【最新】越境ECで売上好調な日本企業事例10選

タイトルイメージ

越境ECとは、国、地域の垣根を越えて、インターネットを通じて売買を行う国際的な電子商取引のこと。2022年は国内越境EC市場は大きな盛り上がりを見せた。
要因は先進国ばかりではなく、新興国のITインフラの普及、国内越境EC代行サービスの拡大、さらには急激な円安など、プラス要因が越境ECの需要を大きく押し上げた。
今年も引き続き越境EC市場は拡大すると予測され、アフターコロナではインバウンドとの相乗効果も期待できる。今回は越境ECで売上好調な日本の企業サイト10選を整理した。

(1)「BENTO&CO」

p01
https://en.bentoandco.com/

BENTO&COは京都発の弁当箱やキッチン食器など日曜雑貨を世界60カ国に販売している。 ECサイトには日本のキャラクターを中心にかわいい系商品が並ぶ。
越境ECでは、日本語・英語・フランス語対応しており、チャット機能もあるのが特徴。

(2)「カキモリ」

p02
https://kakimori.com/

カキモリは高品質な文具、特にオーダーインク、オーダーノートや筆記具を取り揃え、東京都台東区に店舗も持っている。
越境ECサイトは、日本の高品質・高級文具という世界観を全面に出しており、海外のファンも多い。

(3)「サムライストア」

p03
https://samurai-store.jp/

越境ECを2002年から始めているサムライストアでは日本の甲冑(レプリカではなく本物の鉄製の鎧兜)をはじめ刀剣類(居合刀・装飾刀)を販売している。
日本人にはあまり知られていないが、海外のコアなファンが多い。 サムライストアの成功のポイントは、世界200以上の国や地域で利用でき、100通貨以上に対応しているPayPalを導入したこと。 現在では52カ国に納品しているという。

(4)「Tokyo Otaku Mode」

p04
https://otakumode.com/shop/

オタクモード・ドットコムは、日本のアニメ・漫画・コスプレ、ゲーム、音楽、ファッションなど日本のポップカルチャーを世界に発信、販売している。
アメリカやカナダ、フランスなどの欧米圏を中心に、100カ国以上の国々で売上を伸ばした。 SNS集客ではFBを活用し、日本のポップカルチャー情報を発信しながら、海外ユーザーを自社越境ECサイトに誘導している。

(5)「北海道お土産探検隊」

p05
https://www.hokkaido-omiyage.com/

2010年から全世界に向けて北海道の土産品を販売している北海道お土産探検隊は、販売商品は北海道の銘菓が中心で、20ブランド・600種類以上の商品を取り扱っている。
北海道お土産探検隊の特徴は、自社で運営するネットショップだけではなく、様々なECプラットフォームへの出店している点にある。 海外向けでは、Rakuten GlobalMarketやAmazon.com、Yahoo台湾、eBay、WeChatなどに展開している。
北海道お土産探検隊のような地域の特産品などのお土産品は、アフターコロナにおけるインバウンドによる越境ECを通じたリピート購買の観点からも優位性が高いと言える。

(6)「ヤーマン」

p06
https://yamengdq.world.tmall.com/

中国の大規模セール、11月11日の「独身の日」に着目し、越境ECで大きな成功を納めたのが美顔器で知られるヤーマンだ。
2021年の独身の日では、ヤーマンの美顔器「YAMAN Professional MAX」は12億円以上を売り上げ、2位の資生堂化粧水よりも約5億円の差をつけた。
高品質・高機能の化粧品・美容系の日本商品は、世界中でで人気の商品である。独身の日では、美容に関心を持つ中国女性をターゲットに、女性達の興味を引くライブコマースを展開した。

(7)「タビオ」

p07
https://tabiousa.com/

国内外で約250店を展開する、靴下専門ブランドのタビオは、2021年10月、海外の顧客が自社サイトから買える越境ECを導入した。
越境ECサイト、トップページは、高級ファッションブランドを意識した上質なビジュアルにより、職人の技術や品質の高さを表現している。 2022年10月の越境EC売り上げは、中国、台湾の顧客を中心に流通総額が前年同期比で2割以上増加した。

(8)「レトロアジア」

p08
https://www.retroasia.com/

レトロアジアは日本の中古のゲーム機・ゲームソフトを販売している越境ECサイトである。
海外で高く評価される日本のゲームだが、レトロアジアでは入手困難とされる中古ゲームに特化しているところが成功の要因である。 運営はフランス人が行っていることも特徴で、海外顧客のニーズやカテゴリー選定、商品の見せ方など参考になる。

(9)「サクラマート」

p09
https://www.saqramart.com/

Saqura Martでは、日本の人気がある食品・菓子を中心に理容・美容関連商品、おもちゃ・ゲーム、文具にいたる様々な商品を世界に向け販売している。
サイトにはかわいい系のイラストをふんだんに盛り込み、豊富な商品も見やすくレイアウトされていて、ブランディング、ビジュアル戦略も優れている。
また、注文した海外顧客へ商品の到着時間が早く、梱包も丁寧と好評である。

(10)「アジアンポータル」

p10
https://fishing.asian-portal.shop/

2017年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」は、日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。
日本の釣具メーカー300社に及ぶ商品を1つの越境ECサイトに集約させたところが成功の要因である。 世界中の釣りファン、日本の釣具に関心の高い海外ユーザーは、このサイトひとつ見るだけで、お目当ての釣具を購入できるユーザーメリットは大きい。

まとめ

ここまで見てきて、海外から求められる日本の商品は、日本の文化的背景のある物や製品技術の高い商品であることが分かる。
越境ECを開始するには、海外、現地ニーズに合った商品を選ぶこと、集客・マーケティング施策を行うこと、カスタマーサポートを万全にするなどがポイントと言えるだろう。

関連する記事

越境ECコンサルタントって存在するのだろうか... 越境ECサイトを立ち上げるので、海外販売について相談に乗ってほしい。 この手のお問い合わせの特徴としては、まずは海外に目を向けてビジネスをスタートさせたいという気持ちだけで問い合わせが来ます。 当社としてはこの内容のお客様の場合、お客様としてもまだ頭の中が整理されておらず、抽象的な表現でお問...
越境EC 海外配送の各社取り組み 越境ECを始める際に重要なのが、海外配送手段の知識を得ておくことである。 海外配送には、大きくわけて、国際郵便と国際宅急便の2種類がある。 EMSは国際郵便の一種であり、国際郵便の運営は万国郵便連合加盟国の各国の郵政庁など公的配送会社となっている。日本では、日本郵便、アメリカではUSPS...
アジアEコマースの「残念な体験」、「嬉しい体験」とは?... 越境EC市場はアメリカ、欧米、中国と続き、次の市場は東南アジアへと期待が高まっている。中国向け越境ECに手応えを感じ、次と市場として東南アジア進出、販路拡大を施策する企業が多い。 そのような中、3月5日、トランス・コスモス株式会社はアジア10都市を対象に行った、ECの利用実態、越境ECへの...
コンバージョンUPにもつながる!リターンポリシーの書き方... オンラインで商品を購入する場合、お客さまにとってリターンポリシーの内容はとても重要なものです。そこで今回は、リターンポリシーを設定するにあたって大切な、6つのポイントをご紹介します。また、実際にリターンポリシーに力を入れているサイトもご紹介します。 1 返品期間はできるだけ長く 返品期間が、...
越境ECビジネスモデル塾 テスト済み越境ECの意味について他... 今回の配信は 2020年 1月31日配信分の要約になります。 当社のウェブサイトには「テスト済み越境ECでスタートできます」とコピーを掲載しているのですが、これを書いたのは私自身です。というのも、プロはどんな商材であっても蓄積したノウハウと経験により確実に成果をだすことが保証されていなければな...
越境ECで年商10億円の売上を作ることができる商材・できない商材... 2021年、カスタマーサクセスプランで契約中のクライアントの売上が年商10億円を超えるペースで推移するまでに越境ECサイトを成長させることができました。 今日は2010年から一貫して越境ECサイトの開発・運営で自らが体験し学んだことで、年商10億円規模の売上を作ることができる商材・できない...

タグ: , , ,

コメントをどうぞ