経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果

イメージ画像

経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。
今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市場規模が、2014年からどのように推移しているかをまとめてみた。

 

昨年も引き続き、国内EC市場は拡大傾向であった

昨年、2015年の国内のBtoC市場規模は13.8兆円、前年比7.6%増と拡大した。(図−1)
また、国内のBtoB-EC(企業間電子W商取引)市場規模としては、狭義BtoB-ECは203兆円(前年比3.5%増)に、広義BtoB-ECは288兆円(前年比3.0%増)とともに拡大している。

EC化率(すべての商取引のうち、電子商取引が占める割合)はBtoC-ECで4.75%(前年比0.38ポイント増)、狭義BtoB-ECで19.2%(前年比0.7ポイント増)、広義BtoB-ECで27.3%(前年比0.8ポイント増)と増加傾向である。

図表01

 

日米中の越境EC市場も拡大傾向にある

平成27年、日本の消費者が、アメリカ、中国から越境ECで購入した金額は2,229億円で前年比は6.9%増。アメリカの消費者が日本、中国から越境ECで購入した金額は9,037億円で前年比11.1%増となっている。 驚くべきは中国で消費者が日本、アメリカから越境ECでの購入額は1兆6,398億円で32.7%と金額、伸び率も大きい。(図−2、図−3)

図表02

図表-03

 

図−4は、2012年から現在、そして、今年と来年の越境EC規模を試算したものであるが、これら数値をみると、越境ECは中国を中心に大きく拡大する可能性がある。
試算によると2019年には越境ECの市場規模は日本が1.5倍、アメリカが1.6倍、中国は2.9倍の規模に達するだろうと言われている。また、2019年には日本、アメリカ、中国の越境ECによる購入総額は6.6兆円まで拡大する可能性がある。

図表−05

 

アメリカと中国の消費者は越境ECで何を購入しているか?

図−5はアメリカと中国の消費者が越境ECでの購入品の多いものからグラフ化したものだが、アメリカ、中国はともに、衣料品・アパレルが1位である。また、共通品として電化製品、旅行が4位、5位なっている。

図表−05

 

まとめ

全体として2015年も国内EC市場、越境ECは順調に伸びていることが結果として示され、今年もこの傾向は続くものと予想される。特に越境ECにおいて、中国は2019年には日本とアメリカからの購入額が4兆8,145億と現在の約2.94倍になると予想されている。
そして今後、越境ECで成長するにはアメリカの消費者、中国消費者のニーズを読み取り、訪日観光客がどんなものを買って帰るのかアンテナをはり、購入品などもチェックし、越境ECサイトに反映させることも重要である。

参考:平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

関連する記事

海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.July)... 今年も6ヶ月が過ぎ、7月、1年の後半に入る。すでに関東・甲信越地方では梅雨が明けた。7月の前半は雨の日が続くが、徐々に安定し猛暑日が続くと予想されている。 今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
Instagramをビジネスで利用する 2010年に始まったInstagram(以下インスタグラム)は、スマフォカメラアプリで、撮影した写真を加工し、投稿するSNSアプリである。2015年9月時点でグローバルユーザーは4億人、国内では810万人のユーザーがこのアプリでSNSを楽しんでいる。昨年、2015年にはInstagram広告がリ...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ