« ブログのトップページに戻る

経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果

   投稿者 : 2016年6月20日 By

イメージ画像

経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。
今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市場規模が、2014年からどのように推移しているかをまとめてみた。

 

昨年も引き続き、国内EC市場は拡大傾向であった

昨年、2015年の国内のBtoC市場規模は13.8兆円、前年比7.6%増と拡大した。(図−1)
また、国内のBtoB-EC(企業間電子W商取引)市場規模としては、狭義BtoB-ECは203兆円(前年比3.5%増)に、広義BtoB-ECは288兆円(前年比3.0%増)とともに拡大している。

EC化率(すべての商取引のうち、電子商取引が占める割合)はBtoC-ECで4.75%(前年比0.38ポイント増)、狭義BtoB-ECで19.2%(前年比0.7ポイント増)、広義BtoB-ECで27.3%(前年比0.8ポイント増)と増加傾向である。

図表01

 

日米中の越境EC市場も拡大傾向にある

平成27年、日本の消費者が、アメリカ、中国から越境ECで購入した金額は2,229億円で前年比は6.9%増。アメリカの消費者が日本、中国から越境ECで購入した金額は9,037億円で前年比11.1%増となっている。 驚くべきは中国で消費者が日本、アメリカから越境ECでの購入額は1兆6,398億円で32.7%と金額、伸び率も大きい。(図−2、図−3)

図表02

図表-03

 

図−4は、2012年から現在、そして、今年と来年の越境EC規模を試算したものであるが、これら数値をみると、越境ECは中国を中心に大きく拡大する可能性がある。
試算によると2019年には越境ECの市場規模は日本が1.5倍、アメリカが1.6倍、中国は2.9倍の規模に達するだろうと言われている。また、2019年には日本、アメリカ、中国の越境ECによる購入総額は6.6兆円まで拡大する可能性がある。

図表−05

 

アメリカと中国の消費者は越境ECで何を購入しているか?

図−5はアメリカと中国の消費者が越境ECでの購入品の多いものからグラフ化したものだが、アメリカ、中国はともに、衣料品・アパレルが1位である。また、共通品として電化製品、旅行が4位、5位なっている。

図表−05

 

まとめ

全体として2015年も国内EC市場、越境ECは順調に伸びていることが結果として示され、今年もこの傾向は続くものと予想される。特に越境ECにおいて、中国は2019年には日本とアメリカからの購入額が4兆8,145億と現在の約2.94倍になると予想されている。
そして今後、越境ECで成長するにはアメリカの消費者、中国消費者のニーズを読み取り、訪日観光客がどんなものを買って帰るのかアンテナをはり、購入品などもチェックし、越境ECサイトに反映させることも重要である。

参考:平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

関連する記事

越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
デジタル広告はついにテレビ広告を超えた... 日本のスマートフォンの利用状況は継続して増加しており、2018年の調査では「スマホのみ利用する」ユーザーは48%となっており、男女比においては、女性の58%がスマホのみ利用しているという、「ネットはスマホで見る」が当たり前の時代になりつつある。 また、デジタル化、モバイル化の傾向は、広告界...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
費用対効果が高い!「インフルエンサーマーケティング」とは... 「インフルエンサーマーケティング」というキーワードがマーケティング界隈で、トレンドとなっている。 企業のブランドキャンペーンや商品販売などの販促施策に「インフルエンサー」を活用するケースが増えている。 「インフルエンサーマーケティング」については「インフルエンサー」の意味や「インフルエンサ...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
SNSで集客する際のポイントは? ーInstagram・LINE編ー... 先日、Facebookの全世界で月間アクティブユーザー数が20億人突破したとの報道があった。競合するアメリカの投稿サイトのTwitterは4月時点での月間アクティブユーザー数が3億2800万人としているので、その伸長率には目をみはるものがある。 SNSにはそれぞれ特長があり、その特長をいか...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。