« ブログのトップページに戻る

多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?

   投稿者 : 2015年11月18日 By

イメージ画像

最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。
今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて見ていき、その特徴と多言語対応にする際のデザインや文章などで留意すべき点などを整理してみた。

 

1.日本発、多言語対応の越境ECサイト

日本から海外へ向けて商品販売する際には、どのような点に注意が必要なのだろうか?
日本のECサイトと同じ内容をそのまま言語を切り替えだけで、言語が切り替わる、つまり翻訳された内容が表示されるだけでよいのだろうか?
今回は4つのサイトを取り上げ、どのようなところに配慮されているかなど、海外向けに越境ECサイトを構築する上での注意点を見ていこう。

 

1-1.Wabi Japan

サンプルサイト01

「Wabi Japan」は日本の伝統工芸品をはじめとする隠れた逸品や厳選した商品を海外に向け紹介する越境ECサイトである。
特徴はトップページのスライドビューは海外を意識して、大きめにデザインされている。また、トップページ上部にお問い合わせ、年中無休、海外配送対応を表示し、ページ下部では配送についての詳細情報など「Wabi Japan」の安全性や信頼性についてしっかり明示されている。
商品ページの英訳も文章量を意識して長くならないように簡潔に整理され、配慮された英訳文となっている。

 

1-2.woah japan

サンプルサイト02

「WOAH!JAPAN」は訪日外国人観光客をターゲットにした、日本国内のお土産や人気の高い工芸品、日用雑貨品を販売するECサイトである。
こちらも、トップページ上部に海外配送、お支払い方法、海外発送料金を明示し、海外を意識したつくりになっている。
また、サイト全体のレイアウトも整然とデザインされ分かりやすい。トップページに戻るボタンが富士山アイコンデザインされ、日本的イメージをサイト全体で特徴づけている。

 

1-3.JAPANSQUARE

サンプルサイト03

「JAPANSQUARE」は日本の美味しい食品や名産品・匠の技が光る工芸品やモダンな雑貨を海外に販売するECサイトである。
「JAPANSQUARE」の特徴は商品販売以外に各地方の観光情報や伝統行事、商品に関する、ためになるコンテンツを展開しているところだ。
デザイン的な特徴としては、カテゴリメニューなどにシンボルアイコンをデザインしフッターにgifアニメを使用したり、さらに商品ページにはパンくずリストも設置されユーザビリティに気を配っている。

 

1-4.Abercrombie&Fitch

サイトサンプル04

「アバクロンビー&フィッチ」はTシャツやデニム、ポロシャツ、ジャケットなどを扱うファッション系ECサイトである。
ターゲットとなる中心は海外販売にあるので、トップページから海外サイトを意識したデザインになっている。
つまり、文章を極力なくし、大きめの写真をレイアウトする。文字情報も最小限にし、余白を充分とり、シンプルにこだわったサイトデザインである。

 

2.海外発、多言語対応の越境ECサイト

次に海外の多言語対応のサイトも参考になればと考え、2つのサイトをとりあげてみた。
海外の多言語、多通貨対応のECサイトでは、日本の多言語ECサイトと違って、どんなところに気を配っているのか、その違いを見てみよう。

2-1.Wiggle Online Cycle Shop

サンプルサイト05

「Wiggle」はイギリスの自転車関連商品の通販サイトである。自転車のさまざまなパーツや商品を扱い、特徴は豊富なアイテムと低価格であるところ。
トップページではショップの特徴である価格帯、無料配送、セキュリティをPRしている。PRはヘッダーに設置され、前ページにわたり表示される。
また、商品検索窓も目立ち、分かりやすい。セレクトで言語設定以外にも、通貨設定、配送先設定ができる。
さらに、驚いたのは日本語訳がしっかりしている点だ。文章量も適度で、ユーザーレビューまである。さすがにレビュー内容は翻訳されていないが、ただ、商品説明、サイズ表、配送、返品に関しての情報は商品ページ毎にしっかり明示されている。

 

2-2.Strawberrynet

サンプルサイト06

「Strawberrynet」はスキンケア、化粧品、香水、ヘアケア用品を扱うECサイトである。豊富な品揃えと海外無料配送などが特徴である。
このサイトは英語ページと日本語ページによる言語、通貨を切り替え対応であるが、切り替えがスムーズで、言語を切り替えるとトップページに遷移するのではなく、ページ毎に言語対応しているのは、便利である。
また、メニュ-の連絡先を選ぶと連絡先ページにはお支払いや配送、配送時間、課税、セキュリティやFAQなど商品購入に関してユーザーが不安に感ずることをまとめて1ページに記載されている。全体的に日本語翻訳も適切で分かりやすい。

 

3.まとめ

多言語、多通貨対応のECサイトを構築する際は、今回のサイトを見ても分かるようにローカライズという視点が重要であることが分かる。
たとえば、デザイン性で見ると、ビジュアルを中心にシンプルなデザインにすることや、配色では日本をイメージさせる色彩にするなどだ。また、ユーザーの不安感を払拭するために、連絡先や配送内容、セキュリティなどは、どのページでも目につく位置にあること。文章量でいえば、和文を単に英訳するのではなく(英訳は和文の文字量より多くなるため)、その文字量を考え簡潔な英訳を行うことなどが、留意点と言えるだろう。

関連する記事

IT導入補助金を活用して越境ECを! この度、デジタルスタジオは、2018年6月29日付で「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。 「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に向けたITツール(ソフトウエア、サービス等)導入のお手伝いと「IT導入補助金」の申請代行を行える登...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
2018年 国内EC市場,越境EC市場 成長は鈍化傾向... 5月16日、経済産業省は「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態、及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について、その内容を公表した。 「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」の...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...
顧客が購入していない31の理由:あなたのショッピングカートを最適化する方法... ECサイト構築にはショッピングカートが欠かせない。 ネットショップに必ずあるのが、「ショッピングカート」機能である。ショッピングカートとはオンラインショップが備える機能の一つで、簡単に言うと、商品を購入するまで、商品を一時的に保存しておく機能である。 オンラインショップでも、実店舗の買い...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加