« ブログのトップページに戻る

こんなに違うぞ!日本と海外のECサイトの違い

   投稿者 : 2015年3月11日 By

イメージ写真

海外向けECサイトを構築する時、日本人に向けたのECサイトと海外向けのECサイトではデザインを変える必要がある。日本では日本の国民に受け入れやすいサイトデザイン。アメリカならアメリカの、中国には中国の国民に受け入れやすいサイトデザインにし、情報発信したほうが良いのは当然である。
ターゲットにあわせたUIをデザインすることはユーザビリティの基本である。
そこで今回は、特に海外、アメリカのECサイトデザインと日本のECサイトデザインと比べどこがどのように違っているのか、なぜそのようなデザインになるのかなどを考えてみたい。アメリカのECサイトと日本のECサイトデザインの違いと特徴について比較してみよう。

海外のサイト

下にアメリカのECサイトのトップページをいくつかセレクトした。まず、気がつくことは、文字に対して、圧倒的な大きさの写真がレイアウトされているということだ。
そして、色も控えめである。一言でいえばクールでフラットなデザイン。Simple is bestなデザイン思考である。
このようなデザインにする効果としては、ダイナミックでインパクトあるイメージをユーザーに与えることができ、ブランディング効果が高いサイトを構築することが目的にあるといえる。

日本のサイト

変わって、日本のECサイトのトップページをセレクトした。アメリカとは方向性が全く逆であるサイトが多い。
つまり、写真が小さい、テキストが多い。色づかいも多色である。3カラムを使い、情報が多いというイメージを与え、テキスト情報による信頼性、内容の安全性に重点がおかれているの分かる。

日本のサイト

まとめ

なぜ、このようにデザインが違うのかは国民性や持っている文化、環境の違いが大前提にはある。
どちらがいい、悪いということではなく、サイトデザインに対するアプローチが日本とアメリカでは違う気がする。
アメリカではデザインをするとき、why? why? why? why?で進めてゆく。なぜ、この文章は必要か? なぜ、この色にするのか? なぜ、このレイアウトにするのか? なぜ、この位置にこれを配置するのか? 論理的に説明できないのものは徹底的に削除し、残ったものだけが本当に必要なコアデザインとして活かされいく。
日本のデザインはどうだろう。アメリカほどストイックにデザインに対してアプローチをしているのだろうか?情報に対してあれもこれもと論理的検討もなく、配してしまうことが多いのではないか。つまり、多少非論理的でも詰め込んでしまおうとする。多少、テキストが多くても、コンテンツが多くなっても、できるだけ問題のない安全な方向でデザインするアプローチだ。
“郷に入っては郷に従え”というように、ECサイトの違いを比較し知ることは、重要である。特に、海外向けECサイト構築の際は単に日本語のサイトを訳したサイトではなく、海外のECサイトデザインヘのアプローチを加味し、デザイン的な違いに配慮し、対象ユーザーにとって使いやすい、受け入れやすいECサイトを構築する必要がある。

関連する記事

ハンドメイド作品のEコマースサイトに学ぶ!成功の秘訣... 生活雑貨から食品まで、今やネットショッピングで手に入れられないものはほとんどないという時代になりました。そんな流れを受けて、手作りの革製品やオーダーメイドの洋服など、ハンドメイド作品を取り扱うEコマースサイトが国内外で人気を集めています。 これまで店頭や展示会などでしか流通しなかった手作り作...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
“色の力”で購買意欲をかきたてる 色は重要な戦略要素 商品のマーケティング戦略を検討するとき、 消費者への視覚的アプローチは極めて重要な要素である。 あたりまえだが、人は見た目で商品を選び購入する。その見た目でも商品を購入した理由の、85%の顧客が色が主要な理由であると認識しているのだ。 そう考えると色はデザインの重要...
顧客とエンゲージメントするコンテンツマーケティング手法とは?... 2015年も12月に入り、一年を振り返る時期となった。今年のキーワードの一つに「コンテンツマーケティング」がある。自社商品や自社ブランドに対してコンテンツマーケティング的アプローチが注目され、広がりをみせた。コンテンツマーケティングのアプローチとして重要なことはエンゲージメント、つまりユーザーと...
ライブコマースはLive Commerceではない 昨年から日本のEC界隈で大きな盛り上がりを見せているライブコマース。 当社が運営するLive Commerceとはまったく別物なので、認識を深めていただきたく、その内容をお伝えしたい。 まず、当社のLive Commerceは海外販売のために、自社越境ECサイトを簡単に作成できるプラット...
越境ECサイトをスタートする前に考えるべき10のこと... 著者: Practiclogy社 シニアコンサルタント Bianca Mercer イギリス、オーストラリアのEコマースコンサルタント会社”Practiclogy”のシニアコンサルタントのBianca Mercerは、販売業者やブランド会社が海外販売に踏み切るときのチ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。