« ブログのトップページに戻る

コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!

   投稿者 : 2015年3月19日 By

イメージ

ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか?
サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わる。
そこで今回は、ECサイト構築のために押さえておきたい、写真の扱い方のポイント3つを紹介する。

 

1.リアル感=商品写真はクオリティを最優先する

ECサイトにとって、ユーザーの欲求を一番刺激するのは、高品質で鮮明な商品写真である。商品の質感やシズル感ただよう写真はそれだけで購買欲を高めてくれる。
それらクオリティの高い写真は、商品撮影専門のプロカメラマンに依頼しよう。予算的に難しい場合は、写真加工ソフトで鮮明に見せるなどの処理を行うべきである。
高品質な写真はそれ1枚だけでも説得力がある。

時計
http://aarkcollective.com/

 

2.商品説明=さまざまな角度から撮った商品

商品をさまざまな角度から撮影した写真を5枚から10枚、用意する。あなたが、実際のお店で商品を手に取って見るようにだ。
一部分を拡大した写真やサイズを比較したもの、パッケージ、カラーバリエーションなど、商品の特長となるところにしぼり撮影し選定すると良いだろう。

バック商品
http://drifterbags.com.au/

靴商品
http://shop.nordstrom.com/

 

3.イメージ喚起=利用シーンで未来を想像させる

人は、その商品そのものが欲しいのではなく、その商品を使うことによって得られる未来を求めている。(※『バカ売れサイトを構築するために知っておくべき顧客の5つの購買心理』)という内容がある。
つまり食材販売なら、その食材を使って出来上がる料理の写真をいれる。服の販売なら、実際にその服を着ている人の写真を入れる。家具の販売なら、その家具を実際に部屋に置いている画像を入れるなどだ。
それらの写真は、ユーザーに具体的な利用シーンをイメージさせ、商品の魅力を確実に伝えることができる。

道具商品
http://hokuohkurashi.com/

ソファー商品
http://www.noce.co.jp/

 

まとめ

商品写真の見せ方、扱い方ひとつでコンバージョン率は変わる。写真は買う人が何を知りたいのかを考え、撮影し選定すること。そして写真は商品の魅力を充分、伝えなければ意味がない。
商品をお店で実際に手にとって見せることのできないECサイトでは、写真が重要なアイテムとなる。今回あげた3つのポイントを活用し、一目で訪問者の欲求を刺激する商品写真をあなたのECサイトに取り入れてみよう。

関連する記事

ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?... 我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。 その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトして...
トレンドのソーシャル活用術:クロスメディアのキャンペーンが強いわけ... 米マーケティング企業のThe Content Marketing InstituteおよびMarketingProfsによる最新の調査報告B2C Content Marketing 2015 Benchmarks, Budgets and Trendsがリリースされました。109ヶ国、5,000...
物流ロボットはここまで来た!! インターネット通販を利用すれば、いつでもどこでも欲しいものが手に入る、Eコマース全盛の時代。ここまでネットで買い物ができる時代になった背景には、小口多頻度配送を支える多くの物流の人的、機械的な下支えがあった。 しかし、ますます増え続ける配送量に物流業界の人的不足は進行し、これから先の時代は...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.December)... 今年も早いもので12月である。日本では12月を「師走」、「師馳」、「極月」などと呼ばれている。 「師走」の語源は「僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさから」などと言われるが、これには言語学的根拠はないらしい。 今月も補助金・助成金のの公募内容をまとめた。 補助金・助成金とは国や地...
モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?... 「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。 Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラ...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。