« ブログのトップページに戻る

コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!

   投稿者 : 2015年3月19日 By

イメージ

ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか?
サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わる。
そこで今回は、ECサイト構築のために押さえておきたい、写真の扱い方のポイント3つを紹介する。

 

1.リアル感=商品写真はクオリティを最優先する

ECサイトにとって、ユーザーの欲求を一番刺激するのは、高品質で鮮明な商品写真である。商品の質感やシズル感ただよう写真はそれだけで購買欲を高めてくれる。
それらクオリティの高い写真は、商品撮影専門のプロカメラマンに依頼しよう。予算的に難しい場合は、写真加工ソフトで鮮明に見せるなどの処理を行うべきである。
高品質な写真はそれ1枚だけでも説得力がある。

時計
http://aarkcollective.com/

 

2.商品説明=さまざまな角度から撮った商品

商品をさまざまな角度から撮影した写真を5枚から10枚、用意する。あなたが、実際のお店で商品を手に取って見るようにだ。
一部分を拡大した写真やサイズを比較したもの、パッケージ、カラーバリエーションなど、商品の特長となるところにしぼり撮影し選定すると良いだろう。

バック商品
http://drifterbags.com.au/

靴商品
http://shop.nordstrom.com/

 

3.イメージ喚起=利用シーンで未来を想像させる

人は、その商品そのものが欲しいのではなく、その商品を使うことによって得られる未来を求めている。(※『バカ売れサイトを構築するために知っておくべき顧客の5つの購買心理』)という内容がある。
つまり食材販売なら、その食材を使って出来上がる料理の写真をいれる。服の販売なら、実際にその服を着ている人の写真を入れる。家具の販売なら、その家具を実際に部屋に置いている画像を入れるなどだ。
それらの写真は、ユーザーに具体的な利用シーンをイメージさせ、商品の魅力を確実に伝えることができる。

道具商品
http://hokuohkurashi.com/

ソファー商品
http://www.noce.co.jp/

 

まとめ

商品写真の見せ方、扱い方ひとつでコンバージョン率は変わる。写真は買う人が何を知りたいのかを考え、撮影し選定すること。そして写真は商品の魅力を充分、伝えなければ意味がない。
商品をお店で実際に手にとって見せることのできないECサイトでは、写真が重要なアイテムとなる。今回あげた3つのポイントを活用し、一目で訪問者の欲求を刺激する商品写真をあなたのECサイトに取り入れてみよう。

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.May)... 2018年も3分の1が過ぎ、5月に入った。5月といえば、「憲法記念日」、「みどりの日」、「こどもの日」。ゴールデンウィークは4月の「昭和の日」と合わせると最長で9連休という企業もあるだろう。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめてみた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資...
競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
色がもつイメージ:炎、太陽の色=オレンジ効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは人はその色に対して反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。 色に対する反応は直観的な反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的...
実店舗では必須のMEO対策 取り組むべきポイントは?... 実店舗ではSEOより重要だと言われる、MEOをご存知だろうか? 例えば、カフェでコーヒーが飲みたくて、カフェとGoogle検索しても、新宿にいる場合と大阪にいる場合では検索結果が違ってくる。検索結果では一番上部に地図が表示され、さらに下段では3店舗の店名と説明文、写真が表示され、その後にS...
今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
最新SNS利用状況とSNSインフルエンサー... Facebook、Twitter、Instagram、LINE、最近では新たにMastodon(マストドン)とSNS市場が賑わっている。 SNSの機能も日々進化しており、ユーザー数も日々増加しているようだ。新たな動きとしては、SNSインフルエンサーが注目されつつあるところだ。 今回は20...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。