« ブログのトップページに戻る

いいデザインは「余白」をうまく使っている!

   投稿者 : 2015年5月29日 By

イメージ画像

グラフィックデザイン、WEBデザインにおいて、「余白」を意識しデザインすることは重要な要素である。「余白」が計画的かどうかで「見やすさ」が大きく左右される。
今回は、デザイン4原則の整列、近接、繰り返し、コントラストのプラス1要素として「余白」を取り上げたい。WEBデザインはこの「余白」を積極的に使うことで情報を見やすく、読みやすく出来るのだ。

「余白」の効果は次の3点が主なところである。

  • 見出しテキストなどの情報にまとまり感が出る。
  • 情報と情報、コンテンツ内容の切り分けをつけることができる。
  • デザインの品がよくなる。

 

1.「余白」は「図」の独立性を高める

下の例を見てみよう。左はタイトルやコピーやイラストの回りに「余白」が少ないものだ。文字は大きいが、とても窮屈で読みにくくなることがわかる。むやみに文字を大きくすれば、読みやすくなるというものではない。
右のようにゆとりをもって「余白」を意識的に設定することで、文章や、図、タイトルの独立性を高め、見やすく、読みやすいデザインにすることができる。

余白を作る

 

2.「余白」の取り方

内側の余白は外側の余白より狭くする。さらに同じグループになるコンテンツは近接させ、別グループのコンテンツは逆に余白を大きくとる。
そうすることで、人は無意識的に、「集まっているものは同じグループ」として認識し、情報をまとまりとしてとらえ、全体的に見やすくなり、内容もわかりやすくなるのだ。

余白の取り方

 

3.「余白」をうまく使ったWEBデザイン

余白をうまく使ったデザインで代表的なWEBサイトといえば、Appleではないだろうか。余計なものをなくし、余白をたっぷり使い、必要なものを計画的に配置している。
デザインはスッキリしているということが大事である。この“スッキリ”の傾向が最近のWEBサイトデザインでは特に求められるところではないだろうか?

アップル
Apple

レ_ポーター
re.porter

細野
株式会社 細尾

デザイン_あ
デザイン あ

 

まとめ

「余白」=ホワイトスペースは目立たない「地」の役割をする重要なデザイン要素である。図としての写真やテキストブロックを効果的に浮かび上がらせ、また、美しいバランスや分かり易い情報の流れを演出する為には「余白」を上手にコントロールし、利用することがとても重要である。
越境ECサイト構築の際にはこの「余白」を意識し、デザインに活かしていただきたい。

関連する記事

越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
押さえておきたい!スマホサイトのフォーム最適化のポイント... パソコンECサイトではコンバージョン率があるのに、スマホECサイトでは成約に至らないケースが多いのはフォームに問題があるケースが多い。せっかくスマホECサイトを作ったのに売上が伸びない、効果が発揮されないなど悩みがある方も多い。パソコンに比べ、入力にストレスを感じることの多い、スマホサイトのフォ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加