« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年に武蔵野美術大学(造形学部/基礎デザイン学科)を卒業。 日本の公共施設などの展示デザインを行うミュージアムデザイナーとして約25年間勤務。主な仕事は美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザイン。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主として前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインやブログの執筆を中心に活動している。

売上&ロイヤリティアップにつながるオファー事例集

2014年12月2日 火曜日

オファーイメージ画像

顧客や見込み客への働きかけは大切ですが、セールのしすぎでブランドイメージを損なうことのないように、適切な頻度で対象を絞ったオファーを実施することも重要です。
そこで今回は、基本のオファーパターンを押さえたうえで、ユニークなオファー事例を6つご紹介します。 (さらに…)

 

買い手が嬉しくなるパッケージのコツを紹介

2014年11月28日 金曜日

購入した商品のパッケージ、気になりませんか?買い物をした後、レジ袋に何気無く目をやってみて可愛らしいキャラクターのプリントが見えたら、何となく良い気分になりませんか?
人によって包装を気に掛ける度合いが違えど、包装に気を使うことで商品や売り手の企業への印象が変わるということもあるはずです。

そこで今回、eBayの公式ブログではeBayセラーであるオードリー・トレーシーが参考にしているパッケージのコツを紹介してくれました。
トレーシーは主に女性物の衣類を販売しているため、女性好みの綺麗な包装に気を掛けることが当たり前だと思うかもしれません。 しかし、どんな商品であっても包装を疎かにしないということで、売り手の細やかな心配りを買い手が気付いて嬉しくなるものです。
これこそインターネットビジネスの最新進化系である“経験経済”に基づいた、Authenticity/現実味を持たせるということなのです。 (さらに…)

 

「ハイパーローカル」なジオターゲティングとは?

2014年11月26日 水曜日

都会イメージ写真

「ジオ(=地域)ターゲティング」とは、パソコンのIPアドレスから閲覧者の居住地を解析し、その情報を利用する技術のことです。閲覧者の居住地を絞り込むことで、特定の地域に向けた広告や情報配信を行うことができ、特定の地域を意識したマーケティングを行うことが可能です。大まかにしか地域を特定できなかったIPアドレスに対し、近年はGPS付のモバイルが普及したことにより、詳細に地域設定ができる「ハイパーローカル」なジオターゲティングの開発が進んでいます。
Facebookが導入を発表した「Local Awareness Ads」も、ハイパーローカルなターゲティング広告サービスです。今回は、このサービスを詳しくご紹介することで、ジオターゲティングの最新事情をお伝えします。 (さらに…)

 

Live Commerce2.3 アップデートのご案内

2014年11月19日 水曜日

平素はデジタルスタジオのLive Commerce ホスティングサービスをご利用いただきありがとうございます。
Live Commerce2.3へのアップデートにつきましてご連絡させていただきます。

 

1) 2.3で改修されたバグ
改修されたバグや仕様変更につきましては、以下のページ下部の更新履歴をご参照ください。
http://www.live-commerce.com/new/

 

2) スケジュール
プレミアムプランのお客様につきましては、11月17日より順次バージョンアップを行います。

ゴールド・シルバー・起業家プランのお客様につきましては、11月21日より順次バージョンアップを行います。
なお、バージョンアップが完了するまでは、管理画面にログインした際に「新しいLive Commerceのバージョン2.3がリリースされています」のメッセージが表示されます。

弊社でバージョンアップ作業を行いますと、メッセージが非表示になります。
バージョンアップに際して、お客様に作業をしていただく必要はございません。

今後とも変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

 

ホリデーマーケティングでおかしがちな過ち

2014年11月18日 火曜日

イメージ写真

ホリデーシーズンが近付くにつれ世間も活気付いてくるのと共に、市場競争も激しくなっていきます。今の時期、この商機に合わせたホリデーマーケティング戦略を考えている頃ではないでしょうか。
コンテンツマーケティングにおいて、親切な接客を届けられる方法の一つと言えばEメールです。効率の良い方法である一方、Eメールという形式に伴う犯しがちな失敗があります。1年で最も重要とも言えるホリデーマーケティングを成功させるためには、以下のような過ちを避けましょう。 (さらに…)