フォームを最適化し、コンバージョン率を大幅UP!

イメージ画像

離脱率が多いフォームを改善する。それが「エントリーフォームの最適化」、EFO(Entry Form Optimizationの略)である。
エントリーフォーム最適化(EFO)では、ユーザー視点に立ってエントリーフォームを作ることが重要である。
レジに並んだお客様に途中で帰らないようにスムーズに快適にお会計をしていただくというのがエントリーフォーム最適化(EFO)である。
ECサイトの場合、エントリーフォーム(申込み画面)にたどり着いてから申込み完了するまでの間に、多い時で半数以上のユーザーが離脱するという統計もある。なぜか?オンラインで決済していて入力数が多すぎたり、流れが分かりづらくて途中で断念。入力フォームに個人情報などを入力している際、エラーが頻発し、途中離脱。
今回は、この機会損失を防ぐため、エントリーフォームに訪れたユーザーのコンバージョン率を向上させるための施策のポイントを大きく3つに分け、説明する。

①簡単、短く=入力の手間を少なくする。

①-1 入力項目は少なくする

項目はシンプルであるべきだ。
多ければ多いほどユーザーのやる気は阻害される。
スクロールも出来るだけ抑え、複数ページにわたり入力させない。

①-2 入力ボックスは分割しない

郵便番号や電話番号などボックスを分けない。
「姓」と「名」ではなく「お名前」とひとつにまとめる。
ユーザーがボックス移動のアクションをするたびにコンバージョンは下がる。

①-3 半角・全角入力をユーザーに求めない。

ユーザーが入力ミスする内容で多いのがこの半角、全角入力だ。
これらは、半角全角の区別なく自動処理されるようにする。

①-4 住所は自動入力処理する

郵便番号を入力すると住所が自動入力出来るようにする。

②入力エラーを少なく=離脱させない工夫

②-1 ポップアップ表示で離脱しそうなユーザーを留める

ユーザーがページから離れそうなとき、確認アラートメッセージがでれば、
入力をもう一度入力やろうかなどと引き留めることが可能だ。

②-2 入力エラーは即、表示する

ユーザーが入力を終え、送信ボタンを押したとたん、
エラーが出るとそこで一気にモチベーションは落ち離脱する。
送信を押すまえに、入力間違いがあるところは明示しよう。

②-2 入力完了時は「OK」「?」など明示する。

入力が終わっているところ、終わっていいない所を教えてあげよう。

②-3 必須の入力項目は「必須」と見やすく

入力の際の必須項目は赤で目立つように。よくある※マークは必須項目には使えない。

②-4 リセットボタンは必要なし

せっかくユーザーが記入した内容を消してしまうリセットボタンは意味がない

③迷わせない=スムーズな流れをつくる

③-1 フォーム内の無駄なリンクは無くする。

申し込みページ内の他ページへ遷移するヘッダーやサイドバー、フッターにあるナビゲーションなどは削除する。
ユーザーはエントリーフォーム以外にリンクボタンなどあると入力に集中できず、ついつい、クリックしてしまうことがある。
このリンクボタンを取り除くだけでコンバージョン率はアップする。

③-2 現在位置がわかるステップナビゲーションを明示せよ!

ユーザーは今どのくらい入力できたのか?
あとどのくらい入力しなければならないのかわかるだけで、安心する。

③-3 入力中の項目は色で示す

  • 入力できているところがわかると、入力漏れやミスが起きにくくなる。

③-4 入力ボックスには記入例をつける!

何を記入すればよいかわからないと、そこでユーザーは離脱する。
ボックスの中に記入例があると便利だ。

③-5 入力残数を表示せよ

入力が完了するまで、「あと、どれくらい入力するのか?」を表示する。
ゴールを明確にする事で、入力者のモチベーションを維持させる。

 フォームの最適化図解

上記がエントリーフォーム最適化(EFO)のチェックポイントである。
EFOの基本的な考え方は、ECサイト運営者が好む様式での入力をユーザーに求めるのではなく、ECサイト運営者がユーザーに合わせるという考え方である。
つまり、フォーム内容はシンプルにする、ユーザーにストレスを与えない、逃げ場を作らないということである。
フォームの最適化は効果が出るまで時間のかかるSEOなどとは違い、すぐに効果を実感できる施策である。今回のポイントのなかで気になった項目などあれば、いくつかでも実施して、コンバージョン率UP、ECサイト構築に役立ていただきたい。

関連する記事

「モノ」から「コト」へ変化しているインバウンド観光... 先週11月16日、ドイツ拠点の世界的な市場調査会社GfKは、「Anholt-GfK 国家ブランド指数(NBI)2017」の結果を発表した。これは、世界50カ国のブランド力を測定したものだが、それによると、1位はドイツ、2位はフランス、日本のブランド力は4位という結果が発表されている。 また...
Live Commerce で作る予約販売商品の設定 Live Commerce には正確には予約販売機能というものはありませんが、予約販売は運用でカバーできるため、予約販売を行いたい方はやってみましょう。 予約販売を行うには、クレジットカード決済としてペイジェントとの契約が不可欠になります。(予約販売を代引きで行う場合は必要ありません) ペイジェ...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
今すぐできる。コンバージョン率をアップするいくつかの方法... Webサイトを運用するからには、何らかの目的があって運用されるいることだろう。ECサイトでは商品購入や資料の申し込み、企業サイトでは求人募集や製品資料の請求などである。 そして、その最終目的がどの程度達成されているか、その確率を「コンバージョン率(CVR)」と呼んでいる。 この「コンバージョ...
越境ECセミナー開催 『衰退か、成長か?』... 日本に居ながらにして、全世界の人々を相手に商売ができる「越境EC」に大きな注目が集まっている。 今回は、その越境EC事業で2017年後半から毎月150%の売上を記録している"Dicovery Japan Mall"。 その現場でマーケティングに注力し、様々な施策を試みているデジタルスタジ...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 商品購入や会員登録の際の必須入力項目はできるだけ少なくしよう。登録の際の入力項目を減らすだけでコンバージョン率が2.5倍になった。前回のブログ(フォームを最適化し、コンバージョン率を大幅UP!)でも書いたが […]

コメントをどうぞ