【越境EC 売れ筋商品2021】「JAPANコンテンツ」の中で商機ある商品とは?

タイトルイメージ画像

11月に入り、2021年後半における越境ECプラットフォームで売れ筋日本商品の発表が相次いで行われた。
ひとつ目は、BEENOSが「越境EC 世界ヒットランキング 2021」を発表し、越境EC売上が前年同期比51.2%増という中、アメリカ、台湾からの流通増という内容を示した。
二つ目はeBayジャパン。eBayジャパンは越境ビジネスにおける2021年度第3四半期(7‐9月)から、その販売動向としての売れ筋商品のランキングを発表した。
両社の発表から言えることは、越境ECにおいて「JAPANコンテンツ」は売れ筋商品であり、現況では不動であると言う点だ。
今回は、このBEENOSの「越境EC 世界ヒットランキング 2021」と、eBay「2021年第3四半期の越境ECトレンド」のから、越境ECでの売れ筋商品の動向とJAPANコンテンツについて注目度の高い商品についてまとめた。

BEENOS「越境EC 世界ヒットランキング 2021」

BEENOSは、11月10日、2021年の越境ECの消費動向を振り返りランキングを発表する「BEENOS 越境EC 世界ヒットランキング 2021」を公表した。

これは、BEENOSが運営する、BEENOSの海外代理購入サービス「Buyee」の世界から注文された商品の「世界人気TOP5」と「世界のエリア別商品ランキング」である。
これを見ると、今、世界で求められる日本の商品は何か?を知ることができる。

越境ECの世界人気TOP5は以下の内容である。1位から5位ランキングおいて、日本の商品は前年同期を上回る上昇率を示している。

  • 1位:「おもちゃ、ゲーム」(前年同期比100%増)、
  • 2位:「ファッション」(同63%増)
  • 3位:「アクセサリ、時計」(62%増)
  • 4位:「家電、AV、カメラ」(56%増)
  • 5位:「自動車、オートバイ」(53%増)

zu01

アメリカ、ヨーロッパ、東アジア、東南アジアの全てにおいて「おもちゃ、ゲーム」がトップで、「ファッション」が2位にランクインしている。

BEENOSの総括によると、2021年の世界共通の消費傾向として「エンタメ」と「ファッション」の2領域における消費が進んでいる。とし、これは、「動画配信サイト」や「SNS」など情報発信の影響が売上げ増に大きく反映されたものだ。と記している。

つまり、「エンタメ」においては、NETFLIXやAmazonの動画配信には日本アニメ専門チャンネルがあり、日本のアニメに興味を持ったZ世代が、アニメを見て感動することで、そのアニメ関連の書籍やカード、グッズを越境ECから買い求め、それらをSNSで情報発信することで、さらに新たな購入者が生まれ、購買力が高まると言う越境ECでの購入プロセスができていると思われる。

eBayジャパンの「2021年第3四半期の越境ECトレンド」

日本の海外販売を支援するeBayジャパンは、11月12日、2021年度第3四半期(7‐9月)の期間に日本セラーから出品されたアイテムの販売動向を発表した。

これを見ると、日本のトレーディングカードブームは衰えを知らずで、4期連続の前年比3桁成長の伸び率でトップとなっている。
以下が1位から5位までのeBay・Japanの売れ筋商品である。

  • 1位:ポケモンカード「ピカチュウ」プロモカード
  • 2位:Nintendo Switchゲーム「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!」
  • 3位:K-POPグループ「BTS」限定グッズ
  • 4位:浦建太郎氏を追悼して発売されたマンガ雑誌「ベルセルク」
  • 5位:ホンダ車のパーツ

zu02

次に、カテゴリーランキングでは、こちらは、女性向けのブランド品(Clothing& Accessories)が4期連続の1位と安定している。
ただ、今期は2位以下は順位の変動が見られた。2位にランクアップしたのは、時計(Jewelry, Gems, Watchesカテゴリー)、2位から3位にダウンしたのはアニメ・キャラクターグッズ、4位のカメラレンズ・フィルターは5位からひとつアップ、5位のフイルムカメラもアップしている。
3位から大きく順位が落ちた、6位の「トレーディングカード」であるが、それでも、今期も+237%と4期連続の3桁成長を記録した。

zu03

売上増の商品

日本のアニメ・キャラクター関連商品は、「JAPANコンテンツ」として、越境ECでは不動の位置にあることが分かる。
「JAPANコンテンツ」とは、日本の漫画、アニメ、ゲームと、それら関連商品である。さらに、最近では、日本映画やJ-Pop、テレビドラマ、ラジオの番組などもその部類に入る。

現代は、スマートフォンで自由にいつでも、どこでも、これらコンテンツを視聴できる時代になった。
特にアメリカでは、日本の「JAPANコンテンツ」のアニメや漫画は人気があり、特に漫画においては、アメリカのグラフィックノベルの売上の増加は日本の漫画人気の急増がその要因となっているらしい。
次に「JAPANコンテンツ」の越境ECまでの流れや注目度の高い商品、商機ある商品は何かをまとめた。

越境ECで売れる「JAPANコンテンツ」のカスタマージャーニー

2021年前期、大ヒットしたアニメ「鬼滅の刃」が世界で人気を集め日本のアニメが注目された。これに拍車をかけたのがNETFLIXやAmazonの動画配信サービスである。
「鬼滅の刃」、「進撃の巨人」、「呪術廻戦」など、日本だけではなく世界で同時に配信された。
そして、アニメから原作コミックスへ波及し、さらに関連商品としての文房具、フィギュア、グッズ、食品を越境ECで商品を本格的に購入する流れになっていった。
例えば、漫画商品は一度に、最新刊はもちろんコミックススなら全巻、カードやフィギュアなどの関連商品を越境ECでまとめ買いすれば、送料を節約できるというメリットがある。
海外ユーザーにとっては、アニメ関連商品は越境ECでセットとして売られているいると、さらに便利に感じることだろう。

越境ECで「JAPANコンテンツ」購入までのカスタマージャーニーは、いくつかあるが、「エンタメ」における売れ筋商品となる流れは、上記のように、昨今の有名動画配信サービスから世界同時に「JAPANコンテンツ」が配信されることが、その発端となっている。

「JAPANコンテンツ」の中で注目すべき商品

これまでは日本でアニメなどヒットしてから、海外で火が付き、漫画・コミックスや関連グッズが売れると言う時差があったが、動画配信サービスでは、日本のヒットに関わらず、リアルタイムで人気が出るアニメが登場するだろう。
そして、人気となったアニメに関しては、視聴者は物語を深く味合える原作本、つまり漫画・コミックスを買い求めることになるのだろう。

アメリカの市場調査会社NPDグループの「NPD BookScan」が、「アメリカにおける2021年第1四半期の書籍売上データ」によると、アメリカでは2004年以来、書籍売上において史上最高の書籍売上を達成した。
その要因は、グラフィックノベルの劇的な売上増加であり、販売部数は前年同期比プラス400万部を達成した。
さらに、驚くべきは、グラフィックノベルの売れ筋ランキングを見ると、1位〜20位の中の19作もの日本のコミックスが並んでいる。

例えば以下が1位〜5位である。

  • 1位:「チェンソーマン 第1巻/藤本タツキ」
  • 2位:「僕のヒーローアカデミア 第1巻/堀越 耕平」
  • 3位:「僕のヒーローアカデミア 第2巻/堀越 耕平」
  • 4位:「鬼滅の刃 第1巻/吾峠呼世晴」
  • 5位:「進撃の巨人 第1巻/諫山創」

下のグラフは、アメリカの漫画の2002年から2020年までに売上高の推移だ。
2020年の売上高は2億4000万ドル(約264億円)を示しており、過去最高であった2007年の2億1000万ドルを大きく超えている。
アメリカでは、コロナ禍以降、漫画ブームが起きており、そのほぼ全ての売上を占めているは日本の漫画、コミックスなのである。
アメリカ販売においては、日本の漫画・コミックスには大きな商機があることを示している。

zu04

まとめ

世界共通のプラットフォームによる同時配信、リアルタイムの多言語翻訳により、世界が同時にヒットする可能性が増加している。自国のトレンドが世界のトレンドなる可能性も高い。
そして、「JAPANコンテンツ」の中でもアニメは最もヒットの可能性が高いものだ。アニメから漫画・コミックス、そして、越境ECと言う傾向が強くなっている。
「Japanコンテンツ」を日本のECサイトのみで販売しており、海外からのアクセスや問い合わせがあれば、越境ECを構築し、海外販売に挑戦すべきだろう。

参考:

関連する記事

販路拡大を支援する最新補助金・助成金(2021年11月)... 11月に入り、今年も残り2ヶ月となった。11月は「霜月」とも呼ばれ、文字通り霜が降る月、紅葉が見ごろとなる月でもある。 11月の補助金・助成金情報は、トピックとして国が支援する「事業再構築補助金」の内容と「分野・テーマ別の海外販路開拓等への支援強化事業」を取り上げた。 また、国や地方自治...
eBayとサザビーズが遂に提携-プレミアムアート&コレクションを世界中のバイヤーに。... アメリカも夏真っ盛りで、夏休みモードいっぱいです。 特にサンディエゴは青い空と海に囲まれて、開放的な空気でいっぱいです。本日は「なんで今までなかったんだろう?」というくらい2つの世界的に有名なオークション会社、オンラインオークションサイトのeBayとロンドン発祥の世界的に有名なオークション...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
【越境EC】Amazon.comのメリットと販売料金... 円安の加速で越境ECのニーズが高まっている。 この期を好機と捉え、自社ECを構築する前に、Amazonなど海外のプラットフォームに出品して手応えを得た後、本格参入しようという事業者もいる。 今回は、アメリカ「amazon.com」の出品について、その特徴からメリット・デメリット、販売料金な...
販路拡大を支援する最新補助金・助成金(2022年8月)... 2022年8月の海外販路拡大を支援する補助金・助成金ブログはトピックとして、「事業再構築補助金」の新たな優先支援策、国内外展示会など販路拡大を支援するもの、越境ECなどECサイト構築を支援するもの、インバウンド拡大を支援する最新の補助金・助成金情報を中心に紹介します。 ご確認いただき、ご活...
中国越境ECアプリ「SHEIN」にみる売れるための戦略... 日経新聞によると、中国の7~9月の国内総生産(GDP)は、物価の変動を調整した実質で前年同期比4.9%の増加となったが、4~6月の7.9%増加から減速したとしている。 また、国慶節(建国記念日)を祝う10月1から7日までの大型連休の観光収入は前年比約5%減少したとし、パンデミック前の201...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ