« ブログのトップページに戻る

‘Google ショッピング’ タグのついている投稿

ECサイトにMPNコード(Scheme構造タグ)が必要なわけ

2017年10月23日 月曜日

今回のLive Commerce Ver3.4 の新しい機能の1つに商品マスタの入力項目にMPNコードというものが追加されています。おそらく、ほとんどの方が知らないMPNコードですが、なぜこうして皆さんにしてもらう必要があるのか、なぜECサイトでは重要なのか、本日はそのMPNコードについてお話ししたいと思います。

MPNコードとは製造メーカーが製品毎に独自に定めた商品固有の製造番号です。
例えばキャノンのカメラには1160C029AAというMPNコードが付与されています。同じようなコードにJANコードというものがあります。JANコードとMPNコードは似ているようで全く違います。JANコードは国際的なルールに基づいて決められた 番号です。具体的には国際的な流通標準化機関であるGS1(ジーエスワン)が定める国際標準の識別コードを設定するために必要となるコードのことを意味します。JANコードは製品にバーコードが付与されている場合はJANコードが付与されています。一般的に45や49から開始される13桁の番号です。 (さらに…)

 

schema.orgがSEO対策として無視できない存在

2017年2月20日 月曜日

 

本日の記事はWEBサイト管理者の上級者を想定しています。

SEO対策といえば、サイトのコンテンツの質を上げる、ユーザーに役立つコンテンツを作る、、、というのが一般的な認識ですが、この数年でこうしたコンテンツの質を上げるためにより具体的で、技術的な仕様が推奨されるようになってきています。

まず、SEO対策の基本中の基本であるHTMLタグですが、HTMLタグはW3C(World Wide Web Consortium ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムという非営利団体がHTML言語における標準化を行っています。SEO対策をするにはまずHTMLタグが持つ意味と定義を理解することからはじめ、その上で良質なコンテンツを書く必要がありますよね。

ただ、WordPressに代表されるブログCMSでは、書き手はこうしたことを認識することはありません。大半のブログCMSではこうしたHTMLタグが適切にマークアップされているためです。

一方で、ブログではなく、商品などを取り扱うウェブサイト(ECサイト)では、HTMLタグの中でも、さらに一歩踏み込んだデータ標準化を推進している団体に Schema.ORG があります。当社でも昨年、ブログで解説をしています。ECサイトに必須のリッチスニペットでSEO対策 (さらに…)