« ブログのトップページに戻る

こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い

   投稿者 : 2015年3月11日 By

イメージ写真

海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。
ターゲットにあわせたUIをデザインすることはユーザビリティの基本である。
そこで今回は、特に海外、アメリカのECサイトデザインと日本のECサイトデザインと比べどこがどのように違っているのか、なぜそのようなデザインになるのかなどを考えてみたい。アメリカのECサイトと日本のECサイトデザインの違いと特徴について比較してみよう。

海外のサイト

下にアメリカのECサイトのトップページをいくつかセレクトした。まず、気がつくことは、文字に対して、圧倒的な大きさの写真がレイアウトされているということだ。
そして、色も控えめである。一言でいえばクールでフラットなデザイン。Simple is bestなデザイン思考である。
このようなデザインにする効果としては、ダイナミックでインパクトあるイメージをユーザーに与えることができ、ブランディング効果が高いサイトを構築することが目的にあるといえる。

日本のサイト

変わって、日本のECサイトのトップページをセレクトした。アメリカとは方向性が全く逆であるサイトが多い。
つまり、写真が小さい、テキストが多い。色づかいも多色である。3カラムを使い、情報が多いというイメージを与え、テキスト情報による信頼性、内容の安全性に重点がおかれているの分かる。

日本のサイト

まとめ

なぜ、このようにデザインが違うのかは国民性や持っている文化、環境の違いが大前提にはある。
どちらがいい、悪いということではなく、サイトデザインに対するアプローチが日本とアメリカでは違う気がする。
アメリカではデザインをするとき、why? why? why? why?で進めてゆく。なぜ、この文章は必要か? なぜ、この色にするのか? なぜ、このレイアウトにするのか? なぜ、この位置にこれを配置するのか? 論理的に説明できないのものは徹底的に削除し、残ったものだけが本当に必要なコアデザインとして活かされいく。
日本のデザインはどうだろう。アメリカほどストイックにデザインに対してアプローチをしているのだろうか?情報に対してあれもこれもと論理的検討もなく、配してしまうことが多いのではないか。つまり、多少非論理的でも詰め込んでしまおうとする。多少、テキストが多くても、コンテンツが多くなっても、できるだけ問題のない安全な方向でデザインするアプローチだ。
“郷に入っては郷に従え”というように、ECサイトの違いを比較し知ることは、重要である。特に、海外向けECサイト構築の際は単に日本語のサイトを訳したサイトではなく、海外のECサイトデザインヘのアプローチを加味し、デザイン的な違いに配慮し、対象ユーザーにとって使いやすい、受け入れやすいECサイトを構築する必要がある。

関連する記事

オンラインストアに欠かせない!便利ツール10選... Eコマースが広く普及している現在、ストア運営をサポートしてくれる便利なツールも続々と登場しています。定番のものからユニークなものまで、オススメのツールを集めてみました。 1. Google アナリティクス Googleアナリティクスは無料で利用できるアクセス解析ツールです。訪問頻度や滞在時間...
起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...
【重要】常時SSL化に伴うSSL証明書インストールについて... 2017年10月1日以降、Live Commerce 規約の変更に伴いまして、全ユーザー様のSSL証明書設置の義務付けをさせていただく予定となります。 インターネットを安全に利用できるように、IT業界の大多数の企業が推進している取り組みです。インターネットを介してサービスを提供し、且つ個人情報...
2014年 製造業の海外展開 – 中小企業白書から... 皆さん、こんにちは。引き続きご覧頂きありがとうございます。さて、私の話は、「中小企業・小規模事業者」の「製造業」に分類される企業に対してお話をさせて頂く事にしました。 之だけでも十分に広いので、今後はより絞り込んでお話を進めて行きますが、まず一般論からの現状で、特に押さえておきたい幾つかの点...
SEO対策 今年のキーワードを知ってますか?... 企業やショップなどのサイトの目的は集客し、売り上げに貢献することにある。 サイトを開設して、何もしなければ、お客様はサイトに訪れることもないだろう。 そして、サイトにお客様を呼びこむには集客する必要があるだろう。代表的な集客手法としては、SEO対策と広告(リスティング広告やアフェイエイト広...
2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。