越境ECの一次情報が ほぼ皆無なワケ

久々にLive Commerce の公式サイトのブログを書きます。

まず、率直に言いたいことはこれ。

残念ですが、日本国内には越境ECメディアがありません。
まともに信頼できる情報ソースがありません。

なので、日々のニュースで流れてくる越境EC情報の多くは一次情報ではなく、2次、3次情報だったりします。
なぜ、今更こんなことをブログで主張したいのか?

越境ECとというソリューションを提供している立場、越境ECを運営している立場、つまり両社の側面から見て、うあああ!! このニュース、、なんか違うな、、、って最近よく感じるようになったので、溜まっていた私のソースをここで一気に吐き出しておこうと思います。

1.越境ECの一次情報はほぼ皆無

越境ECは楽天やAmazonのように企業団体によるコミュニティーがないため、横のつながりが皆無です。
したがって、業界の景気動向は一般的な経済ニュースを指標とする以外に越境ECがどのような景気動向であるのかを調べることはほぼ無理と言ってもいいでしょう。

結果、ネットにあふれている情報の多くは経産省が出した資料の焼き直しで2次、3次情報レベル。
ブログ、ツイッター、YouTubeはゴミ情報であふれています。

昨年、コロナ規制撤廃後となる初の海外ビジネスEXPO 2022 東京に出店しましたがが、越境ECのソリューションを提供している企業でさえ、まともな情報ソースを持っている担当者に会えませんでした。当社のブースに来る担当者の肩書は、大手コンサルティング会社だったりが多いこと、、、。

コンサルティング会社は顧客だけを持っており、情報は皆無にちかいのではないでしょうか。越境ECに関しては話すと、ほぼマーケティングも技術も素人レベルでした。

かわいそうですが、大手企業の発注先は大手コンサルティング会社で、そこが当社を下請けの様な形で使う、下請け構造という文化がある限り、大手企業が成功することはまずないかと、言ってはいけないけど、たぶんそう。

それと、経産省の越境ECのレポートも間違っているとすごく感じます。

この数値には一般貿易も含まれていて、越境における電子商取引だけを純粋に表したとする証拠、つまりどのサイトでいくらというようなソースが明示されていません。あくまでも”推計”となっているため、電子商取引ではなく、その外で行われている商取引が8-9割ではないでしょうか。

2. この業界における信頼できるメディアは何か?

と言われれば、eBay Japan が毎月出しているセラーポータルサイト内の売上データ、これは非常に信頼が高いと思います。

過去の商取引を基本にeBay Japanが数字を丸めたものだと思われます。
国別のデータはでていませんが、これに国別にデータも併せて取得できるようになると、素晴らしいです。

eBay以外でいうと、残念ながらこの業界におけるまともなニュースメディアはないのではないだろうか。

専門家が使う情報発信としては、ツイッター、YouTubeがありますが、越境ECとしての一次情報を扱ったメディアは私は知りません。(というか、たぶん誰もやってないし、やる意味もないんだろうな)

今さら自慢ではないのですが、当社が運営している月商1億円を超える越境ECサイトのアクセス解析(Google Analytics)のデータは世界中の豊富なデータが取得できているので、ニュースよりもこちらのデータから取得できた数値から事業を考察したほうがよっぽど有益だったりします。

3. ウソを見抜くちょっとしたデータ

さて、あなのビジネス戦闘力をここで試してみないか。
以下は、当社が運営する直近6ヶ月の国別成約率を表にしたものです。
これは、私がGoogle Analytics のカスタムレポートで出力しました。

ここから、何が読み取れるか、考えてみてください。

国別成約率

2022 – 国別成約率 デジタルスタジオ運営の越境ECサイト

 

セッション数と支払い完了の列を比較すると、
セッション数が高いのは以下の通りだが、

  1. マレーシア 
  2. アメリカ
  3. インド
  4. フィリピン
  5. オーストラリア
  6. タイ

 

成約率順に並び替えると

  1. アメリカ 0.51%
  2. オーストラリア 0.09%
  3. タイ 0.03%
  4. フィリピン 0.02%
  5. マレーシア 0.02%
  6. インド 0.02%

 

成約率の上位は先進国、とりわけアメリカ・ヨーロッパで、下位のフィリピン・マレーシア・インドとアメリカの成約率の差は25倍もあるのです。

これをマクロ的視点で見れば、越境ECとは、先進国を相手にしたビジネスです。
もちろん、世界数百か国から受注をしてますが、あくまでもマクロ的視点です。

 

ちなみに、当社ではこの事実をマーケティング担当者に理解させているので、顧客からのバイアスには絶対に便乗しません。

しかし、ニュースでは、台湾越境ECがどうだの、中国越境ECがどうだのとか、、アジアが今は成長しているからいいとか、、、いろんな情報が交錯してますけど、、、
だから一次情報でないと信頼できないのです。

これらの情報を見ている、2次情報を受けた人は、たぶん事業をやると、すぐに広告費とか投資したお金を燃やしてしまい、1年で撤退している人がほとんどだと思います。
逆を返せば、正しい情報が出回らないので、それはそれで、良い意味でよかったりするかもしれません。

正しい情報が流通しないということは、正しい判断もできない訳で、それは、結果的にプレイヤーから脅威を遠ざけていることと同じと言えば同じだからです。

もうちょっと言いたいことはありますが、このあたりで止めておきます。

関連する記事

越境ECに大きなメリット RCEP協定について解説します... 4月28日、日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国が署名した、地域的な包括的経済連携=RCEP協定が内閣で承認された。 RCEP協定は世界のGDP、貿易総額、人口の約3割を占め、日本の貿易総額のうち約5割を占める大きなものだ。 この影響力はTPPなどより大きく、ア...
中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス... Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。 今回は中国決済...
日本の売れ筋商品がわかる イーベイが越境ECトレンドを公開... アメリカはコロナ禍から脱しつつあり、経済が大きく回復しつつある。2021年1月-3月期の実質GDP成長率(速報値)は、前期比年率+6.4%と大きく成長した。 成長の背景には12月と3月に実施された現金給付、一人当たり計2,000ドル(約218,000円)の景気対策とコロナワクチン接種の普及...
越境EC 香港のポテンシャルは? 2021年1月ジェトロが公表した、「2020年度 日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」によると、越境ECに取り組む日本企業の販売国・地域のトップは、中国、次いでアメリカ、台湾、香港、シンガポールとなっている。 この中で香港は、EC市場規模は小さいが、シンガポール同様、アジアのハブ...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
2018年 国内EC市場,越境EC市場 成長は鈍化傾向... 5月16日、経済産業省は「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態、及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について、その内容を公表した。 「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」の...

タグ:

コメントをどうぞ