こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い

イメージ写真

海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。
ターゲットにあわせたUIをデザインすることはユーザビリティの基本である。
そこで今回は、特に海外、アメリカのECサイトデザインと日本のECサイトデザインと比べどこがどのように違っているのか、なぜそのようなデザインになるのかなどを考えてみたい。アメリカのECサイトと日本のECサイトデザインの違いと特徴について比較してみよう。

海外のサイト

下にアメリカのECサイトのトップページをいくつかセレクトした。まず、気がつくことは、文字に対して、圧倒的な大きさの写真がレイアウトされているということだ。
そして、色も控えめである。一言でいえばクールでフラットなデザイン。Simple is bestなデザイン思考である。
このようなデザインにする効果としては、ダイナミックでインパクトあるイメージをユーザーに与えることができ、ブランディング効果が高いサイトを構築することが目的にあるといえる。

日本のサイト

変わって、日本のECサイトのトップページをセレクトした。アメリカとは方向性が全く逆であるサイトが多い。
つまり、写真が小さい、テキストが多い。色づかいも多色である。3カラムを使い、情報が多いというイメージを与え、テキスト情報による信頼性、内容の安全性に重点がおかれているの分かる。

日本のサイト

まとめ

なぜ、このようにデザインが違うのかは国民性や持っている文化、環境の違いが大前提にはある。
どちらがいい、悪いということではなく、サイトデザインに対するアプローチが日本とアメリカでは違う気がする。
アメリカではデザインをするとき、why? why? why? why?で進めてゆく。なぜ、この文章は必要か? なぜ、この色にするのか? なぜ、このレイアウトにするのか? なぜ、この位置にこれを配置するのか? 論理的に説明できないのものは徹底的に削除し、残ったものだけが本当に必要なコアデザインとして活かされいく。
日本のデザインはどうだろう。アメリカほどストイックにデザインに対してアプローチをしているのだろうか?情報に対してあれもこれもと論理的検討もなく、配してしまうことが多いのではないか。つまり、多少非論理的でも詰め込んでしまおうとする。多少、テキストが多くても、コンテンツが多くなっても、できるだけ問題のない安全な方向でデザインするアプローチだ。
“郷に入っては郷に従え”というように、ECサイトの違いを比較し知ることは、重要である。特に、海外向けECサイト構築の際は単に日本語のサイトを訳したサイトではなく、海外のECサイトデザインヘのアプローチを加味し、デザイン的な違いに配慮し、対象ユーザーにとって使いやすい、受け入れやすいECサイトを構築する必要がある。

関連する記事

懇親会・Live Commerce交流会 開催について... 2月19日・東京渋谷で開催されるLive Commerceの次回のセミナーですが、セミナー終了後、同ヒカリエ内にて懇親会を開催します! 参加のメリット セミナーでは聞きづらかったことや、目的意識を共有できる参加者様同士の交流、またセミナーではお話しできなかった裏話など、参会者の皆さまと交流...
Live Commerce にタイ語が追加 Live Commerce に本日タイ語のオプションが追加されました。 機能管理 > 追加オプション申請 > タイ語追加 よりオンラインから申込が可能です。 オンラインデモ 下記サイトにてオンラインデモサイトを公開しています。 タイのEコマース事情 人口:6...
求められる音声SEOとVSEO対策のポイント... 検索エンジン対策(SEO対策)は、今の時代、Webサイトの上位表示ためのSEO対策、最適化だけではなくなってきた。 昨年から次々に日本に上陸しているスマートスピーカーの現況は、これからは音声検索でも上位になるように設定することも同時に行う必要があるだろう。 さらに、YouTube動画から...
顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?... スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。 そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには...
メールニュースを定期購読してもらうための5つのコツ... ウェブサイトの来訪者を、見込み客、そして顧客へと育てるための第一歩として、メールニュースを定期購読してもらうことが大切です。そこで今回は、ユーザーを定期購読に導くコツを5つご紹介します。 1. 申込み欄は目立つ場所に! ウェブサイトからメールニュースの定期購読を申し込んでもらうためには、Eメ...
2017年 日本の広告は何が牽引していた?... 先月、2月22日、電通は『2017年日本の広告費』を発表した。総広告費は前年比の101.6%の6兆3,907億円、その中でもインターネット広告費は前年比、115.2%の1兆5,094億円となっている。 世界経済の回復と企業利益の拡大、雇用の改善など日本の景気は上向き、総広告費は緩やかだが上...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 以前のブログで、ECサイトで日本とアメリカのサイト比較したものがあるのでそちらも参考にしていただくと、より違いがわかる。 […]

コメントをどうぞ