« ブログのトップページに戻る

ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない

   投稿者 : 2014年6月3日 By

あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。
もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。

しかし、そんな完璧なあなたでもスマートフォンがあなたのウェブサイトへの入り口になってしまった今日では、やはり時代に適した対策が必要だ。今日はそれを紹介しよう。

デスクトップ用とスマホ版URLが存在する場合の処理を行っていないのでは?

最近はスマホ用のサイトとPC用のサイトを分けて運用しているケースがあります。Live CommerceもスマホとPC用のサイトは別々です。

レスポンシブサイトで運用をしている場合を除いて、同一コンテンツに対しPC用とスマートフォン用で異なるHTML・異なるURLを返しているウェブサイトは、検索エンジンが正しくクロール、インデックスできるよう(ページの評価やインデックスはデスクトップ用のURLに統一しよう、スマホでのアクセスがあったらこちらを表示しようなど)メディア指定と、ユーザーエージェント(UA)毎の転送処理を行うなど適切に処理をする必要はあります。その処理方法についてGoogleが正しい処理方法を公開しています。

https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/feature-phones?hl=ja

 

購入前のユーザー行動をより詳細に把握できる Google Analytics E-Commerce機能を導入していないのでは?

Google Analytics 日本語のブログによれば、ユーザーがあなたのサイトで購入を決める前に何をしているのかより詳細に把握できる様になったそうです。

Google アナリティクスの e コマース トラッキング機能は、これまで決済や商品の詳細など購入にフォーカスしたレポートを提供してきました。しかし、今日では、ユーザーの購入前の行動を含む、包括的なカスタマー ジャーニーを理解したいという要望が高まってきています。そこで、Google アナリティクスに拡張 e コマース機能がベータとしてリリースしました。

拡張 e コマースにより、ユーザーが購買プロセスからどの程度乖離しているのか、そして、ユーザーが離脱しているポイントはどこか、といった分析を行うことができるようになったとのことです。Google Analytics を導入はしているものの、E-Commerce機能についてはまだ適用していない場合は今直ぐ導入しましょう。導入が分からない場合は当社までご相談下さい。

http://analytics-ja.blogspot.jp/2014/05/google-2014.html

Eメールの署名に意味のない飾りを付けていないか?

Eメールの署名はユーザーをウェブサイトへ誘導するのに最も強力である。
しかし、Eメールの署名に、訳の分からない飾り文字をたくさん付けていないか?

こんな飾り文字を付けるのは(個人的なメールを除いては)愚かである。ビジネスメールであれば
会社名、担当社名、メールアドレス、ウェブサイトのURL、電話番号の5つがあればとりあえずは充分だ。

http://www.entrepreneur.com/article/234132

質問に答えているか?

はてな、Yahoo知恵袋、オンラインフォーラムは日々ユーザーが抱える問題が投稿される。その中にはあなたが販売している商品やサービスがもしかしたら解決できる要素を秘めているかもしれない。

なにも、あなたのサイトのお問い合わせフォームに投稿される質問だけが、あなたの顧客ではない。あなたの商品やサービスを見つけたくても、適切なマーケティングがされていなければ、あなたの商品やサービスの商品名すらユーザーは検索する事ができない。だからはてな、Yahoo知恵袋といったサービスが役に立っているのだ。

ユーザーはそもそも、自分で投稿したその問題が問題なのかを分かっていなかったりする。あなたの専門知識をここで広める事は決して売り込みではない。
ビジネスはなにより困っている人を助けてあげなければならない。

 

こうしたウェブサイト担当者にとって役に立つ記事を本ブログでは定期的に(ほぼ毎日)発行しています。
メールマガジンに購読していただきますと、ブログでは投稿できない情報も流しています。

関連する記事

「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...
ファッションECの新潮流!ユーズドマーケットの概念を覆す2つのEC。... Eコマースの中で、最も活気があるのがファッション分野です。数々のファッションECが出現する中、最近、ユニークなサービスが2つローンチしました。今回は、ユーズドマーケットに新たなコンセプトを打ち出した「MATERIAL WRLD」と「LOVVD」をみてみましょう。 MATERIAL WRLD MA...
海外ECサイト運営を成功に導くための5つのポイント... 日本国内でECサイトを立ち上げて、一気に成長して伸び幅が少なくなってきた人もいれば、なかなか芽が出てこない人もいるでしょう。そんなときに、「海外に進出しよう!」という考えが浮かんでくるのも不思議ではありません。ECサイトはオンラインビジネスですので、開業にかかるコストがあまりかからず、海外進出するに...
モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...
中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加...   最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年...
ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。