2014年12月9日 By Comments (0)

ツイッターイメージ写真

Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。
いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? 早速、具体的なテストの内容をご紹介しましょう。

数ステップで完了する、シンプルな購入機能

購入ステップは極めてシンプルです。テストに参加する企業のツイートには、商品やサービスの紹介文に加えて「Buyボタン」が表示されます。Buyボタンをタップすると、商品の詳細情報ページに移動します。
商品を確認して「Buy now」ボタンをタップすると、支払方法と送付先住所を入力する画面に進み、最後に入力した情報を確認すれば、わずか数ステップで購入手続きが完了します。

支払いや送付先に関する情報は暗号化して保存されるため、次の利用時にはよりスムーズに購入手続を進めることができます。クレジットカード情報は売り主に提供されないなど、ユーザーが安心して取引に参加できるよう、セキュリティやプライバシーへの対策も万全に施されています。
決済に関しては、支払いサービスを提供するStripeと提携して開発されるなど、Eコマースに詳しい企業が連携し実現できたサービスだと発表されています。

また、参加企業も服飾ブランドのBurberryやホームセンターのThe Home Depotといった小売企業、人気アーティストのEminemやKeith Urban、さらに非営利団体であるREDやNature Conservancyと、バラエティに富んだ28の個人や団体が並んでいます。

TwitterのEコマース参入、その影響はいかに?

Eコマース機能のキーポイントは、「Buyボタン」をタップすればTwitterのサイト内で購入が完結してしまうという手軽さです。その手軽さを武器に、企業側はツイートするだけで既存のフォロワーに商品やサービスを紹介することができます。
一方ユーザーは、フォローしているお気に入りの企業やブランドから最新の商品情報をキャッチし、ほんの数分で購入するが可能となります。これは、双方にとって大きなメリットです。さらにリツイートなどによる拡散効果も見込め、企業としてはコンバージョン率や売り上げを伸ばす、非常に効果的なアプローチ方法となりえるでしょう。

また、今回のテストがモバイルアプリ限定で実施されていることからもわかるように、短時間で手軽に購入が完結するという、まさにスマートフォンなどのモバイルユーザーに焦点を絞った作りになっています。
モバイルによる売り上げは増加しているとは言え、現時点ではPCからの売り上げに及んでいません。Twitterの参入はその現状に大きな変化をもたらすかもしれません。

ソーシャルメディアの動きに注目!

すでにFacebookもEコマースに関するテストを実施したと発表しています。テストの詳細はTwitterのように明らかにされていませんが、こちらも動向が気になるところです。Facebook、Twitterともに、Eコマース参入への動きには今後も注意を払う必要がありそうです。

参考:

Does Twitter’s “Buy” button signal a new era for ecommerce?
Twitter、「Buy」ボタンを実装していよいよコマース分野に本格参入
Testing a way for you to make purchases on Twitter

関連する記事

競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月... デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。 今回...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
「製造業の海外展開」 アプリケーションの開発... 皆さん こんにちは。 前回はハードウエアの社内標準化のお話をさせて頂きました。此処から発展していきます。 実は、モジュール化された社内標準ハードウエアに対して同時にソフトウエアも標準化作業を進めていました。ソフトウエアも個別で一から作るのではなくモジュールとして再利用できるように準備してお...
ライブコマースはLive Commerceではない 昨年から日本のEC界隈で大きな盛り上がりを見せているライブコマース。 当社が運営するLive Commerceとはまったく別物なので、認識を深めていただきたく、その内容をお伝えしたい。 まず、当社のLive Commerceは海外販売のために、自社越境ECサイトを簡単に作成できるプラット...
海外に向けて日本の文化を発信するWEBサイト10選... 今、WEBサイトでは日本の文化・伝統などの魅力を海外に発信することが、盛り上がりを見せている。 これまではどちらかというと海外の各都市などの情報を日本に紹介すものは多くあったように感じたが、日本から海外に向けて情報を発信していくという逆のスタイルが増えつつある。 今回は日本から海外に向けて日...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ