« ブログのトップページに戻る

ECサイトのユーザビリティ10の心得

   投稿者 : 2015年8月21日 By

イメージ画像

ECサイトのユーザビリティは週単位、月単位で見直してみる必要がある。かっこいいビジュアルデザイン、おしゃれなデザイン、それも大事ではあるが、ECサイトでは一番ベースになくてはならないのはユーザビリティである。
"デザインとは機能である"と言ったのはスティーブ・ジョブスだが、まさにECサイトはユーザビリティ=使いやすい機能性を高めることで、収益率がアップし成長することができる。今回はECサイトのユーザビリティについてのチェック項目10を見ていこう。

ECサイトのユーザビリティとはお客様がサイトで気持ちよくお買い物ができる。迷わずお買い物を楽しむことができるようにサイト機能を高めることを意味する。

 

1.基本的な5つのWebユーザビリティ

 

1.トップページへのリンク設定

ショップのロゴは左上に設置し前ページに共通させる。ロゴをクリックするとトップページに戻れるようにする。
ユーザーはどこにいても迷ったらトップページに戻れるリンク設定は、一般的な約束事であるが重要である。

 

2.ハイパーリンクのスタイルはサイト全体で統一

ページ内リンクするハイパーリンク。商品カテゴリーページから類似商品ページへのリンクなど、ユーザーが一目でページに遷移するためのリンクだと分かるようスタイルを統一させる。

 

3.フォントは見やすい書体、大きさにする

ターゲット層に合わせてフォントサイズを設定することもありうるが、ECサイトでは文章を簡潔しに、可読性の高い書体、適切な文字サイズにすることが肝要だ。大きさは14pxがおススメである。

 

4.ナビゲーションを固定

ページ内を下にスクロールしても、ナビゲーションボタンがなくならないように固定化して表示する。縦に長くなるフラットデザインを採用したサイトの場合は特に有効である。

 

5.戻れるしくみパンくずリスト

自分が今どこにいるのかわかるパンくずリストやページタイトルを配置する。パンくずリストとはトップページから現在位置までの階層構造を示したリンクである。
ページタイトルとリスト項目を同じにした、パンくずリストはサイト全体の階層、構造がユーザーにも分かり便利である。

 

2.ECサイトに欠かせない5つのユーザビリティ

 

1.購入までのプロセスをを簡単にする

購入ボタンを押して商品を購入してもらうことが、ECサイトでは最大の目的である。そして「カートに入れる」ボタンを押して支払までのプロセスを最短、最小限にすることで、ユーザーに無駄な負担をかけない=ユーザーが満足する買い物体験を提供できる。

 

2.検索機能の充実

見つけたい商品を見つけやすくする機能は重要だ。検索バーはいつも上部に固定され、絞り込み検索、カテゴリ検索ができるようにする。
さらに検索した結果、サイト内に該当する商品が何点あり、その画像を表示するなど、商品検索でユーザーが効率的に買い物できる機能を備えるべきである。

 

3.商品の並べ替え機能

ユーザーが商品検索した後、「人気」「価格」「セール商品」「サイズ」など、検索した商品をさらに並べ替える機能があると、ユーザーが商品を選ぶ際の手助けとなる。

 

4.商品写真、ビジュアル面で購買意欲を刺激

ECサイトでは商品を手に取って見ることができないため、商品写真の役割は大きい。商品写真は厳選し、商品単体写真はもちろん、商品を買った後などイメージを想像できる写真などで購買意欲を刺激する。

 

5.価格などの情報ははっきり明確に

商品価格、配送料、日数、配送方法、ポイント数等の情報は、まとめて明確に掲示し、ユーザーの疑問点を解消し、オンラインショップの不安をなくすることが重要である。

 

まとめ

ECサイトのユーザビリティはECサイト構築後もずっと改善してしてゆかなければならないテーマであり、終わりがない。
ユーザビリティとはユーザーの立場に立って、「もっと快適に買い物をしてもらうには、もっと簡単に商品を買ってもらうには」どうしたら良いかを考え、その機能をサイトに反映させることである。ユーザビリティの向上はコンバージョン率のアップにつながり、売上アップになる。継続して取り組んでいただきたい。

関連する記事

スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
多様化するECサイトの決済サービス ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。 実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マ...
あなたはいくつ知っている? EC業界キーワード... EC業界では専門用語やさまざまな独自のIT用語が日々飛び交っている。IoT、オムニチャンネル、O2O、など。今回はそんなEC業界で仕事をするうえでの、最近のトレンドとも言うべき、代表的なキーワードについて説明する。皆さんも一つでも聞いたことない用語などあったら、チェックし、詳しく調べてみると良い...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。