« ブログのトップページに戻る

Lvie Commerceのロゴダウンロードページ

   投稿者 : 2010年2月3日 By

Live Commerceロゴのダウンロードページを作成いたしました。

ホームページやブログなどでご紹介いただける際にはLive Commerceのロゴをご活用ください。

関連する記事

儲かっているウェブサイト制作会社が知っておかなければならないLive Commerce 3つの事実... 貴社への新規案件で海外向けのECサイトの需要は昨今高まっているかと存じます。 当社へも海外向けEコマース案件の問い合せが日々増えており、特にウェブサイト制作会社、広告代理店様からは毎日お問い合わせを頂いております。 日々質問いただく中で、「Live Commerce を利用するメリットは?」...
新しいテーマ18 Live Commerceの新しいテーマ18を本日追加いたしました。 今回のコンセプトは全般的に使える基本となるテーマとしたため、デザイン性をかなり制限したインターフェースとなっております。またLive Commerceのテーマとしては初の全画面型レイアウトになります。 現在Live Comme...
Live Commerceの開発者プログラムを利用する5つのメリット... 『Live Commerce開発者プログラム』は先日ブログでアナウンスを行いましたが、内容に関してもう一度詳しくご紹介します。 もし、あなたが今Live Commerceで顧客にECサイト構築の提案を今後しようと考えているなら、Live Commerce開発者プログラムへぜひ参加ください。...
Live Commerce0.1 初版リリース! ついにこの日が来てしまいました。 このプロジェクトはうまくいくのか、はたまた、ダメなのか。 途中で何人もの関係者が投げ出し、いろんな方から”やめとけ”的なことを言われ、プロジェクトに参加していた社員は途中で辞めるわ.... 一時は投げ出してやろうかと何度思っ...
オンライン見積対応 Live Commerceオリジナル商品レイアウト... 何? iPad ルックなオリジナルレイアウトはページ毎に、オプションのID等を設定する必要がありましたが、このページテンプレートは設定不要で、すべて自動で見積もり計算してくれる高機能版(発展形)です。 オンラインでオプションを選択すると、リアルタイムで見積額を計算してくれるページテン...
osCommerce、ZencartはEC市場全体の49% osCommerceとZencartのシェアが弊社のサイトからのアンケート結果によって得られた数字だと49%ということだ。 Live Commerceとしては今後、時間をかけてユーザーシェアを獲得していくのは言うまでもないが、現時点でユーザーがどんなカートを使っているのか、どんなとこ...
このエントリーをはてなブックマークに追加