« ブログのトップページに戻る

フラットデザインは使いやすいのか?

   投稿者 : 2015年3月16日 By

イメージ画像

ここ数年のトレンドとして、多くのウェブサイトで“フラットデザイン ”が取り入れられている。従来のリッチデザイン、ボタンやアイコンなどを立体的に写実的に見せることを極力排除し、インターフェースをすっきり、見やすく洗練された今までにない独自の表現手法である。
IOS7やwindows8のヴィジュアルに“フラットデザイン”が導入されたことにより、サイトデザイン表現に加速度が増したと言える。
フラットなデザインにすることで、以前のリッチデザインであれば、リアルなデザイン、たとえば、ボタンなど立体的にデザインすることで、その操作を誘導することができユーザビリティに配慮したUIを実現できていたが、フラットにすること事態が目的化してしまい、ユーザビリティがなおざりになってしまっているサイトが少なくないように感じる。つまり、フラットデザインを採用すると、ユーザビリティが低くなるのである。
そこで、今回はフラットデザインでユーザビリティを高めるにはどのようなことに配慮すればよいかを考えてみる。

1.フラットデザインの良い点

フラットなデザインの最も良いところは、スマフォ画面でのシンプルなUIを実現し、見やすいということ。多くのフラットデザインはスマフォのためと言ってよいだろう。
また、色彩表現が前面に出て、彩度が高い色を使うため、ハッピーでポジティブな印象を与えている。
また、フラットデザインの大きな魅力として美しいタイポグラフィがあげられる。つまりメッセージ性の高いストレートな表現ができ、クリーンでシャープで美的な表現、ブランディング効果が高いサイトに適している点である。

フラットデザイン

2.フラットデザインの悪い点

フラットデザインは未だトレンドでありトレンドの弱点は、それがどのくらい続くか分からない点だ。
フラットデザインもすでに、ロングシャドウを使ったりなど純粋なフラットなデザインから変化を見せ始めており、もし、あなたが長期間サイトに使用するなら、より少なめにトレンドを採用したほうがよいだろう。
また、ユーザビリティーの専門家であるヤコブ・ニールセン氏によればWindows8の新しいUIについて、「立体的な表現を廃したフラットなUIでは、どこを押すことができるのか、あるいはどこに文字を入力できるのかわからない」と指摘している。
ある報告では、Windows Phoneのウェブサイトにおいて、50もの違う箇所を被験者がクリックし、その内35個のみが実際にクリック可能なリンクだった。
つまり、ユーザーがリンクだと考えているものの約30%はただのテキストだったりイメージだったりする、ということである。ユーザーがどこをクリックしてよいかわからなくなってきていることを意味する内容であった。

3.ユーザビリティにおける改善策はあるのか?

フラットデザインは今後も続くだろうことは確かである。そして、それ自体はメリットは大きい。たとえばリッチデザインに比べ、デザインにかける時間が大幅に短縮され、その分の時間を使いやすさや機能に時間を割けることだ。
たとえば、操作可能な箇所を示すためのユーザービリティを高めるためには以下の点を考慮するとよい。
まず、操作可能なクリック可能な箇所にはアイコンとテキストとキーカラーを統一する。
さらにテキストと周囲の余白を大きく取る。などクリックできるという暗喩(メタファ)的デザインをしっかりサイト内に明示してゆくことが重要である。
ユーザーが直観的に認知し、クリックできるよう、デザイナーは使いやすさにこれまで以上に時間を割かなければならない。
作り手として、デザイナーとして忘れてはならないのは、“サイトUIはビジュアルコミュニケーションである”という視点である。
ユーザーの見ている環境やシチュエーションを考えなければ、どんなにトレンドを取り入れ、見た目に「新しい」というインパクトを与えることに成功したとしても、それは失敗である。
常にユーザー目線で、その上でどんなデザインがよいか、使いやすいか、わかりやすいかを判断せねばならない。
多言語ECサイト構築においても、そのユーザー、地域や人種の違いをマーケティングし、海外ECサイト設計をしていきたいものである。

関連する記事

海外展開に関する補助金・助成金情報をピックアップ... 少子高齢化の時代、日本のマーケットから世界に転じて販路を拡大しようという企業も多いと思う。補助金・助成金制度の中には、費用のリスクを少なくし、海外に向けて越境ECを構築したり、海外の展示会に出展したり、プロモーションなどで海外販路を拡大することが可能なものが用意されている。日本政府は2020年ま...
タブレット端末がEコマースに及ぼす影響... 2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。 スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使い...
顧客を逃さない為のECサイトチェックポイント... ECサイトの目的は成約率をあげ、売上げを伸ばすことである。でも、サイトのどこをどうすれば良いのかわかない。ECサイトは構造が複雑でどこに問題点があるのか分かりにくいも事実である。 だた、押さえるところをしっかり押さえられていれば、売上げは伸びていくものと思われる。 今回は少しでも売上げア...
意外に低い、ECサイトのコンバージョン率... 今回はコンバージョン率についてのお話。あるお店に来店した100人中、1~2人だけが商品を購入するという話を聞いたら、そのお店を信用できますか・・・?できないのだとしたら、低いコンバージョン率に否定的な反応を示しているということ。では、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、コンバージョン率と...
インスタグラムで集客するときのポイント... SNSツールで一般的なのは、Line、Facebook、twitterであるが、ここにきてユーザー数を獲得しているツールがインスタグラム(Instagram)である。インスタグラムは2014年の時点で月間ユーザー3億人、利用者の68%が女性、90%が35歳以下の男女であり、ファッションに敏感な世...
ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。