« ブログのトップページに戻る

こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い

   投稿者 : 2015年3月11日 By

イメージ写真

海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。
ターゲットにあわせたUIをデザインすることはユーザビリティの基本である。
そこで今回は、特に海外、アメリカのECサイトデザインと日本のECサイトデザインと比べどこがどのように違っているのか、なぜそのようなデザインになるのかなどを考えてみたい。アメリカのECサイトと日本のECサイトデザインの違いと特徴について比較してみよう。

海外のサイト

下にアメリカのECサイトのトップページをいくつかセレクトした。まず、気がつくことは、文字に対して、圧倒的な大きさの写真がレイアウトされているということだ。
そして、色も控えめである。一言でいえばクールでフラットなデザイン。Simple is bestなデザイン思考である。
このようなデザインにする効果としては、ダイナミックでインパクトあるイメージをユーザーに与えることができ、ブランディング効果が高いサイトを構築することが目的にあるといえる。

日本のサイト

変わって、日本のECサイトのトップページをセレクトした。アメリカとは方向性が全く逆であるサイトが多い。
つまり、写真が小さい、テキストが多い。色づかいも多色である。3カラムを使い、情報が多いというイメージを与え、テキスト情報による信頼性、内容の安全性に重点がおかれているの分かる。

日本のサイト

まとめ

なぜ、このようにデザインが違うのかは国民性や持っている文化、環境の違いが大前提にはある。
どちらがいい、悪いということではなく、サイトデザインに対するアプローチが日本とアメリカでは違う気がする。
アメリカではデザインをするとき、why? why? why? why?で進めてゆく。なぜ、この文章は必要か? なぜ、この色にするのか? なぜ、このレイアウトにするのか? なぜ、この位置にこれを配置するのか? 論理的に説明できないのものは徹底的に削除し、残ったものだけが本当に必要なコアデザインとして活かされいく。
日本のデザインはどうだろう。アメリカほどストイックにデザインに対してアプローチをしているのだろうか?情報に対してあれもこれもと論理的検討もなく、配してしまうことが多いのではないか。つまり、多少非論理的でも詰め込んでしまおうとする。多少、テキストが多くても、コンテンツが多くなっても、できるだけ問題のない安全な方向でデザインするアプローチだ。
“郷に入っては郷に従え”というように、ECサイトの違いを比較し知ることは、重要である。特に、海外向けECサイト構築の際は単に日本語のサイトを訳したサイトではなく、海外のECサイトデザインヘのアプローチを加味し、デザイン的な違いに配慮し、対象ユーザーにとって使いやすい、受け入れやすいECサイトを構築する必要がある。

関連する記事

注目される関西インバウンド 今後の展望はいかに...   日本政府観光局(JNTO)は2018年の訪日外国人客(インバウンド)数は前年比、8.7%増の約3,119万人と発表した。 昨年は大型台風、関空の閉鎖、北海道胆振東部地震などの影響で9月は前年比でマイナスとなったが、全体的にはプラスの伸びとなった。 国別のインバウンドで...
年末年始休業のお知らせ 平素はLive Commerceをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 年末年始の営業に関して、ご案内を申し上げます。 弊社は下記の期間、休業とさせていただきます。 休業期間中はサポートを休止させていただきます。 ご利用中のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、予めご了承い...
アメリカで人気の日本食品はなんだ?... アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。 アメリカではJapanブランド商品の人気...
中堅ブランドをお持ちのやさしい海外販路開拓... 中堅企業が海外展開をおこなうには 日本のナショナルブランド? でもなく、いわゆるその業界で秀でてブランドを持っている日本の中堅企業というのは、展示会に行くと結構あります。 有名かというと、決して有名ではありません。あくまでも業界内でのブランド力はそこそこあるケースです。 業界内ではブ...
ラクビーW杯で盛りあがるインバウンド課題は「従業員の語学力」... 先週より、ラクビーワールドカップ2019日本大会が開催され、まず、日本はロシアに快勝し、予想以上の盛り上がりを見せている。大会会場も座席は観衆で埋め尽くされ、今後のインバウンド状況がどう変化するのか、気になるところだ。 そして、先月8月訪日外国人数が公表された。発表によると、今年初めて前年...
実店舗では必須のMEO対策 取り組むべきポイントは?... 実店舗ではSEOより重要だと言われる、MEOをご存知だろうか? 例えば、カフェでコーヒーが飲みたくて、カフェとGoogle検索しても、新宿にいる場合と大阪にいる場合では検索結果が違ってくる。検索結果では一番上部に地図が表示され、さらに下段では3店舗の店名と説明文、写真が表示され、その後にS...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。