« ブログのトップページに戻る

フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン

   投稿者 : 2013年4月22日 By

日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし、多数の企画を生み出すマンパワーが前提となるため、中小企業では中々難しい取り組みですね。

靴下専門ECのArchiduchesseは、フランス製のカラフルな靴下を全面に押し出し、商品力とシンプルかつ美しく仕上げたウェブデザインを強みに業績を伸ばしています。ホームペー ジに並ぶ1列4枚の商品サムネイル画像は、まるで虹の移り変わりを表現するかのようにカラーコーディネートされています。左上から順に、赤、ピンク、紫、青と徐々に色を変化させて、視覚的に楽しみながら商品を選ぶことができます。サイト全体の統一感にも配慮が行き届いていて、右上にある買い物カゴの色調は、最初に目に入る赤・ピンクの商品画像と揃えられています。


商品画像の下にはサイズを選択するタブがあり、これらのタブも各商品の色彩と揃えることで、違和感がありません。それと同時に、サイズの在庫状況も一目でわかります。選択したサイズの在庫がない場合は事前にタブが引き戻されており、在庫がある場合はワンクリックで買い物カゴへ投入されます。さらに、サイドバーへ掲載されているサイズをクリックすれば、在庫ありの商品だけがサイト上へ展開されます。細かな気遣いですが、便利で使い勝手の良い機能です。
商品画像そのものをクリックすると、各商品の詳細情報ページへ飛びます。そこには、靴下が木材と一緒に写った写真、人が靴下を着用した時の写真、ブランドタグが付いたままの靴下の写真が掲載されています。それらは、昨今のECでよく見られるように、商品画像を極端なまでにクローズアップさせたりはしていません。Archiduchesseが抱く、商品力への自信を感じ取れます。また、サイトの最下部となるフッターには、各ソーシャルメディアへの連携をモノトーンの可愛らしい画像で紹介しています。このような心遣いが、ユーザーに企業側との距離感を感じさせないのでしょう。

Archiduchesseは2006年にブランドを立ち上げ、2009年にウェブサイトをオープンしています。同社は設立以来、顧客とのコミュニケーションを非常に重視してきており、自社ブログでも売上情報を毎月公開してきました。なお、2013年3月は、売上4万860ユーロ、販売 数6508本、新規顧客578人、Facebookのファン1万5215人、Twitterのフォロワー2760人 となっています。
(参照: http://www.archiduchesse.com/blog/2013/15847/bilan-mars-2013/ )
Archiduchesseは、サイト全体を通して“商品の顔の見える”デザインに仕上がっています。ト レンディで快適なサイト設計でありながら、身近な雰囲気を醸し出しています。「自社商品 の魅力を伝えられるウェブデザインとは?」。そんなことを改めて考えさせられるECサイトです。

関連する記事

「STORES.jp」と「BASE」 の機能サービスから読み解く、今後のECサイト運営法... 無料かつ簡単にECサイトが構築できる「STORES.jp」と「BASE」が、話題です。毎月、数千店というペースで、これらのサービスを利用して新しいECサイトが誕生しています。そして、その両サービスから毎月のように、新機能や運営サポートのリリースされているのはご存知でしょうか?その内容をみてみると、E...
ミクシィがスマートフォン向けDSP事業に参入。ミクシィの勝算は?... 昨年より、スマートフォンに対応したDSPサービスが各社からリリースされています。 このような中で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「mixi (ミクシィ)がこのスマートフォン向けDSPサービスに参入しました。 DSPサービスとは、広告主の広告効果の最大化を支援するためのサービス...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
プロでも間違える やっていけない 海外への広告ルール... 素人やプロのリスティング運用担当者でも、「海外向け」の広告となると全く成果が取れないばかりか、国内向けリスティング広告運用と同じルールで運用をしている業者が多いこと、、、。 私がこの2−3年で運用を手がけている企業のGoogleとfacebookのアカウントを覗くとよくわかります。 そこで、...
Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。