« ブログのトップページに戻る

ebay.comで人気の日本の商品(2016−Sep)

   投稿者 : 2016年9月29日 By

イメージ画像

前回、6月にも行ったが今回も引き続き、世界的に有名なアメリカのオークションサイトebay.comでは今、どんな日本の商品が売れているか?
9月27日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解いただきたい。

 

●9月は着物に人気が集中していた

図表01

アンティーク着物が74%と圧倒的!

前回、前々回と高い人気を保っていた骨董品(伝統工芸品、書画)は6%と3位に順位を大きく下げ、前回3位だった日本のアンティーク着物類が大きく順位を上げた。現代の真新しい着物ではなく、昔のレトロな着物が多く取引されている。
それら着物類でも今回多く取引されていたのが”帯”である。特に帯は色柄が豊かで斬新なものが多い。そういったところが、海外のコレクターに人気を得ているのだろうか?
また、着物は実用として着ることより、キルトやパッチワークとして使うことが多いらしい。

 

カードではポケモンカードの取引が大幅アップ

7月に配信されたゲームアプリ、”ポケモンGO”人気から、”ポケモンカード”はたくさん取引されているようだ。
現況では落ち着きつつあるように見える”ポケモンGO”人気ではあるが、今後は徐々に3位の骨董品分野(伝統工芸品)が盛り返してくるだろう。
和文化関連商品は国内・外問わず人気が高いので、国内だけではなく海外にも販路を広げることをお薦めする。

図表02

●簡単な手続きだけで出品できるeBay出品代行サービス

Live CommerceではeBay出品代行ツールで簡単にeBay出品できるシステムを独自に開発した。
今のところ、出品可能な商品は腕時計、財布、バック、ジュエリー、カメラ、伝統工芸のカテゴリーである。 商品画像と商品データがあれば、日本語入力で出品することが可能だ。

出品方法などはこちらのブログを参考にしていただきたい。

liveCommerce

 

まとめ

今回はクールジャパンの代表格のキャラクターやゲーム、時計、カメラ製品が取引が少なかった。着物や骨董品に人気があるように、古き良き日本のものを求める海外のコレクターが、日本人より多いということだ。

関連する記事

越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
中国越境ECにかかる関税の新税制度はどうなったのか?... 中国の昨年(2015年)の越境ECの統計をみると、越境ECの利用人口は約2,400万人。前年が1800万だったので、伸び率は133%。越境ECによる消費総額は368億ドル、2014年は220億ドルであったので、伸び率は167%と、どちらも、中国の越境EC市場規模は拡大成長していることが見てとれる...
「製造業の海外展開」 顧客は誰か! 皆さん こんにちは。 今回から新しいチャレンジのスタートです。 海外販売を成功に導きたいとの想いが一杯のスタートです。 海外販売第一歩の反省から「マーケティング」の重要性を認識し、先ず着手したのが「市場の絞り込み」活動です。「顧客は誰か!」とも表現しますね。 取り扱うのは引き続き...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。