« ブログのトップページに戻る

競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール

   投稿者 : 2014年7月9日 By

インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。

今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。

1.Google Alert

定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュースが配信された場合にGoogle がアラートメールを送ってくれるサービス。自分の業界でキーとなる社名や商品名を留めておくだけで不要なニュースのフィルター的な役割にもなる。

2. Magestic SEO

競合他社のバックリンク数と参照元を取得することができる。

3. TOPSY

ソーシャルメディア上のトレンドを調べる事ができる。例えば自社でSEO対策しているキーワードがソーシャルメディア上で誰が発言しているのかを調べる事ができれば、インフルエンサーを探す事ができ、彼らを味方に付ける事で自社のトラフィックを上げる事が可能になる。

4. Spy on Web

競合他社が保持している他のサイトを取得する事ができる。

5. Spyfu

英語圏のみ対象だが、競合他社が対策しているキーワードリストを取得する事ができる。

6. HubSpot’s Marketing Grader

ブログ、ソーシャルメディア、SEOの投稿日時、シェア数、LIKE数を取得する事ができる。どういう記事が競合他社ではバズっていて、そこからどのページへ流入させているのか、大枠は把握する事ができるだろう。

7. Google Trends

Google Trandsは特定にキーワードにおける過去の検索回数を知ることができる。そのキーワードが右肩上がりなら今後も検索回数が増える可能性のあるキーワードと言う事になる。自分の業界のビックキーワードの検索回数を調べれば調子がいいのか悪いのかはある程度分かる。

参考
http://www.practicalecommerce.com/articles/69027-11-Free-Ways-to-Track-Your-Competitors

関連する記事

知っておくべきミレニアル世代の8つの習慣... 2015年4月に500名のミレニアル世代の買い物習慣について調査、さらに10月にも携帯アプリやギフトカード利用に関するアンケートも実施した。 その結果、ミレニアル世代の消費者は携帯とソーシャルメディアを利用したシッピングを好む傾向がある事が明らかになった。  "ミレニアル世代の...
商品ブランドを定着させる方法ーPart2 先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。  さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。 商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら 11.  ジャーナリストと繋がりを持つ 現在、...
起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...
もう そこまで来ているVRコマース 2018年5月9日(水)~11日(金)東京ビックサイトで開催された「Japan IT Week 春 2018」は1,666社、来場者数、102,441名と大盛況だった。 弊社のLive Commerceブースにも多くのお客様が足を運ばれ、接客、商談などさせていただいた。 この「Japan...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
費用対効果が高い! Facebookダイナミック広告とは...   前回ブログ『広告運用者なら押さえておきたい「動的リマーケティング」とは』ではGoogle広告のリマーケティング広告について説明したが、今回は、Facebook広告のリマーケティング広告について見ていこう。 Facebook広告には画像広告、動画広告、スライドショー広告、...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加