経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果

イメージ画像

経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。
今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市場規模が、2014年からどのように推移しているかをまとめてみた。

 

昨年も引き続き、国内EC市場は拡大傾向であった

昨年、2015年の国内のBtoC市場規模は13.8兆円、前年比7.6%増と拡大した。(図−1)
また、国内のBtoB-EC(企業間電子W商取引)市場規模としては、狭義BtoB-ECは203兆円(前年比3.5%増)に、広義BtoB-ECは288兆円(前年比3.0%増)とともに拡大している。

EC化率(すべての商取引のうち、電子商取引が占める割合)はBtoC-ECで4.75%(前年比0.38ポイント増)、狭義BtoB-ECで19.2%(前年比0.7ポイント増)、広義BtoB-ECで27.3%(前年比0.8ポイント増)と増加傾向である。

図表01

 

日米中の越境EC市場も拡大傾向にある

平成27年、日本の消費者が、アメリカ、中国から越境ECで購入した金額は2,229億円で前年比は6.9%増。アメリカの消費者が日本、中国から越境ECで購入した金額は9,037億円で前年比11.1%増となっている。 驚くべきは中国で消費者が日本、アメリカから越境ECでの購入額は1兆6,398億円で32.7%と金額、伸び率も大きい。(図−2、図−3)

図表02

図表-03

 

図−4は、2012年から現在、そして、今年と来年の越境EC規模を試算したものであるが、これら数値をみると、越境ECは中国を中心に大きく拡大する可能性がある。
試算によると2019年には越境ECの市場規模は日本が1.5倍、アメリカが1.6倍、中国は2.9倍の規模に達するだろうと言われている。また、2019年には日本、アメリカ、中国の越境ECによる購入総額は6.6兆円まで拡大する可能性がある。

図表−05

 

アメリカと中国の消費者は越境ECで何を購入しているか?

図−5はアメリカと中国の消費者が越境ECでの購入品の多いものからグラフ化したものだが、アメリカ、中国はともに、衣料品・アパレルが1位である。また、共通品として電化製品、旅行が4位、5位なっている。

図表−05

 

まとめ

全体として2015年も国内EC市場、越境ECは順調に伸びていることが結果として示され、今年もこの傾向は続くものと予想される。特に越境ECにおいて、中国は2019年には日本とアメリカからの購入額が4兆8,145億と現在の約2.94倍になると予想されている。
そして今後、越境ECで成長するにはアメリカの消費者、中国消費者のニーズを読み取り、訪日観光客がどんなものを買って帰るのかアンテナをはり、購入品などもチェックし、越境ECサイトに反映させることも重要である。

参考:平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

関連する記事

あきらめないで! 越境ECで売上げをアップする10の方法... 越境ECを構築して、海外販売を始める企業は増加しているが、構築はしたもののなかなか売り上げが上がらない、どうしたら良いのかわからない。 何か手立てがないかなど思案している事業者も少なくないと聞く。 せっかく苦労して越境サイトを構築したのに、「売り上げが上がらない」と海外進出をあきらめるの...
7月から変わるオーストラリアの関税 越境ECでは注意が必要... 連日、熱戦が伝えられる2018FIFAワールドカップ ロシア。 グループHで日本は好発進したが、同じアジア・グループの代表として出場している、グループCのオーストラリアは、今のところ第3位と苦戦している。 そしてオーストラリアでは、今年7月1日より、1,000豪ドル以下の商品でも越境EC...
中国最大の検索エンジン「百度」を知ってますか?... 今年1月9日、中国大手IT企業、百度(Baidu)はアメリカはロスアンゼルス、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)にて、自動運転のオープンソフトウェアプラットフォーム「阿波羅(アポロ)2.0」を発表した。 アポロは「百度」のAI戦略の一つで、自動運転の為のプラットフォームであ...
2020年ネット広告は動画広告が牽引 嫌悪感も多いネット広告のあるべき姿... 以前のブログ、「2020年の日本の広告費 広告メディアを牽引する運用型広告とは」で記したが、2020年の日本の広告費は6兆1,594億円(2019年は6兆9,381億円)と前年比88.8%となり、9年ぶりに減少となった。 広告費全体では減少する中にあって、インターネット広告費(インターネッ...
費用対効果が高い!「インフルエンサーマーケティング」とは... 「インフルエンサーマーケティング」というキーワードがマーケティング界隈で、トレンドとなっている。 企業のブランドキャンペーンや商品販売などの販促施策に「インフルエンサー」を活用するケースが増えている。 「インフルエンサーマーケティング」については「インフルエンサー」の意味や「インフルエンサ...
オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?... Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。 一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagr...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ