« ブログのトップページに戻る

Facebookで集客するときの気をつけたいポイント8つ

   投稿者 : 2016年1月29日 By

イメージ画像

今年に入ってFacebookの「いいね!」のマークの種類が増えたのをご存じだろうか?
従来の「いいね!」が「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6種類に分けて、実装を開始した。この気持ちの分別、はたしてユーザーはついていけるのだろうか?
今回は、このFacebookの「いいね!」や「シェア」をより多く獲得して、リーチを広げるためのポイントについて紹介する。

 

1.Facebook投稿では商品の販促はおこなわない

新商品の告知や、商品紹介の投稿など宣伝色、販促のツールとしてFacebookを捉えると、ユーザーに嫌われる。ユーザーはFacebookをコミュニケーションツールとして捉えている。
商品のセールなどではなく、商品の枠をもっと広げ関連性ある話題や、知って得する豆知識、つまりエンゲージメントを強く出来るような親近感のある日常的な話題などが良い。
自社の強みを活かしながらユーザーにとって身近な話題をベースに投稿している、北欧暮らしの道具店のFacebookページなどは、季節的な日常のつぶやき的内容が多い。商品紹介などほとんどないが、これでも「いいね!」1776件も集めている。

北欧くらしの道具店

2.ブランド価値を高めるものを投稿する

下の例は多くのファンを集める土屋鞄製作所のFacebookページの投稿だが、バックのラフデザインであったり、仕立ての良さだったり、普段知ることがない、商品の舞台裏などの情報はユーザーの安心、信頼を得ることができる。そのほか、スタッフやお客さまインタビュー動画やFAQなどは良質なブランドイメージを高めることができる。

土屋鞄製造所

3.綺麗な写真を投稿する

投稿は文章だけではなく、ビジュアル、写真を含めて投稿する。そしてなるべく綺麗な写真を投稿する。
綺麗な写真はアイキャッチとなり反応率はアップするだろう。スタッフの写真などは表情が笑顔のものを使う方が良い。

 

4.メッセージの最後は「?」が効果的

「いいね!」を獲得するのに効果的なのは最後に「?」疑問形で終わるというのがある。
これは疑問形「?」で終わる「あなたはどう感じますか?」「あなたならどちらを選びますか?」など、問いかけの内容で終わると、自然とコメントがアップし「いいね!」が集まることになる。
FacebookはTwitterと異なり、フォローしているアカウント者の時間順で表示されるものではなく、個々のユーザーとユーザーとの「いいね!」の数、コメント数など親密度によって表示順が変わる。そのためいかに、「いいね!/コメント」を獲得するかが鍵となる。

 

5.仕事の時間帯には投稿しない

「いいね!」を獲得する50%は投稿後3時間までという結果がある。投稿の賞味期限は約3時間という目安である。そしてFacebookのユーザーはビジネスマン、OLが中心であり、そうなると仕事をしている時間帯は避け、通勤時間、昼休み、仕事が終わった帰宅時間帯などに閲覧できるように、その時間に合わせるように投稿時間を設定すると良い。

 

6.投稿記事は短く書く

ユーザーのFacebookには様々な情報が投稿されてくる。長い記事はユーザーに読み飛ばされると考えたほうが良いだろう。気持ちが強くなると、長文になることが多々あるが、できれば、3行程度におさまるようにし、ユーザーが反応しやすいシンプルなものにする。コピーは夢、感謝、楽しい、綺麗、素敵など前向きな共感を呼ぶ言葉を意識して使う。

 

7.返信コメントはしっかり返す

コメントを返すことは大変重要である。商品やサービスに対する意見にはスピーディに対応し、丁寧にコメントすることで、信頼や安心といったユーザーとのつながりを強め、Facebook本来のコミュニケーションをとる、有効なツールとして活用できる。

 

8.1週間に3つの記事は投稿し継続する

常日頃からの情報発信が売上げを、”継続”こそがファンの獲得、クチコミの促進、ブランディングにつながり、ユーザーとの関係を維持できるのである。短期的に売り上げを上げることは難しいかもしれないが、日々投稿し、コメントをもらい、しっかりとしたコミュニケーションを図ることが一番大切である。

 

まとめ

Facebookを活用し集客に成功している企業の投稿には、以上のようなポイントをしっかり押えたものがたくさんある。商品を宣伝する、コマーシャルするのではなく、”コミュニケーションする”。Facebookはお客様とショップのコミュニケーション手段のひとついう位置づけがFacebook集客の本質である。

関連する記事

グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
2016年のデザイントレンドは何? WEBデザインは毎年、時代とともに目まぐるしく多様に変化している。新たなテクニックによる見せ方や新しいスタイル、ツールなどが常に交錯し、革新的なデザインが生み出されている。WEB業界では常にそのような最新情報に敏感に反応し、デザインのみならず、マーケティングやビジネスに応用することが求められる。...
「中小企業越境ECマーケティング支援事業」第2期... 先月、7月29日に第1期の募集は終わったが、2期の募集が8月31日より「中小企業越境ECマーケティング支援事業」が始まる。 この募集内容は中小機構から支援される、中小企業の越境ECサイト制作に係る補助金の支援に関する募集である。具体的には、環太平洋パートナーシップ協定(以下、「TPP」)交...
ビジネスの最新進化系”経験経済”とは?... 現在、“経験経済”というものが顧客にとって重要な物だとされています。 例えばマーケティングを顧客の層に合わせたり、希望に添うようにすることが当たり前だと思いませんか?そうだとしたら、殆どの小売商人が同意見を持っているはずです。・・・ところが、そうすることで現実味(Au...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。