« ブログのトップページに戻る

Facebookで集客するときの気をつけたいポイント8つ

   投稿者 : 2016年1月29日 By

イメージ画像

今年に入ってFacebookの「いいね!」のマークの種類が増えたのをご存じだろうか?
従来の「いいね!」が「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6種類に分けて、実装を開始した。この気持ちの分別、はたしてユーザーはついていけるのだろうか?
今回は、このFacebookの「いいね!」や「シェア」をより多く獲得して、リーチを広げるためのポイントについて紹介する。

 

1.Facebook投稿では商品の販促はおこなわない

新商品の告知や、商品紹介の投稿など宣伝色、販促のツールとしてFacebookを捉えると、ユーザーに嫌われる。ユーザーはFacebookをコミュニケーションツールとして捉えている。
商品のセールなどではなく、商品の枠をもっと広げ関連性ある話題や、知って得する豆知識、つまりエンゲージメントを強く出来るような親近感のある日常的な話題などが良い。
自社の強みを活かしながらユーザーにとって身近な話題をベースに投稿している、北欧暮らしの道具店のFacebookページなどは、季節的な日常のつぶやき的内容が多い。商品紹介などほとんどないが、これでも「いいね!」1776件も集めている。

北欧くらしの道具店

2.ブランド価値を高めるものを投稿する

下の例は多くのファンを集める土屋鞄製作所のFacebookページの投稿だが、バックのラフデザインであったり、仕立ての良さだったり、普段知ることがない、商品の舞台裏などの情報はユーザーの安心、信頼を得ることができる。そのほか、スタッフやお客さまインタビュー動画やFAQなどは良質なブランドイメージを高めることができる。

土屋鞄製造所

3.綺麗な写真を投稿する

投稿は文章だけではなく、ビジュアル、写真を含めて投稿する。そしてなるべく綺麗な写真を投稿する。
綺麗な写真はアイキャッチとなり反応率はアップするだろう。スタッフの写真などは表情が笑顔のものを使う方が良い。

 

4.メッセージの最後は「?」が効果的

「いいね!」を獲得するのに効果的なのは最後に「?」疑問形で終わるというのがある。
これは疑問形「?」で終わる「あなたはどう感じますか?」「あなたならどちらを選びますか?」など、問いかけの内容で終わると、自然とコメントがアップし「いいね!」が集まることになる。
FacebookはTwitterと異なり、フォローしているアカウント者の時間順で表示されるものではなく、個々のユーザーとユーザーとの「いいね!」の数、コメント数など親密度によって表示順が変わる。そのためいかに、「いいね!/コメント」を獲得するかが鍵となる。

 

5.仕事の時間帯には投稿しない

「いいね!」を獲得する50%は投稿後3時間までという結果がある。投稿の賞味期限は約3時間という目安である。そしてFacebookのユーザーはビジネスマン、OLが中心であり、そうなると仕事をしている時間帯は避け、通勤時間、昼休み、仕事が終わった帰宅時間帯などに閲覧できるように、その時間に合わせるように投稿時間を設定すると良い。

 

6.投稿記事は短く書く

ユーザーのFacebookには様々な情報が投稿されてくる。長い記事はユーザーに読み飛ばされると考えたほうが良いだろう。気持ちが強くなると、長文になることが多々あるが、できれば、3行程度におさまるようにし、ユーザーが反応しやすいシンプルなものにする。コピーは夢、感謝、楽しい、綺麗、素敵など前向きな共感を呼ぶ言葉を意識して使う。

 

7.返信コメントはしっかり返す

コメントを返すことは大変重要である。商品やサービスに対する意見にはスピーディに対応し、丁寧にコメントすることで、信頼や安心といったユーザーとのつながりを強め、Facebook本来のコミュニケーションをとる、有効なツールとして活用できる。

 

8.1週間に3つの記事は投稿し継続する

常日頃からの情報発信が売上げを、”継続”こそがファンの獲得、クチコミの促進、ブランディングにつながり、ユーザーとの関係を維持できるのである。短期的に売り上げを上げることは難しいかもしれないが、日々投稿し、コメントをもらい、しっかりとしたコミュニケーションを図ることが一番大切である。

 

まとめ

Facebookを活用し集客に成功している企業の投稿には、以上のようなポイントをしっかり押えたものがたくさんある。商品を宣伝する、コマーシャルするのではなく、”コミュニケーションする”。Facebookはお客様とショップのコミュニケーション手段のひとついう位置づけがFacebook集客の本質である。

関連する記事

懇親会・Live Commerce交流会 開催について... 2月19日・東京渋谷で開催されるLive Commerceの次回のセミナーですが、セミナー終了後、同ヒカリエ内にて懇親会を開催します! 参加のメリット セミナーでは聞きづらかったことや、目的意識を共有できる参加者様同士の交流、またセミナーではお話しできなかった裏話など、参会者の皆さまと交流...
第22回 越境ECセミナー 3/1 日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。 セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
Search engine marketing, Search engine optimazatio... Won't you help me to popularize Japanese products around the world? I have a dream. That dream is to promote Japan throughout the world. I want t...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。