« ブログのトップページに戻る

Google Analytics + 上級ウェブ解析士による解析サービス無料

   投稿者 : 2014年10月10日 By

Google が提供するアクセス解析ツール「Google Analytics」を正しく運用できていますか?

ECサイトを開設した後は、Google Analyticsの正しい目標(KPI)設定、Eコマースコンバージョンタグの設定、コンバージョン数の把握など、数値を管理し、ウェブサイトを改善していかなければなりません。

しかし、Google Analyticsを正しく運用できているウェブマスターは1割もいないのが現実です。

こうした背景を踏まえ、Live Commerce では Google Analytics + ウェブ解析士によるウェブ解析サービスを標準オプションとして本日から申し込みが可能になりました。

Google Analyuticsタグの設置とウェブマスターツールでのキーワード検索の連携はウェブ制作会社に依頼すると数万円の作業費用が請求されます。本日より当社のLive Commerceをお申し込み際に、Google Analyticsタグの設置と目標設定を無料オプションとししましたので、是非活用ください。

Google Analyticsの画面、さまざまな統計データを確認できます。

また、せっかくGoogle Analyticsのアカウントを開設しても、実際にデータを分析してウェブサイトを改善していけばよいのか初心者には分かりづらいと思います。そこで、Live Commerceにてサイトを開設後Google Analyticsでデータが溜まり始めましたら、上級ウェブ解析士によりウェブ解析サービスを無料で提供させていただくサービスも今回セットで提供します。

ウェブ解析サービスとは?

ウェブ解析サービスとは、ウェブサイトの税理士のようなものです。

企業活動を行えば、貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)が統一されたフォーマットで残ります。BSとPLがあるおかげで、税理士であれば売上を出すためにかかった経費が明確に分かります。それにより、今後どういった戦略を考えるべきか分かりますし、第3者がレビューすることも可能です。

ウェブ解析サービスはこれと同じだと考えてください。

ウェブサイトを開設後、データを見ないでデザインを改善したり、レイアウトを変えたりしても効果は出ませんよね。

ウェブサイトからの売上が低迷していたり、なかなか右肩上がりにならない、、そう感じたことはありませんか。もし、そう感じたならやり方を変えなければなりませんよね。

ウェブサイト上で発生したアクセス数や申し込み数を分析して、
1件の成約を獲得するためにかかった費用を明確に割り出します。

そして1件の成約をするためにさらに何を改善すればいいのか、何が問題なのかをはっきりさせます。これによりただウェブサイトの見た目だけを美しくするのではなく、データによる論理に基づいたウェブサイトのデザイン・導線を作り、毎月改善することができるようになります。

こうした分析をするには、多くのウェブサイトの解析データを日々分析し、同業他社や異業種のトラフィックデータを比較・検証できる立場にある専門家であることが求められます。それがウェブ解析士であり、民間の有資格者によって解析が行われます。

ウェブ解析をすると、、、

・費用対効果が明確に!

・離脱原因が分かる!

・1つの事業でだいたい売上10億円まで対応!

実際の受け取れるウェブ解析のレポート例

レポート概要

キーワード分析

統計データ

広告費用対効果

アドバイスレポート1

アドバイスレポート2

関連する記事

インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ... 本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年に...
Google Adwords オンラインセミナー 次回のGoogle AdWordsのオンラインセミナーは9月10日(水)14時からとなります。 このような課題をお持ちの方はご参加ください。 テレアポやプッシュ型営業を止めてインバウンド型の営業スタイルに変えたい。 人脈による属人型営業スタイルから、システマチックに顧客開拓...
驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選... その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。 今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレット...
いま話題のO2Oサービスから、これからのプロモーションを考える... これまで、オンラインでのプロモーションと実店舗でのそれは、大概の場合別々に行われていました。しかし、スマートフォンの普及にともない、ユーザーはオンラインとオフライン(実店舗)の相互を利用するようになり、別々のプロモーションでは立ち行かなくなってきています。 そこで、多くの企業は、オンラインの情報が...
schema.orgがSEO対策として無視できない存在...   本日の記事はWEBサイト管理者の上級者を想定しています。 SEO対策といえば、サイトのコンテンツの質を上げる、ユーザーに役立つコンテンツを作る、、、というのが一般的な認識ですが、この数年でこうしたコンテンツの質を上げるためにより具体的で、技術的な仕様が推奨されるようになって...
Google AdWords 動的検索広告のコスパが凄すぎる... 花見も終わり、春本番ですね。 気温の上昇と比例して私たちの活動も活発になる中、Live Commerceを使うユーザーには絶対に外せない広告技術がGoogleから発表されました。 動的検索広告、2016年10月頃に発表され2017年4月現在では日本語で全ての機能が利用できるようになっ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。