競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール

インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。

今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。

1.Google Alert

定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュースが配信された場合にGoogle がアラートメールを送ってくれるサービス。自分の業界でキーとなる社名や商品名を留めておくだけで不要なニュースのフィルター的な役割にもなる。

2. Magestic SEO

競合他社のバックリンク数と参照元を取得することができる。

3. TOPSY

ソーシャルメディア上のトレンドを調べる事ができる。例えば自社でSEO対策しているキーワードがソーシャルメディア上で誰が発言しているのかを調べる事ができれば、インフルエンサーを探す事ができ、彼らを味方に付ける事で自社のトラフィックを上げる事が可能になる。

4. Spy on Web

競合他社が保持している他のサイトを取得する事ができる。

5. Spyfu

英語圏のみ対象だが、競合他社が対策しているキーワードリストを取得する事ができる。

6. HubSpot’s Marketing Grader

ブログ、ソーシャルメディア、SEOの投稿日時、シェア数、LIKE数を取得する事ができる。どういう記事が競合他社ではバズっていて、そこからどのページへ流入させているのか、大枠は把握する事ができるだろう。

7. Google Trends

Google Trandsは特定にキーワードにおける過去の検索回数を知ることができる。そのキーワードが右肩上がりなら今後も検索回数が増える可能性のあるキーワードと言う事になる。自分の業界のビックキーワードの検索回数を調べれば調子がいいのか悪いのかはある程度分かる。

参考
http://www.practicalecommerce.com/articles/69027-11-Free-Ways-to-Track-Your-Competitors

関連する記事

本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
今さら聞けない?新マーケティング用語... Webマーケティングではその概念や用語が日々進化し、新しい用語であったり、マーケッティングの仕組みやニュアンスといったものが変化している。そのスピードは速く、その中身もさまざまに多義化し難しいものになっているようだ。 今回は、そのマーケッティング用語として昨今、新しい概念として定着した感のあ...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ