Google提唱! マテリアルデザインって何?

イメージ画像

「マテリアルデザイン」とは、2014年7月にGoogleが発表した新たなデザインガイドラインである。「マテリアルデザイン」は直訳すると「物質(素材)デザイン」。デジタルの世界に物質的な現実的要素を取り込んだデザインというのが大枠にある。
その基本コンセプトには「マテリアルデザインとは、紙とインクの古典的なデザインから着想を得て、最新テクノロジーを利用し、どんなデバイスでも使いやすく、統一感のあるユーザー体験を提供するためのデザイン」と記されている。「紙とインク」というマテリアルを基本としたデザインに最新テクノロジー、つまりアニメーション技術により、最高のユーザーエクスペリエンスを実現することが「マテリアルデザイン」なのである。今やFacebook、LineといったアプリやGoogleMapやGMailなど、Googleが提供しているその他多くのAndroidアプリは、このマテリアルデザインガイドラインに沿って設計されている。今後はAndroidアプリの多くがマテリアルデザインを踏襲するように設計され、さらにアップグレードされるだろう。
今回はAndroidアプリデザインばかりではなく、多方面のデザインに影響を与えるだろう、Googleが推奨するマテリアルデザインガイドラインの概要について整理してみた。

Google Material design introduction:https://www.google.com/design/spec/material-design/introduction.html

Google Design:http://www.google.com/design/

 

1.Googleが推奨するマテリアルデザインの特徴は?

1.「紙とインク」という概念でデザイン

マテリアルデザイン=物質的デザインと言っても、以前、多用されていたリアルな世界の質感表現(スキュアモーフィックデザイン)という意味ではない。シンプルにミニマムな古典的な「紙とインク」という概念が軸となっている。つまり、「紙」は背景デザインでありボタンデザイン、「インク」は色彩であり文字、アイコンであり、画像や動画でもあるのだ。

画像_01

それら紙は重なりをもってデザインされることで、ユーザーにタップできるものだと認識できるようなった。フラットデザインではしばしば、どこをクリックしてよいかわからないという欠点があるが、それらを解消したデザインだ。

また、全体ではカード型デザインを採用し、統一感あるデザインとなっている。厚みのあるカードに光があたり、シャドウができる。さらにカードにボタンがあり、その部分は触れる、タップできるものだとユーザーに直感的に認識できる階層構造になっている。

What is material?:https://www.google.com/design/spec/what-is-material/environment.html#

 

2.ロジカルなアニメーション

「紙とインク」でマテリアルな世界は表現されるが、これにさらにアニメーションを加えることで、より、リアルで高度なユーザー体験を提供できる。つまりこれまでのWebデザインでは常識であった、ページ遷移の仕組みなど、リアルにアニメーション化しているのが最大の特長と言える。単にアニメーション化するわけではない。
なぜアニメーションするのか?そこには、論理的意味あいがある。ユーザーは何かクリックしたりタップするとき、急にページが切り替わる、閉じてしまうなど動きをするが、これは明らかにバーチャルな世界である。
これを現実的な動きに置き換えることがアニメーションのポイントだ。急に画面が切り替わるのではなく、クリックした次のページにはスライドアニメーションの動きで誘導する。ユーザーはクリックしたことで、何が起こっているのかを明確に把握できることになる。下にアニメーションサンプルを何点かピックアップしたので、確認いただきたい。

 

アニメーション

出典:http://matome.naver.jp/odai/2142379522980270301/2142398879872654303

アニメーション_02

出典:http://matome.naver.jp/odai/2142379522980270301/2142398879872654703

アニメーションはユーザーの操作に合わせて、生活の中にある動き、イージングを再現することが基本となっている。現実的な動き、物理法則に従ったアニメーションとして規定されている。デザインガイドラインのIntroductionの次には、アニメーションが説明されいるのでこちらも参考にしていただきたい。

 

Google Material design animation:https://www.google.com/design/spec/animation/authentic-motion.html

 

まとめ

「マテリアルデザイン」はGoogleがカードデザイン、アニメーションを使い、「合理的な余白と動きを使った統一理論に基づいたもの」と定義している。これまでのiOSやWindows 8などで採用されている「フラットデザイン」と、デザイン要素のシンプルさでは共通する部分があるが、最大の違いは「光源、影、奥行き」の概念を持ち、アニメーションを用いで誘導するところにあるといえる。
googleの美意識の結晶ともいえるこのマテリアルデザインは、アニメーションを効果的に使うことで高度なユーザービリティを期待できる。今回は概要だけを取り上げたが、ほかにも色やタイポフェイス、言葉、レイアウト、アイコン、組合せ、ユーザービリティなどさまざまなガイドラインを提供している。
2015年以降はこのマテリアルデザインがAndoroidアプリだけではなく、Web業界のみならず、デザイン、エンジニア業界にも大きな影響を与えることは必至となるであろう。

 

参考にさせていただいたサイトURL:

関連する記事

2019年 国内BtoC-EC市場は7.65%増、越境EC市場も堅調に拡大... 7月22日、経済産業省より2019年(令和元年度)の「内外一体の経済成長戦略構築にかかる 国際経済調査事業」(電子商取引に関する市場調査)報告書が公表された。 この報告書は、毎年1回経済産業省が、前年度の日本のEコマースについてまとめたもので、今年も2019年の日本のBtoC、CtoC、B...
日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?... 10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。 中国は...
経済産業省が発表! 2014年のEC市場調査... 経済産業省は5月29日、 「平成26年度我が国情報経済社会における基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 この調査は2014年の我が国のBtoB 及び BtoC の電子商取引市場動向、利用実態を調査したもので、平成10年度より実施され、今回で17回目の発表となる。 ...
ECサイト運営で欠かせない「チャージバック対策」... ECサイトの決済で主流となっているものにクレジットカード決済がある。 ECサイトのクレジットカードの利用が増えるに連れ、増えてきているのがクレジットカードの不正使用である。 日本クレジット協会によると、平成28年のクレジット不正使用の被害は約140億9000万円(前年比117%)、その中で...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
色の持つイメージ:グレーは高品質をイメージできる... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。 私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ