« ブログのトップページに戻る

Live Commerce 2.1 リリース – 関税計算プラグインを搭載、海外向けECの返品リスクを低減

   投稿者 : 2014年8月5日 By

Live Commerce 2.1をリリースしました。
http://www.live-commerce.com/new/

今回のアップデートでは、大きな機能追加や画面上の変更はありませんが、海外向けECサイトをスピーディーに開店できるようにオンライン機械翻訳がデフォルトで利用できる様になっていたり、注文メールや注文確認メールのテンプレート化など、初心者にも使い易さを重視して、細かい箇所を多数改善しております。

新しいプラグインとして、「関税計算プラグイン」と「免税プラグイン」を同時に2つリリースしています。

「関税計算プラグイン」は日本から輸出した際に各国でかかる関税計算がオンラインで自動化できます。

これにより、「Live Commerce」を利用する EC サイト運営企業様は、追加開発を行うことなく、世界93ヵ国の関税費用をECサイトに表示させることが可能となります。

国際的な取引のEコマースでは、消費者の購入後に発生する通関時の税金支払いが負担になり返品のリスクがありましたが、関税費用がチェックアウト時に分かる事で心理的にも返品リスクを抑えたり、B2B向けの大量購入の際の関税計算に大変役立ちます。

<DutyCalculatorとLive Commerceとの連携について>
・ 93の国と地域にかかる日本からの関税金額を計算できます。
・ 関税の参考価格を表示する事ができます。
・ 国際的な取引おいてトランザクション数の増加を期待できます。

詳しくは更新情報のページをご覧下さい。
http://www.live-commerce.com/new/

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。