いまさら聞けない、オムニチャネルって何?

イメージ画像

オムニチャネルという言葉を聞いたことがある方も多いと思うが、日本ではまだまだ、認知度が低いと思われる。アメリカでは認知度が高く、マーケッテング戦略の中心に変わりつつあるようだ。
Wikiによると、オムニチャネルとは『オムニチャネル(オムニチャネル小売り、Omni-Channel Retailing)は、マルチチャネルの小売りの進化形で、リアル(実店舗)とネット(インターネット通販)の境界を融解する試み』と記されている。
日本でもイオンやセブン&アイホールディングスなどの先鋭企業ではオムニチャネルを実施している。日本ではこれからのマーケッテング戦略ではあるが、今回はこのオムニチャネルについて、企業の取り組みなどを見ていこう。

オムニチャネル

 

オムニチャネルとは何ですか?

オムニチャネルの「オムニ(omni)」とは「全」「総」「あらゆる」「あまねく」という意味をもち、いくつかの販路を組み合わせて商品を提供する取り組みであり、マルチチャンネルの進化系としての全ての販売チャンネルを統合することと意味づけられている。
オムニチャネルの背景としてはスマートフォンの普及があり、消費者はいつでも、どこでも買い物することがが可能な時代になったことがあげられる。そして、このような時代の新たな小売りのあり方として、すべての販路、実店舗、ECサイト、テレビ通販、カタログ通販、DM、SNSなどを連携させることで、消費者はどのような販売チャンネルからでも、同じように商品を購入できる仕組みが「オムニチャネル」なのである。

 

オムニチャンネルの図

 

 

オムニチャネルに取り組む企業事例

オムニチャネルとは、実店舗やECサイト、カタログ販売などあらゆるチャンネルを融合させることで、”顧客満足度を上げる”ための戦略である。最近の企業はどのような取り組みを見ていこう。

 

セブン&アイ・ホールディングスのオムニチャネル

2015年9月24日にセブン&アイ・ホールディングスはネットと全国1万9千店舗ある実店舗を連動させた「Omni7」(オムニセブン)を発表し、ネット注文したものを全国の実店舗で受け取ることができるようになった。自分の都合にあわせて商品の受け取りができるので、自宅を不在にすることが多い人には便利である。
セブン&アイ・ホールディングスは「お客様の利便性」を重要視している。そして「お客様の利便性」を高めることで、さらなる収益につなげていこうという発想である。

セブンイレブンのオムニチャネル

「Omni7」(オムニセブン)

 

 

イオンのオムニチャネル

イオンのオムニチャネルの取り組みとしてイオン幕張新都心店がある。
「実店舗とインターネットの連携の強化」がポイントでPOPにスマフォをかざすと料理レシピが現れる「撮って!インフォ」や、店舗には無い商品をお取り寄せし、店舗で受け取ることができるタブレット端末の「AtouchRu*Run」などがある。
イオンの取り組みは現時点ではイオン幕張新都心店のみだが、お客様に楽しんで買い物をしていただく工夫がいろいろ行われている。

イオンドットコム

イオンドットコム


無印良品のオムニチャネル

「MUJI passport」は無印良品のあらゆるチャンネルから「マイル」を貯めることができるものだ。実店舗、ECサイトでの商品購入やSNSによる店舗のチェックインや投稿の際にマイルが貯まり、マイルはポイントやクーポンにも変換できる。
また、「IDEA PARK」というお客様との企業の交流サイトを開設し、サイト内でディスカッションした内容が、新商品に活かされたりするなど、ブランドファンの増加にも力を入れている。

無印良品のオムニチャネル

無印良品「MUJI passport」

 

 

オムニチャネル機能を実装できるカート

ECサイト単体でのマーケティング施策はある程度限界点にきていると言える。そのような中でECサイトでもオムニチャネルを伴った取り組み、リニューアルが必要となる。
ここでは、ECサイトのオムニチャネル化を支援するカートにはどのようなものがあるのか見ていこう。

 

EC-Orange 「Orangeオムニ」・「Orange Club」

実店舗とECサイトを連携させるための「Orangeオムニ」・「Orange Club」パッケージはは複数の実店舗とECサイトの売上げ情報、在庫情報、顧客情報を統合管理できたり、ECサイトで購入した商品を実店舗で受け取りができる。また、店舗のPOSレジを1店舗あたりたったの5分で開設できる機能もある。

ec−orangeのパッケージ

 

FutureShop 「FutureShop2X

FutureShop2Xはオムニチャネルを推進するアパレル・ファッション分野に強いFutureShopのASPサービスだ。機能としてはECサイトでも実店舗でもポイントが使うことができる会員ポイント統合。在庫情報や顧客情報の一元管理機能などがある。
また、ECを利用するお客様には「お近くの店頭での特売キャンペーン」情報を配信でき、実店舗に誘導できる機能などがある。これなどはECサイトから実店舗、実店舗からECサイトへの誘導に重点がおかれた機能と言える。

フューチャーショプのパッケージ

 

MakeShop 「MakeShop for オムニチャネル

カートASPをベースにしてる「MakeShop for オムニチャネル」は最低限の投資でオムニチャネルを実現できるサービスのようだ。
特徴としては実店舗への来店を促すためのスマートフォン経由での割引キャンペーンやクーポン発行通知、さらに、ECサイトと全ての実店舗の在庫情報を連携することで、訪れた実店舗で商品在庫が無い場合でも、ECサイトで注文を受け、商品のある別店舗から配送することもできる。
また、店頭商品のバーコードやQRコードを読み取ると、自動でECサイトの商品ページが表示される機能などもある。

makeshopのパッケージ

 

まとめ

ここまで見てきたように、オムニチャネルは実店舗での在庫情報の一元化や顧客情報の一元化、ポイント連動、実店舗、ネットにかかわらず、他店舗から統合配送の実施などがメインである。どちらかというと企業の業務システムの効率化のためのデータ総合の一部としての施策のように思えるところがある。
これからは、顧客目線でどうすれば、今より”お客様が便利になるだろう”、企業目線の「売り上げを伸ばすためのオムニチャネル」ではなく、「お客様の満足度を上げるため」のオムニチャネルの施策がもっと必要になってくるだろう。

関連する記事

1分で開店! 微店に出店する方法 11月11日、中国最大のEコマースセール「独身の日」が行われた。 11日のアリババの取引額は、過去最高の2135億元(約3兆5000億円)となり、世界のEC市場における中国の存在感を示した。 日本から中国消費者へ向けて商品を販売する場合、90%以上は中国Tmall、JDなどといったECモー...
アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
インターネットで商品を見つけ購入するということ... インターネットの素晴らしいところの一つは、タイムカプセルのように、昔からの懐かしい物をそのまま保てることです。子供時代に見た懐かしいCMを、ふと思い出してきたのなら,簡単にYoutubeで検索して見ることができますよね。eBayでは画面を超え、昔の物を手元に配達してもらえるということは、創立...
住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!... FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にあ...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
2018年も躍進! Amazonの挑戦はどこまで続く... ”ジェフ・ベゾス”とは言わずと知れた、AmazonのCEOであり、今年、純資産が約1051億ドル(約11兆8000億円)に達し、この額はマイクロソフトのビルゲイツを抜き、これまで記録された歴史上の人物の中で最高位のお金持ちとなった。 最近ではAmazonの「Alexa」が突然、魔女のような...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ