« ブログのトップページに戻る

コミニティーの参加、テスターの参加ありがとうございます!

   投稿者 : 2009年12月8日 By

先日のリリースより、さらにテスター参会者が数名増えました。
コア開発チームのエンジニアを含めると、8日時点で14名のテスター参会者+開発者となり、より早期のバグ発見が可能になりました。これによって開発チームの内部モチベーションもあがりました。
 

なんらかの形でコメントをいただいたり、コミニティーへ参加していたける皆様、ありがとうございます。
テスター参加者は継続して募集中です。この記事をみて興味がございましたら、こちらを参照してください。

2010年はLive Commerce元年と明言させていただき、ベータ版としての対応を急ぐとともに、今後多くのユーザーが利用できるように、ドキュメント類、インフラ面の整備も急務となっております。

また、今まで、「こんなECサイトが欲しかった!」
今なら、言いたいだけ言ってください。ある程度開発が進行してしまいますと、意見をのむにも民主主義が働き動きづらくなってしまいます。

コミニティーに参加していただき、意見をいただけると大変助かります。

私にも、11ヶ月の子供がいますが、Live Commerceもまだ1ヶ月の赤ん坊です。
まだまだ沢山のエネルギーを注がなくてはEC市場の成長に影響力を出すことはできません。

私は今まで経験してきた過去5年間のECサイト構築をもう一度振り返り、
Live CommerceはECサイト構築のデファクトスタンダートになれるかどうか、
いろんな意味で、従来のやり方をもう一度見直し、フレキシブルに進化をしてきたいと考えています。

 

関連する記事

5秒でLive Commerce開発環境を手に入れる Live Commerce開発クラウド... 2010年あけましておめでとうございます。 昨年末にLive Commerceをリリースして約1ヶ月が経過しました。   この先、Live Commerceをどのように普及させていくか? これが2010年のLive Commerce開発チームの課題です。  ...
ダウンロード販売サイト等で年会費を払えば無制限にダウンロードを可能にする会員制のサイトの作り方... 海外の素材系サイトには、年会費○○○○円を払うとそのサイトで提供しているすべての素材へのダウンロード権を付与してくれるサービスが結構あります。同様に、年会費の代わりに、ダウンロードクレジットなるものを年会費の代わりにしてダウンロードクレジットを商品として、クレジット数に応じてN回ダウンロードできるよ...
Live Commerceを活用したビジネス戦略について... Live Commerceも2009年12月の初版リリースから約1年が経ちました。 本日は、Live Commerceの今後の展開を含め、オープンソースとASPで提供されるLive Commerceの違いについてビジネス上の戦略をお伝えします。 これからECサイト構築市場で本気でビジネスを考...
デモサイトアップデート 本日、デモサイトをアップデートしました。次回リリース予定の下記3つの機能を実装しています。まずはテストドライブということで皆様より意見など頂ければと思います。 SEO URL デモ 商品ページやカテゴリページのURLに商品名やカテゴリ名が入るようにしました。これはいつでもON/OF...
Live Commerce ペイメント カタログ 先日リリースしました、Live Commerceの最新サービスのLive Commerceペイメントですがカタログができております。 是非資料請求ください。 ...
Live Commerceの開発者プログラムを利用する5つのメリット... 『Live Commerce開発者プログラム』は先日ブログでアナウンスを行いましたが、内容に関してもう一度詳しくご紹介します。 もし、あなたが今Live Commerceで顧客にECサイト構築の提案を今後しようと考えているなら、Live Commerce開発者プログラムへぜひ参加ください。...
このエントリーをはてなブックマークに追加