« ブログのトップページに戻る

‘ECサイト’ タグのついている投稿

越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –

2017年12月25日 月曜日

イメージ画像

日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野であることは確かなようだ。
今回は、昨年「越境ECで売り上げ好調なサイト」でも取り上げた「Tokyo Otaku Mode」「ケンコーコム」「キリン堂」成功事例の他に、どのような越境ECサイトが売り上げを伸ばしているのかを調べてみた。

(さらに…)

 

多様化するECサイトの決済サービス

2017年8月7日 月曜日

イメージ画像

ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。
実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マイボイスコム調査)という結果もある。
特にシニア層の方でクレジット番号を入力することに抵抗があり、クレジットカード以外でも商品を購入できる、多くの選択肢をECサイトに搭載しておくことが必要である。
今回はクレジットカード決済、コンビニ決済など従来の決済サービスから、昨年から増えてきているモバイル決済、また、今、注目の後払い決済など、多様化するECショップの決済サービスについて見て行こう。

(さらに…)

 

中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加

2017年6月7日 水曜日

 

最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年までに12,543ドルに達すると予想されている。

ネット通販を利用するユーザーは5億9,900万人、2021年までには8億4,400万人へ増加、人口の74%に達すると予測されている。ネット通販の年平均消費額は799ドルで2021年までに995ドルへ増加する見込みである。

中国のネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)

 

フィリピン ネット通販 2021年までに利用者数4900万人へ

2017年5月26日 金曜日

フィリピンの都市 Baguio

アジアの中でも爆発的に人口が増え続けているのがフィリピン、この記事ではフィリピンのネット通販事情について見ていきましょう。

経済

フィリピンは人口1億100万人、GDPは2920億ドルであり1人あたりのGDPは3249ドルであり2021年までに4588ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは2017年の時点では145位である。

ネット通販を利用するユーザーは3400万人、2021年までには4900万人へ増加、人口の66%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は36ドルで2021年までに48ドルへ増加する見込みである。

フィリイピン ネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)

 

2016年、日本のEC市場はどうだった?

2017年5月8日 月曜日

イメージ画像

今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。
報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。
各分野では物販系分野で8兆43億円、前年比で10.6%の伸び、サービス系分野は5兆3,532億円、伸び率は9.2%、デジタル系分野で1兆7,782億円で伸び率は8.9%で、物販系分野(ファッション、食品、家電、書籍など)が大きく伸長している。
この伸長の背景にはEC化率やスマートフォンユーザーの伸びが大きく関係している。
今回は2016年、国内EC市場のEC化率、スマートフォンユーザーの動向などについて見ていこう。

(さらに…)