Instagramを使いこなそう!キャンペーン事例も急増中

イメージ画像

スマートフォンやタブレットなどのモバイルで撮った写真や動画を、簡単に加工して発信・共有できるInstagram。
今では、アクティブユーザー数(月に1回でも利用するユーザーの数)は月間約3億人に達している。さらに、そのうちアメリカ合衆国以外からの利用者が70%を占めるなど、世界中の人々にとって身近な存在となりつつある。
最近では、ソーシャルメディアを積極的に活用する企業において、Instagramを使ったキャンペーンが国内外を問わず多く実施されており、そのなかから人気を集めた事例を5つ紹介する。

1.Marc Jacobs:モデルのオーディションを実施

アメリカのアパレルメーカーMarc Jacobsは、姉妹ブランドMarc By Marc Jacobsにおける新しいモデルを、InstagramとTwitterで募集した。応募者は自分の写真を撮影し、ハッシュタグ#CastMeMarcを付けてアップロードすればエントリーできる。
2014年の秋冬シーズンに向けて実施されたオーディションでは、世界各国から7万人もの応募者を集め、さらに第2回として行われた2015年春夏シーズン向けのオーディションでは10万人に達した。誰もが好きなブランドのモデルになれるキャンペーンを実施すれば、そのブランドへの愛着度もグッと深まるだろう。

Meet the #CastMeMarc Winners(YouTube)

2.Buffalo Wild Wings:イベントにかけて集客UP

チキンウィングが有名なアメリカのスポーツバーチェーンBuffalo Wild Wingsは、ワールドカップを契機に、店舗に人を呼び込むキャンペーンを実施した。店内でワールドカップを観戦する様子を写真に収め、ハッシュタグ#Fannerismを付けて投稿すれば、当選者にはギフトカードが贈られる。
Buffalo Wild Wingsは特定の相手だけにメッセージや写真を送ることができるInstagram Directという機能を他社に先駆けて活用し、当選のお知らせを直接届けることで、ユーザーに親近感を与えるよう工夫されている。
同社はこのキャンペーンでフォロワー数を大きく伸ばし、ソーシャルメディアに慣れ親しむ若い世代の集客に成功した。

bwwing

bwwings(Instagram)

3.Hillside Beach Club:5つ星ホテルでも! 無料宿泊があたるキャンペーン

地中海に面したトルコの5つ星リゾートホテルHillside Beach Clubでは、昨年夏、「Chief Instagram Officer」を6名募集するというキャンペーンを実施した。
その仕事は、同ホテルでの1週間の無料宿泊期間中にホテルの魅力を収めた写真を公式Instagramページ(hillsidebeachclub)にアップするだけという夢のようなオファーである。申し込みはハッシュタグ#JobAtHeavenOnEarthを付けて、素敵なビーチの写真をアップロードするだけ。
旅行好きの人のみならず、誰もが申し込みたくなる魅力的なキャンペーンで、ホテルのイメージアップにもつながる。

hillsidebaachclub

hillsidebeachclub(Instagram) 

4.HIS:写真を見せるだけ! 次の旅行を割引

旅行会社のHISは旅行好きの学生をターゲットにしたキャンペーンを実施している。
HISの文字から、「“H”eritage(世界遺産や自然遺産をバックに写した写真)」、「“I”mpact(「あっ!」と驚く感動・衝撃・オモシロ写真)」、「“S”o delicious(名物料理や地元の人しか知らないグルメの写真など)」のいずれかを選び、ハッシュタグ#hisgakuseiを付けてInstagramにアップし、その投稿を店頭で見せる(もしくはクールジャパンキャンペーンで、JAPAN?○○(旅行先の国名)と描いて海外の人と一緒に撮った写真でも可)と、次回の旅行が3,000円引きになるのだ。
学生にはうれしい割引で、多くの人にアピールできるユニークなキャンペーンである。

HIS

HIS

5.Aprica:商品の写真を投稿! シェア数を競ってプレゼントGet

ベビー用品メーカーのApricaは、ベビーカーの購入者を対象に、商品を使っている様子を写した写真を募集した。
ハッシュタグ#aprica_stickを付けて写真をアップロードすると誰もがホームページ上で閲覧でき、Facebook、Twitter、Instagramのシェアボタンのクリックを多く集めた投稿者には、希望のAprica商品をプレゼントするというキャンペーンである。
「赤ちゃんとの日常をおしゃれに撮る」というコンセプトで購入者の心をくすぐる。応募したユーザーは、ほかの購入者が同じベビーカーを使っている様子を見ることで商品の良さを再確認でき、ブランドへのエンゲージメントが高まる。

APRICA

Aprica

 

参加型キャンペーンをバリエーション豊かに

Instagramを活用すれば、投稿してもらう写真の対象や当選者の選考方法などの工夫次第で、ユニークなキャンペーンを生みだすことができる。
ユーザーが手軽に投稿できる「参加型」であることを共通項に、さまざまな企業によってオリジナリティあふれるキャンペーンがたくさん展開されている。
ユーザーとの関係を深めてくれる有効なツールとして、ぜひとも利用してみることをお勧めする。

 

参考:

The 14 Best Instagram Campaigns of 2014
Have phone, will travel: Luxury Turkish resort advertises for Chief Instagram Officer (whose only job is to snap pictures as they relax in five-star comfort)
Buffalo Wild Wings Tests Instagram Direct to Launch Brand Account

関連する記事

押さえておきたい!スマホサイトのフォーム最適化のポイント... パソコンECサイトではコンバージョン率があるのに、スマホECサイトでは成約に至らないケースが多いのはフォームに問題があるケースが多い。せっかくスマホECサイトを作ったのに売上が伸びない、効果が発揮されないなど悩みがある方も多い。パソコンに比べ、入力にストレスを感じることの多い、スマホサイトのフォ...
インバウンド対策の鍵と言われる「MICE」とは?... 日本政府観光局によると、2019年6月の訪日外国人(インバウンド)の数は前年比の6.5%増の288万人で、6月では過去最高を更新した。今年はラクビーワールドカップの開催、来年は東京オリンピックを控え、インバウンドの訪日客数は好調に増加している。 2018年には3,000万人を突破したインバ...
驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選... その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。 今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレット...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
春節のこの時期 中国の越境EC利用状況はこうなっている... 中国は2月4日より、春節(旧正月)に入った。今年は来週2月10日までの大型連休である。この時期中国は、正月ムードでいっぱいになるが、今年は環境対策のための花火や爆竹など規制され、北京中心部は、わりあいひっそりとした新年を迎えているようだ。 春節のこの期間、中国ではのべ30億人が帰省などで移...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ